タマカタカイガラムシ

  • 2010/05/28(金) 22:40:43




和順庭の梅の木にこのようなものを発見した。何かと調べてみると「タマカタカイガラムシ」だった。


「タマカタカイガラムシ」
寄主植物:ウメ、アンズ、スモモ、リンゴ、サクラなどバラ科植物。

幼虫越冬。春に球形の成虫になり径4〜5mm、5月頃に成虫の体の下に産卵し、5月下旬〜6月に孵化する。孵化幼虫は枝に定着する。年1回の発生。

駆除方法
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm
が書かれているが、薬よりもやはり歯ブラシのようなもので、おとす方法のようだ。
また、カイガラムシは薬剤での駆除が難しく、天敵のハチによって効果をあげたという報告もあるようだ。

また、アカホシテントウが、タマカタカイガラムシを食べるとも言われている。和順庭では、このタマカタカイガラムシのついている木のまわりに、ハチやテントウムシをよく見かける。

和順庭では、農薬・消毒剤の散布はできるだけ避けている。
桜の木に毛虫の巣を発見したときも、薬をつかわない方法をとった。

これについては、バラの病気などもだが、農薬などを使い続けると結局はどんどん強い薬を使用しなければ効かなくなるということだ。

住宅密集地では、散布せざるを得ないだろうが、和順庭のような広いところでは、自然にできるだけ逆らわない方法を用いてみようと思っている。

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-544.htmlのところで書いたが、それはこの無農薬栽培に影響されたのかもしれない。(和順庭での肥料は抜いた雑草による自家製の堆肥と油粕。木酢酸をよっぽどの時まくという酢による消毒ぐらい。←気やすめぐらいとバラ栽培の専門家からは言われるが。)

 


「すべては宇宙の采配」「奇跡のりんご農家 木村秋則」

林檎農家の道を歩む木村さんの不可能といわれた無農薬、無肥料でのりんご栽培をするために挫折しながらも実現して行く様子がエッセイ風に描かれています。

 無農薬・無肥料栽培に挫折し、自殺しようと山の中を歩き、首をつろうと枝に引っ掛けようと投げた縄があらぬ方向へ飛んで行き、拾い上げたところに野生のりんごが3本立っていて、

誰にも肥料を与えられず、農薬も散布されていないのに害虫に負けることなく堂々とした佇まいで生きている。

 それを見たときに、その根元の土のふかふかでほのかにいい香りがしていることから、この山のような自然の状態をつくればいいことに気づき、畑の土を自然な状態にするべく奮闘します。

 土の中にはバクテリア(真正細菌及び細菌)の世界があり、たくさんの生物がひしめきあって生きているのですが、化学肥料を入れるとバクテリアが死んでしまい、作物の生長が悪くなるためさらに肥料を入れる。

その挙句、土はどんどんバランスをおかしくしていくと言います。

 昆虫や雑草、鳥や野うさぎ、テンやイタチ、りんごの害虫となる蛾を食べるカエルというような食物連鎖、命の循環がある。

それらのバランスがとれだすとやがて巨大なミミズが出没するようになり、そのミミズの糞には土をよくする微生物や菌類が大量に含まれています。

数えきれないほどの種類のいる木村さんの畑は、いわば他民族国家のようなもので

「いろんな種類の人がいるから、どのタイプの人にとっても、すぐに慣れて暮らしやすいのです。国家としての懐が深く、まさに受け入れる土壌があるというわけです。」

「苗にストレスをかけないですくすく育ってもらうためには、たくさんのバクテリアがいる豊かな土を育むことが大事です。」

と言います。

「気づいたのは、自然とともに生きるということは、ただギャートルズのように自然と同化して走り回ることではなく、

『自然を活かして生きる』という考えかた」で、「自然のバランスを知ったうえで、その仕組みに逆らうことなく、自分たちがうまく生きていけるように活かしていくわけです。」

「土のなかに存在しているエネルギー、土が持つパワーをいかに活かすか、人にはそれが許されているだけです。

土に働いてもらうのです。

わたしもむかしは『自分が、畑や自然を、この手で支配してるんだ』という感覚がありました。

効率化を図るために、自然を傷つけるような栽培をしていました。

いまは違います。

『人間も植物も、地球上の生き物のひとつに過ぎないんだ』と思っています。そして、万物の長として『活かして生きる』という考え方を持つことが、とても大事だと感じているのです。」


 この本のカバーに書かれている

「作物がうまく育たないとき、それを土のせいにはしません。

ずっと前からそこに存在している土のほうが、突然来た作物を嫌がっている、

わたしはそう考えます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

和順庭

  • 2010/05/27(木) 21:58:55

母と和順庭へ


仙台千代萩だと思う。




ハニーサックル




フレンチラベンダーとエリゲロン
(源平小菊)


イングリッシュラベンダー


チェリーセージ

野菜


ハーブと虫取り撫子


キャベツ


ばらときめき


虫とり撫子


白樺・オリーブ


和順庭南





苺ガーデン


日本庭園


摘んだ花を飾って





















このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

NHK BS料金について

  • 2010/05/27(木) 00:19:29

 NHKの集金が、衛星放送の料金の徴収に来た。
BS料金や引き落とし停止措置をとったことは、
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-165.html
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-352.htmlですでに書いたが、見ている地上波の料金は払っているが、見もしないBSの料金は今年から払わないことにした。

それで、来たということのようだ。
いつも見ている地上波のテレビ料金の他に、見もしないBSの料金を年間25520円のうちの半分(地上波14910円、衛星10610円)も払っていることになる。

ほとんどが引き落としになっているため、10610円もの見ない料金が徴収されていることにも気づかずにいる。

泊りにきている母に言ったら、引き落としにしているので、驚いて「NHKは高い」とつぶやいていた。

地上波料金の他に、BSの料金を見ても見なくてもとるなら、せいぜい1000円か2000円ぐらいだろう。
月5〜6万円ほどの年金暮らしのお年寄りにとって、ほとんど知らずに見もしない10610円を余分に払わされているといってよい。

BSの画面には、「電波の受信状態が悪くて映らない」旨がひんぱんに出、連絡先電話番号も表示される。今まで見ない・見られないBSに何十万円も払ってきたのだと思うと憤りさえ覚える。

NHKにも電話したが、埒が明かず引き落としをやめ、地上波の料金だけを払い込むことにした。今日は、「裁判になってもこれは払わない」ことを告げた。

ニュースぐらいしか見ないのに、「テレビを買ったから払ってもらう(テレビ売場のどこにもテレビを買うと地上波料金・BS料金の金額表示などどこにもない)」「マンションに共同のアンテナがあるから」というだけの理由で、BS料金を払わせられることに異議を唱えざるをえない。

BSの料金は、希望者のみの有料契約とすべきであると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る