和順庭から入間市博物館・飯能「能仁寺」・「展覧山」・飯能駅前「祥龍房」

  • 2009/12/30(水) 09:12:04

20091230091203


 朝早く起きて和順庭でモーニング。この所寒いので和順庭の草木もだいぶ枯れてきていました。寒いので何か温かいものをとコンビニで買った おでんの汁で煮たうどんというので、暖をとりました。これが意外とあっさりしていて美味しかったです。



和順庭の南入口。


枯れ木を片付けたり、剪定したり、和順庭もお正月を迎える準備です。


すっかり枯れてしまって見渡せます。


今年最後の和順庭を後にし、入間市博物館へ。「お茶の博物館」と言われていていて以然から行きたかったところだったのですが、あいにくお休みになっていて、入れたのは庭だけでした。


それで飯能の展覧山へ。前に行ったときは登ったのが夕方ですぐ日が暮れてしまったので、行ってみようということになったのです。飯能市市民会館に車を
とめて登ることにしました。


麓の「能仁寺」へ。曹洞宗のお寺です。除夜の鐘つきやお正月の準備をしていました。


「展覧山」山頂にて。明治天皇が登られたとか。また、渋沢彰義隊が能仁寺にこもって官軍と戦った飯能戦争ことが書かれた碑がありました。


晴れていれば富士山や秩父の山なみがよく見えるのですが曇っていて見えませんでした。


小学校の時遠足で来たこともあり、そのときは高い山だと思ったのですが、こんなに低かったのかなーと思いました。その頃は麓に東雲亭という旅館にお正月には家族や親戚で泊まりに行ったことも思い出します。もうその旅館はなくなっているようです。国民宿舎はまだあるようですが。


落ち葉を踏みしめながら下山。


昼食をとりに飯能駅へ。北口には行ったことがあるのですが、今度は駅の南口へ。中華料理の「祥龍房」で黒酢豚定食(650円)と酸辣刀削麺(500円)を。


他のお店だったらとてもこの値段では食べられないと思える料理で、とても美味しかったです。中国人の夫婦でやっているお店のようでした。麺は包丁で削いだような麺でとてもこしのある麺です。


帰りにお正月の買物し忘れた物を買い足して、これで年賀状・大掃除・買出し・和順庭の掃除・車の掃除と無事終わって、明日はいよいよおせちの準備だけになりました。年末はテレビを見る暇もないぐらい忙しいですけれども、あいまに登山もできたし、まあいい年納めになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る