4月の和順庭

  • 2010/04/24(土) 22:28:35



今年はじめての草取りをしに和順庭へ。
久しぶりだったので、作業着にしていたジーパンを探すのに一苦労。
和順庭モーニング。



雑草に埋もれるアジュガの花と。
来るたびに草丈が伸びている雑草を抜いて。



チューリップがきれい。



抜いても広い和順庭は、いくらやってもきりがない。


ネモフィラとチューリップ。
時々休んで花を眺める。陽がさすと暑いぐらい。ふと気づくとお昼も食べずに2時すぎまでしていて、あまりの空腹に3時頃には昼食をとりに行く。




丸亀製麺で「カレーうどん」を。
ところが、食べるとどっと疲れが出て、腕や腰などが痛くなり、これでやめることにし、ドライブを。今まで行ったことのない武蔵藤沢や西所沢あたりで買物をしたり、甘い物を食べたり。疲れと眠気が押し寄せて、買物していても辛い。



帰りにジョナサンで冷麺とまぐろ丼を。
あー久しぶりの草取りは疲れた。だけど気持ちがいいー。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

和順庭から八王子 手羽先「世界の山ちゃん」

  • 2010/04/21(水) 22:55:19



ロイヤルホストでブランチ。



途中、花の苗を青梅街道沿いの「芝勝」で買い、和順庭へ。この頃、どこでも花の苗が安くなっていて、とても助かる。
チューリップが咲いていて、とてもきれい。




利休梅がこんなに成長して、花ざかり。白樺と一緒に道の駅で買ったもの。



ペソのメモリアルプレースの花に買った苗を植えて。




キャベツの苗が来るたびに大きくなっている。




ぐみの花。




アジュガの紫の花がきれい。どんどん増えていく。




もみじの花。




あせびの花も咲いていた。




去年は咲かなかった藤に花が。




和順庭の出入り口。暖かくなって急に草木が芽吹き、草取りをすることに。ほっぽりぱなしだった古木にしいたけが巨大化してついていてびっくり。ここのところの雨で、成長したらしい。




木苺の花。



ちょっとぼけたけれど、ブルーベリーの花。




真夏日のような暑さだったが、草取りをするときには曇って助かった。それでも汗びっしょり。あまりの暑さにドライブをすることに。
多摩川の土手。




土手をずっと散歩する。夕方になってもそれほど寒くない。




歩いて八王子の駅へ。



そごうや東急があり、にぎやか。




手羽先のお店「世界の山ちゃん」に入る。手羽先や土手めしなど名古屋料理がとても美味しかった。平日だというのに混んでいた。




ぶらぶらまた散歩。手羽先のお土産を持って、買った花をお店に置きわすれて取りにもどったりして、昼間の草取りの疲れがどっと出た。
途中、風情のあるお店があり、パチリ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

羽村市のチューリップ畑

  • 2010/04/18(日) 15:26:00

 


土曜日何とか天気も持ち直したようなので、曇ってはいたけれども羽村市のチューリップを見に行くことにしました。



途中、いつもの石釜パン工房でモーニング。




河川敷が駐車場になっていて、1日500円。他のところにも有料駐車場があるけれどもそれは2時間500円。



この土手にも桜並木が。



土手の上からチューリップ畑を見眺めて。




この階段を下りるとチューリップ畑へ。




チューリップ畑へ向かう途中の川に鯉がいて。




チューリップ畑到着。




30万本のチューリップが植えられている。




昨日は雪が降ったのに、お天気もよくなって。




見晴台から眺めて。




とてもきれい。




チューリップ畑を散歩。




これだけあると見事。




畑の中のあぜ道を巡って、チューリップを楽しむ。




途中にテントが出て、ねぎなどの野菜を売っている。




チューリップ畑を抜けると、焼きそば・たこやき・やきとりなどを売る模擬店の隣の「踊り子公園」に「踊り子草」が。




踊子草を育てているみたい。




再びチューリップ畑に戻って。





色とりどりできれいだけれどチューリップってどれも色が違うだけで同じ花の形なので、あまりバリエーションにとんでいず、花を楽しむというより色を楽しむという感じの花だ。



かき菜(このあたりでは「のらぼう」という)の摘み取り一袋200円詰め放題で、畑で摘む。



ところどころに蓮が植えられているところがある。




葱を買って。200円でこれだけあるのは野菜高騰の折からありがたい。




チューリップ畑から駐車場に行く途中の水車小屋。



喫茶店になっている。



川にもいくつかの水車が。
車にねぎを置いて、羽村堰を散歩することに。




水上公園。




桜並木と川を眺めて。




東大の生徒を引率して羽村堰の講義をしているのを聞いて。



羽村堰の公園へ川をわたる橋の上で。水量が多い。玉川上水へ。




羽村堰から川岸に下りて。



玉川兄弟の像。




駐車場に戻る途中の土手のつくし。ごろんと寝転んで空を眺めるととても気持ちがいい。


帰る途中、イオンモールむさし村山ミューで、冷麺・石焼ビビンバ・コラーゲンスンドゥブチゲ。


チゲにコラーゲンと玉子を入れる。

イオンモールむさし村山ミューで買物。人が多く、とても混んでいた。のんびりウインドーショッピング。




帰りに西荻窪の「大戸屋」で、「陸奥湾産ホタテと鶏のおろし和え定食」と「桜エビのせいろご飯としんじょの高野はさみ含め煮」。新メニューの桜海老のせいろご飯がとても美味しかった。

大戸屋は素材にこだわり、安心して日本料理が食べられるお店。



羽村市チューリップまつり(東京都・羽村市)

http://www.hanazakura.jp/tulip/hamurasi.html

http://www.uraken.net/rail/travel-urabe162.html

http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000000957.html

(交通アクセス)
http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000000975.html

(はむらし)
 羽村市では昭和58年から街路や公園等を中心に草花を植栽するなど、積極的に緑化をすすめている。もともと緑豊かなところだが、昭和63年に「花いっぱい運動」の配布用球根を増やすために、羽村市花と緑の事業団がチューリップの植栽管理を水田所有の農家数件に有償でお願いしたことが始まり。

農家との協力によって生まれた根搦前水田のチューリップ畑が見事である。水田を利用して植栽しているのは、6月〜10月は稲作で水田を使用。11月〜5月は休耕田となるため、チューリップ植栽を稲作の裏作として行い、水田を有効利用しようと始まったもの。

4月の上旬には「チューリップまつり」も開催され、模擬店や展望台も設置される。咲き揃うチューリップは約20種、約30万球。行儀よく列をなし、春風にスイングするその姿は、まさに並んだ並んだ赤白黄色の世界。展望台からの春の彩りが鮮やかである。

●2010イベント:チューリップまつり
開催期間 平成22年4月9日(金)?4月22日(木) 
開催場所 根がらみ前水田(羽中4丁目・羽加美4丁目)周辺

 無料シャトルバスを運行します!
 運行日時:平成22年4月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
        午前9時30分頃〜午後5時頃(約1時間間隔)
 運行区間:羽村駅西口・小作駅東口〜チューリップ会場付近 

 ホリデー快速おくたま号が羽村駅に臨時停車します!
 停車日:平成22年4月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
 ※各駅の時刻などについては、東日本旅客鉄道蠅悗問い合わせください。
・JR東日本「ホリデー快速おくたま号」が羽村駅に臨時停車します
 ☆4月4日(土)5日(日)11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)
 ※下り(新宿発奥多摩行き) 8:34着 9:11着 9:37着
 ※上り(奥多摩発東京行き) 16:05発 17:00発 17:33発


●開花時期:4月中旬

●住所:東京都羽村市羽中4 根搦み前水



●HP:羽村市観光協会H●地図:


詳しい地図で見る

●TEL:042?555?9667(羽村市観光協会)

●料金:無料

●営業時間:随時

●アクセス:JR青梅線「羽村駅」から徒歩約25分

●車:中央自動車道「八王子IC」、圏央道「青梅IC」から約20分


●駐車場:普通車500円(環境整備協力費として)
台数に限りがあります。また、開催期間中、周辺の道路は大変混雑します。公共交通機関をご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る