ストップ!放射能汚染ガレキ、地方自治体へ

  • 2011/09/18(日) 13:46:06

 細野原発事故担当大臣は、福島市で記者団に対し、放射性物質を帯びたがれきなどについて、一時的に福島県内の市町村で保管することになるものの、最終処分の場所は福島県外とする方向で検討したいという考えを示した。

 県内に最終処分場を設置しない考えをあらためて示し、最終処分前の中間段階との意義を強調。一時保管施設は市町村ごとに設置し、県 や関係市町村に要請する意向を示した。それに伴い各地方自治体が受け入れを表明した。

この処理方法についてだが、山形は独自基準を設定、横浜市は「すでに焼却灰を公園や宅地造成に使用している」など、各地方自治体により、どのように保管・処理するか?基準値などについても、ばらつきがある。

ガレキや汚泥の焼却灰に含まれる放射性物質について、「ガレキを埋め立てた場所に雨が降ったりしても大丈夫なのか?」「その近くに住んでいるけど被爆しないか?」などの疑問や不安だけでなく、焼却灰に関して、「建築資材に使用されないか?」「農業用の肥料などに利用され、作物が汚染されてしまわないか?」などなど、その対応について住民にはっきり見えないところで汚泥の焼却灰がすでに利用され、問題となっている。

 このような危険な放射性物質を自治体任せにし、再利用される可能性があることに、これで私達の生活や命を守れるか?さらにこのことにより、日本中の子供を被爆させるのではないかと疑問の声があがっている。

県民の命を現状では守れぬと、受け入れを拒否した徳島市議会のような自治体もあり、このことについては今後、議論を呼ぶことになろう。



 福島原発周辺の土地をできるだけ広範囲に国が買い取り、廃棄物も全国に散らばすのではなく、国の管理のもとで、責任を持って処理するようにすべきで、本来、地方自治体に任せるべきことではない。細野担当大臣の考えは放射能物質の危険性に対する認識の甘さと子供の内部被爆を拡散させる可能性があり、間違っているといえる。

 国民の内部被爆や汚染につながることは、政府が責任を持って行うべきであり、地方自治体に押し付けてはならない。


_____________________________________________



細野大臣“最終処分は福島県外で”
8月13日 12時12分
http://backupurl.com/1mbjxl

細野原発事故担当大臣は、福島市で記者団に対し、放射性物質を帯びたがれきなどについて、一時的に福島県内の市町村で保管することになるものの、最終処分の場所は福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。

この中で細野原発事故担当大臣は、「数多くの課題があるなかでも、がれきの処理と除染に伴って出てくる新たな廃棄物の処理の問題が一番深刻だ。当面の方針としては、市町村ごとに仮置きをお願いできないかと考えており、その取り組みについては、政府としてきちんとバックアップしたい」と述べました。

そのうえで、細野大臣は、「その先、中間貯蔵や最終処分については、政府として考え方を整理しており、いましばらく時間がかかる。ただ、福島を廃棄物の最終処分場にすべきではないと考えており、少なくとも私が関わっているかぎり、政府が責任を持って処理を行いたい」と述べ、放射性物質を帯びたがれきなどの最終処分の場所は、福島県外とする方向で検討したいという考えを示しました。


____________________________________________

ひまわりの花咲く丘にて
ログイン放射能汚染ガレキ受け入れ表明、全国自治体一覧

週刊AERA8月8日号より
http://flower707.exblog.jp/14449776/

【北海道】
札幌市、函館市、根室市、標茶町、幌加内町、大空町、清里町、登別市、北十勝2町環境衛生処理組合、根室北部廃棄物処理広域連合、釧路広域連合、愛別町外 3町塵芥処理組合、大雪清掃組合、北斗市、苫小牧市、石狩市、千歳市、十勝環境複合事務組合、平取町外2町衛生施設組合、日高中部衛生施設組合、室蘭市日 鐵セメント株式会社

【秋田】
大館町エコシステム秋田、秋田市、にかほ市、仙北市、横手市、能代山本広域市町村圏組合、八郎湖周辺清掃事務組合、大仙美郷環境事業組合、湯沢雄勝広域市町村圏組合

【山形】
西村山広域行政事務組合、東根市外二市一町共立衛生処理組合、最上広域市町村圏事務組合、置賜広域行政事務組合、酒田地区広域行政組合

【群馬】
前橋市、桐生市、神流町、草津町、渋川地区広域市町村圏振興整備組合、吾妻東部衛生施設組合、西吾妻衛生施設組合、利根東部衛生施設組合、大泉町外二町清掃センター

【埼玉】
さいたま市、川越市、所沢市、飯能市、加須市、春日部市、狭山市、入間市、桶川市、坂戸市、川島町、蓮田市白岡町衛生組合、志木地区衛生組合、彩北広域清掃組合、秩父広域市町村圏組合、埼玉中部環境保全組合

【東京】
東京二十三区清掃一部事務組合+多摩市町村及び一部事務組合+1都3県産廃処理施設

【神奈川】
横浜市、川崎市、 横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、大和市、南足柄市、箱根町、厚木市、相模原市、小田原市、泰野市伊勢原市環境衛生組合、高座清掃施設組合、足柄東部清掃組合、足柄西部清掃組合

【富山】
高岡市、氷見市、射水市、富山地区広域圏事務組合、新川広域圏事務組合、砺波広域圏事務組合

【石川】
金沢市、輪島市、加賀市、七尾鹿島広域圏事務組合、羽咋郡市広域圏事務組合、白山石川広域事務組合

【山梨】
峡南衛生組合、甲府市、山中湖村、笛吹市

【岐阜】
大垣市、高山市、多治見市、中津川市、瑞浪市、山県市、下呂市、岐阜鳥羽衛生施設組合、可茂衛生施設利用組合、南濃衛生施設利用事務組合

【静岡】
伊東市、函南町、志太広域事務組合、牧之原市御前崎市広域施設組合、袋井市森町広域行政組合

【愛知】
蒲郡市、刈谷知立環境組合、尾三衛生組合、尾張東部衛生組合、稲沢市、北設広域事務組合、豊川市

【三重】
いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、紀北町、熊野市、伊賀南部環境衛生組合、桑名広域清掃事業組合、伊勢広域環境組合

【滋賀】
草津市、栗東市、彦根市、中部清掃組合、湖北広域行政事務センター、大津市

【京都】
亀岡市、船井郡衛生管理組合、京都市、伊根町

【大阪】
岸和田市貝塚市清掃施設組合、吹田市、高槻市、枚方市、茨木市、岬町、柏羽藤環境事業組合、泉南清掃事務組合、泉佐野市田尻町清掃施設組合、東大阪都市清 掃施設組合、箕面市、摂津市、寝屋川市、豊中市、熊取町、堺市、四條畷市交野市清掃施設組合、泉北環境整備施設組合、池田市、門真市、大阪市

【兵庫】
神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、相生市、豊岡市、加古川市、宝塚市、三木市、高砂市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波 市、南あわじ市、朝来市、淡路市、播磨町、佐用町、香美町、新温泉町、揖龍保健衛生施設事務組合、中播北部行政事務組合、洲本市・南あわじ市衛生事務組合、小野加東環境施設事務組合、くれさか環境事務組合、猪名川上流広域ごみ処理施設組合

【奈良】
大和郡山市、天理市、生駒市、田原本市、南和広域衛生組合、十津川村

【和歌山】
和歌山市、御坊広域行政事務組合、岩出市、田辺市

【鳥取】
鳥取中部ふるさと広域連合、日野町江府町日南町衛生施設組合、三光株式会社境港市

【島根】
浜田地区広域行政組合、海士市、松江市

【岡山】
岡山市、倉敷市、玉野市、新見市、備前市、真庭市、岡山県西部環境整備施設組合、岡山県井原地区清掃施設組合、総社広域環境施設組合

【広島】
広島市、福山市、呉市、尾道市、大竹市、山県郡西部衛生組合、広島中央環境衛生組合、安芸地区衛生施設管理組合、庄原市、廿日市市

【山口】
岩国市、山陽小野田市、周南地区衛生施設組合

【徳島】
徳島市、北島町、中央広域環境施設組合

【香川】
高松市

【愛媛】
西条市、内山衛生事務組合、新居浜市、株式会社イージーエス・新居浜市、オオノ開發株式会社・東温市

【高知】
香南清掃組合、高吾北広域町村事務組合、四万十町、嶺北広域行政事務組合

【福岡】宮若市外二町じん芥処理施設組合、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合、北九州市、八女市、糸島市、甘木朝倉三井環境施設組合、うきは市

【長崎】
県央県南広域環境組合、五島市、東彼地区保健福祉組合、長崎市

【熊本】
熊本市、大牟田・荒尾清掃施設組合、天草市、山都町、天草広域連合、水俣芦北広域行政事務組合、阿蘇広域行政事務組合

【大分】
佐伯市、豊後高田市、豊後大野市、国東市、別杵速見地域広域圏事務組合

【宮崎】
都城市、延岡市、串間市、えびの市、宮崎市

【鹿児島】
伊佐北姶良環境管理組合、南薩地区衛生管理組合、大隅肝属広域事務組合、霧島市、いちき串木野市、鹿児島市

*****

細野原発担当大臣のイカレた脳ミソによって、日本全国 汚染拡散計画が出来上がりました。福島県だけが高濃度汚染なのは可哀相なので、日本全国に汚染を広めて苦しみを分かち合おうという素晴らしいお考えのようです。
こんなイカレた大臣を排出してしまった静岡県人として とても恥ずかしく思います。

受け入れる瓦礫 全てが放射能に汚染されているとは限りませんが、気にかけておいた方が良いと思います。10万ベクレルまでの焼却灰が埋め立てOKとなったことですし・・・まだまだ とんでもない奇天烈発想が飛び出してきそうです。



呼吸によって取り込むことを ともかく防ぐことを考えなくてはいけないと思って 気をつけているのに・・・
まーーーったく! もう!

____________________________________________________

Home > 原発ニュース, 被曝・放射能・汚染 >Here
http://savechild.net/archives/7074.html
【汚染山形は独自基準を設定、横浜市は「すでに焼却灰を公園や宅地造成に使用している」、高知県内3市町「処理可能」など『ガレキや焼却灰の問題』について
2011.8.14 | ウサギ1号


細野剛志原発相は8月13日に、放射性物質に汚染された災害廃棄物については、「福島県を最終処分場にすべきではない」と最終処分は福島県外で行う考えを示しました。

そして8月14日(本日)には、高濃度の放射性物質を含む廃棄物が発生した市町村内に一時保管施設を設置する方針を示しました。一時保管してどうなるのでしょうか?その後、放射性物質を汚染の少ない地域に持っていって処分するのでしょうか?

以下、福島民友ニュースより引用します。

放射性廃棄物、発生市町村に一時保管

細野豪志原発事故担当相は13日、高濃度の放射性物質を含む災害廃棄物(がれき)や、土壌除染後の廃棄物など放射性廃棄物の一時保管施設について、廃棄物 が発生した市町村内に設置する方針を示した。廃棄物の移動を限定し、放射性物質の拡散を防ぐのが狙い。設置に当たっては国が全面的に責任を持ち支援する考 えで、市町村への財政支援についても言及した。

細野担当相は、県内に最終処分場を設置しない考えをあらためて示した上で、最終処分前の中間段階との意義を強調。一時保管施設は市町村ごとに設置し、県 や関係市町村に要請する意向を示した。施設周辺の住民や事業者の不安解消に向け、国による住民説明も行われる見通し。
(2011年8月14日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/0814/news1.html

「廃棄物の移動を限定し、放射性物質の拡散を防ぐのが狙い。」なのであれば、出来るだけ動かさないわけですよね?いったいどちらなのでしょうか。

山形県では、岩手・宮城両県からガレキを受け入れる方針を明らかにしましたが、その際の放射性物質に関して独自基準を設けることになったそうです。

その基準は、埋め立ての場合4000ベクレル・焼却処分の場合200ベクレルだそうで、国も8000ベクレルよりは良心的な基準になっております。もちろん4000ベクレルは高いと思いますが、国は今基準を10万ベクレルに変更しようとしています。

以下、読売新聞の記事を一部引用します。

【山形】岩手・宮城のがれき、埋め立てに独自基準
山形県は11日、岩手、宮城両県からのがれきについて、埋め立て処分する場合は、放射性セシウムが1キロ・グラムあたり4000ベクレル以下に限って受け入れる方針を明らかにした。環境省によると、独自基準を設けた自治体は本県が初めて。

同省も11日、両県のがれきを 県外に移動する際、焼却処分後の灰の状態での換算で、放射性セシウムが1キロ・グラムあたり8000ベクレル以下が望ましいとする方針を固め、都道府県に 伝えた。国の2倍にあたる厳しい基準を設けたことについて、県は「より強く、県民の安心安全を確保したい」としている。

県の方針では、県内に輸送前に、被災地の自治体ががれきの放射性物質検査を実施。放射性セシウムの濃度が、埋め立て処分の場合は1キロ・グラムあたり4000ベクレル以下、焼却処分の場合は200ベクレル以下に限って受け入れるとしている…[記事全文]

(2011年8月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/surprise/20110812-OYT8T00358.htm

九州の処理施設へも環境省から、受け入れ許容量の確認の連絡が入っている所が多いのです。

▶九州全域で深刻な放射能汚染が発生する懸念、途方も無い危機に瀕している事は一目瞭然

そして、高知でも3市町でもが受け入れの用意があるそうです。そして、その施設の周りは農業地帯だそうです。

ただ、高知の場合も九州の場合も「放射性物質で汚染されていないもの」という条件を挙げている所が多く、そして、地域住民の理解を得てからの受け入れが基本のようです。しかし、北九州の業者は既に高濃度の放射性物質を含む焼却灰を受け入れて処理してしまっているので、安心はできませんね。

以下、高知新聞より一部引用します。

被災地がれき 高知県内3市町「処理可能」
東日本大震災で発生した大量のがれき処理が課題になる中、高知県内で高吾北広域町村事務組合など6事務組合と南国市、須崎市、高岡郡四万十町の3市町が受け入れの用意があることが、14日までの高知新聞社の調べで分かった…[記事全文]

2011年05月15日付朝刊 高知新聞

http://www.kochinews.co.jp/sinsai/110515sinsai02.htm

以上のような問題が、ガレキや汚泥の焼却灰に含まれる放射性物質によって引き起こされてします。「ガレキを埋め立てた場所に雨が降ったりしても大丈夫なのだろうか?」「その近くに住んでいるけど被爆しないのだろうか?」などは当然の疑問であり、不安でもあります。

そして焼却灰に関しては、「建築資材に使用されないか?」「農業用の肥料などに利用され、作物が汚染されてしまわないか?」などなど、考え出したらきりがないぐらいに問題・不安が山積みです。しかし、考えなければならない問題です。

しかし何と横浜市では、汚泥の焼却灰がすでに利用されているそうです。横浜市会議員の井上さくらさんがブログに書いていらっしゃいます。これは、止めることができないのでしょうか?

以下は、井上さくらのトキタマ日記より一部引用します。

公園や宅地造成にまで放射性物質入りの「改良土」
高濃度の放射性物質が検出され各地で問題になっている下水汚泥の焼却灰。
横浜でも、セメント原料としてのリサイクルが5月にストップして以来、約3ヶ月分1,300トンが貯蔵されたままになっています。
ただし、他と違うのは、これは全体の半分にすぎないという点。
南部汚泥センターで出た焼却灰は民間のセメント会社に引き取られていましたが、鶴見区にある北部汚泥センターの焼却灰は、これまでも公共工事用の埋め戻し材として使われており現在もそれは止まっていません。

民間は放射能汚染を心配して受け入れないのに、公共はどんどん使っている、それで良いのか?と、以前「横浜で起きている放射能モラルハザード」という記事で書きましたが、その後、実際にこの焼却灰入りの「改良土」を使っているのはどこの工事なのか、調べてみました。

毎月100カ所を超える工事に使い、拡散中
入手した工事一覧によると、5月分だけでも116カ所に及び、市内各地の水道、下水道工事に広く使われています。
さらに、工事場所の中には、公園や宅地造成というものも。
川崎市の公共工事名も多く出てきます。

「放射性物質が近所に埋められている事を周辺住民は全く知らないわけですよね」と、担当者に言いますと、「工事業者は知っているかもしれないが、住民までは知らなくても。埋めてしまう物だし、外には出ないし影響は無い。」と。

しかし、工事はまたいつか必要になり必ず掘り返される時が来ます。
また、地中でも地下水などへ流れ出る事が充分考えられます。

「改良土」に使われている横浜の焼却灰の汚染度は、もちろん、福島などの深刻な状態と比べればずっと低い物です。
とは言え、直近のデータでも、セシウム134とセシウム137の合計で5,909ベクレル/kgが焼却灰から、同じ日の「改良土」からは129ベクレル/kgが検出されています。(7/28採取分)
これは、国が示している流通させてよい基準「クリアランスレベル」100ベクレル/kgを相変わらず超えているのです。
所管の環境創造局では、国の考え方は「クリアランスレベル」を多少超えても良いと言っている、と言うのですが、私はそうした感覚こそ危険だと思います…[記事全文]

井上さくらのトキタマ日記 2011-08-07

http://d.hatena.ne.jp/sakuraline/20110807/1312700226

____________________

放射性廃棄物・拝原・園瀬川のゴミ問題を考える

|徳島県廃棄物問題ネットワーク徳島県廃棄物問題ネットワーク公式サイト

http://gomigomi.betoku.jp/article/0440308.html

2011年09月17日
徳島市議会が、放射性物質で汚染された廃棄物の広域処理反対の意見書を、全会一致で可決 先日、廃棄物処分場全国ネットワーク 共同代表松井英介先生から、岐阜県議会へ請願書を出すという、請願書案を送っていただきました。

 それから、徳島県でもと動いた結果、徳島市で意見書可決と言う成果を上げることができました。

 ありがとうございました。

- - - - - - - - - -

徳島市議会が、放射性物質で汚染された廃棄物の広域処理反対の意見書を、

全会一致で可決しました。

意見書は近く野田佳彦首相や関係閣僚に送付する予定だそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

冤罪捏造元の在特会を動かす検察特捜部

  • 2011/09/14(水) 21:06:13

 9月11日、脱原発デモで逮捕者が12人出たという。その逮捕者のインタビューを岩上さんがしてくれた。フランス人から見た日本の警察や公安の様子がよくわかる。逮捕の様子は動画にもアップしたが、在特会とデモ隊の間に入った警察や公安が、在特会の「逮捕しろ」という言葉に動かされるように逮捕していることがわかる。

この在特会(代表桜井誠氏)は、国民審査会に小沢一郎議員を告訴した団体である。この動画を見るだけでも、検察特捜部と在特会が一体となっていることがわかる。特捜部別働隊の在特会によって、小沢氏の失脚をはかろうとした。

 下から湧き上がる民衆の声。老いも若きも男も女も、国民を被爆させた政府やマスコミに対して、一市民の声を届ける手段としてのデモが、このような団体の「逮捕しろ」という命令に、公安も警察も動かされるなんて、情けない。

逮捕されたのが、新宿の場所で、そこの区長が創価学会員であり、警察関係に創価学会員が多いこともあるのだろうか?今までのデモでは、このような右翼から警察が身を守ってくれたこともずいぶんあった。

ただ、このように近づいただけで逮捕するなら、在特会の人権無視冒涜発言に警察が何もしないことが不審感をつのらせ、言論の自由や憲法で認められたデモの権利を奪うことにもなりかねない。

 小沢氏や小沢氏秘書を陥れようとした国家権力もやがて、このような日本の警察・公安のあり方も含めて、国際問題となり、糾弾されるかもしれない。

日本人や日本を愛するのはわかるが、外国人だからと言って犯罪者扱いする、このような言動は国際社会から見ても許されるはずがない。

黙っていても、何の心配のない日本ならデモなど起こることもない。こうして声を上げなければ、一般民衆は被爆させられても耐えるしかない。しかし、それでは、未来を担う子供たちも日本も守れない。一人ひとりの声は小さいかもしれないけれど、それが大きなうねりとなり、日本は主権である民衆のための政治をしなければならない日がくることだろう。

家族だけでいては、家族を守ることができない。政治家もマスコミも司法・立法・行政、何もかも変わらなければならない日がやがて来ることだろう。市民が、私達一人ひとりが、立ち上がることによって。

 明日9月16日は、日本の司法にとって、裁判所の腐敗を裁判所が裁けるかという、日本の司法にとって大きな意味を持つ日だといえる。

「和順庭の四季おりおり」ブログの「民衆が追いつめる国家ぐるみの犯罪:大高さんを救え!」http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1399.htmlにも書いたが、いつも東京地裁前で冤罪被害者を救っていた大高正二さんが、裁判所職員によって不当逮捕・拘留された事件での刑事法廷での論点整理などが予定されている。

大高さんを救い、司法の腐敗が裁けるか、私達一般市民が参加し、見届けようと思っている。

 この事件は司法やマスコミの腐敗、捏造とつながる。多くの冤罪者を陥れていた国家権力との対峙でもある。一般民衆が声を上げ、それが大きなうねりとなりつつある今、この流れを止めてならない。

聞くところによると、記者クラブからの情報を鵜呑みにするのではなく、調べはじめる新聞記者がでてきたという。

 新聞記者もテレビ局で報道に携わる者も、なぜそのような仕事に就いたのかをあらためて問いたい。誰のためのジャーナリストなのか?

日本中の人達が立ち上がり始めた、その声に背を向けることだけはやめてもらいたい。心ある裁判官・弁護士・ジャーナリスト、私達といっしょに立ち上がりましょう。



明日9月16日(金)冤罪!大高さんを救いに行こう!
東京地裁 13:30〜429法廷。 地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分

詳しくは、「民衆が追いつめる国家ぐるみの犯罪:大高さんを救え!」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1399.html



____________________________

脱原発デモで12人逮捕、機動隊員暴行などで
読売新聞 9月12日(月)0時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000004-yom-soci

 東京・新宿で11日に行われた「脱原発」を訴えるデモで、警備中の機動隊員に暴行を加えるなどしたとして、警視庁は同日、デモの参加者の男11人を公務執行妨害の疑いで、デモを主催した団体のメンバー、二木信容疑者(30)を都公安条例違反の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。

 発表によると、男らは11日午後、東京都新宿区の路上で、警備中の機動隊員らの顔を殴るなどした疑い。二木容疑者は規定に反し、車道で行進していたデモの隊列を歩道にまで広げた疑い。
_________________________


岩上インタビューと逮捕時を撮影した動画










「在特会」の「逮捕しろ」の声に動かされるように動く公安・警察。これを見ると在特会と公安・刑察は一体であることがわかる。在特会に近づいただけで、このようなことがおこる。新宿区長は、創価学会とのつながりが取りざたされているから、この区だけのことなのかはどうなのか。しかし、近づき、トラブルを避けようと制止したところを突き放そうとしたとしても、防護マスクをしている方より、問題にされるなら在特会の方の暴言の方だろう。





アメリカはさらに日本より一般市民が声を上げにくい状態になっている。9・11以降制定された愛国法は、アメリカをあの日本の戦時中のようにさせている。言論の自由が奪われようとしている。9・11の日の市民の映像。



________________________________________
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/863.html

小沢幹事長を「東京第五検察審査会」に告発したのは「在特会」代表桜井誠氏だった!

(杉並からの情報発信です)

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/863.html
投稿者 山狸 日時 2010 年 8 月 06 日 23:18:46: tX9mutQ2kzrA2


http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/a50c187eedb2e2ea9f88afea0a34ecb1

私は9月14日に予定されている民主党代表選挙には代理人を立てるのではなく小沢一郎氏ご自身が立候補して菅首相に大勝し強力な小沢政権を樹立して「日本革命」を実現すべきと主張してきました。

小沢一郎氏の立候補の障害になっているのが「東京第五検察審査会」の審査結果だと言われています。

もしも「東京第五検察審査会」が民主党代表選挙前に再度「起訴相当」を議決すれば,小沢前幹事長の立候補はなくなり、小沢派の代理人と菅首相との 一騎討ちとなりますが、もしも菅首相が勝利することになれば「対米従属」「官僚従属」「民・自大連立」の菅政権が続くこととなり日本の未来は暗澹 たるものになります。

これほど日本人の運命に重大な影響を与える「東京第五検察審査会」の「審査」とは公明正大で信頼できるものなのでしょうか?

以下の記事をお読みいただければ、小沢一郎氏を抹殺したい検察と排外主義むき出しの極右ファシストが手を組んで秘密のベールで正体を隠しているイ ンチキな「検察審査会」を使った「一代謀略」だということが分かります。

知人・友人に情報拡散をお願いします。

■ 小沢幹事長を「東京第五検察審査会」に告発したのは「在特会」代表桜井誠氏だった!

東京地検特捜部は今年の2月4日に小沢一郎・民主党幹事長(当時)の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件 で04、05年分の虚偽記載容疑について小沢幹事長を「不起訴処分」しました。

検察の「不起訴処分」に対して正体不明の市民団体が「不服申し立て」を行い、受理した「東京第五検察審査会」が約2カ月半の審査を経て今年4月 27日に審査委員11人の全員一致で「起訴相当」の議決を出したのです。

東京地検特捜部は「東京第五検察審査会」の「起訴相当」の議決を受けて再捜査をししましたが再度「不起訴処分」にしました。

「東京第五検察審査会」は7月末に審査委員全員と補助審査委員の弁護士が交代して全く新しいメンバーが事件の審査を最初からやり直しているとされ 審査結果が出るのは9月中と言われています。

これまで検察審査会に「不服申し立て」をした団体あるいは個人の正体は「東京第五検察審査会」事務局も大手マスコミも意図的に隠してきましたので 謎のままでした。

しかしここにきて「不服申し立て」をしたのは「在日外国人の特権を許さない会(在特会)」の桜井誠代表であることがいとも簡単に判明したのです。

ご本人が2月5日のブログ記事で「検察審査会へ不起訴不当の審査申し立てを行いま した」と書き、2月11日のブログでは「東京第五検察審査会」から「受理通告書が届きました」と公表していたのです。迂闊にもこのブログは読んでいません でした。

以下に2月5日付けの桜井誠氏のブログ記事の重要部分を転載して問題点を書きます。


▼ 検察審査会へ不起訴不当の審査申し立てを行いました  桜井誠

2010年 2月5日 桜井誠ルーム/ブログ

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10451351357.html

ブログ記事抜粋

平成22年2月5日(金)東京検察審査会 に対して、民主党幹事長小沢一 郎の政治資金規正法違反容疑で の起訴を見送った東京地検特捜 部の判断を不服として、不起訴処分の是非を問う申し立てを行いました。この申し立ては 2月5日付で検察審査会事務局 に受理され、来週明けに受理通 知が届くそうです。

問題点

検察は2月4日に「不起訴処分」を決定したが桜井誠氏は翌2月5日には「東京検察審査会」に「不服申し立て」を行っている。事前に検察から「不起 訴処分」を知らされていたからこそこれほどの迅速さで「不服申し立て」が出来たのだ。

ブログ記事抜粋

これを受けて、5日の朝一で検察庁特捜部に連絡を入れて申立書の被疑者特定について話を伺ったとこ ろ、不起訴処分の正式な日付は 2月4日であること、事件番号 などについては記載しなくても 小沢一郎という名前で事件特定 は可能であることを教えていた だきました。申立書の不起訴処 分年月日と被疑者欄さえ記載していれば、事件番号(平成○年検 第○号)、不起訴処分した検察官についてはこの件に関して特に記載する必要はないとのことでした。

問題点

2月5日午後に検察審査会に「不服申し立て」をした桜井誠氏は当日朝一番に東京地検特捜部と打ち合わせをしていることが分かる。東京地検特捜部が 桜井誠氏の「不服申し立て」に積極的に協力していることが分かります。


ブログ記事抜粋

検察審査会事務局では、審査申し立ての手続きについて説明を受けました。本来であれば告訴・告発人でなければ審査の申し立てはできないのですが、 小沢一郎は国会議員という立場であり、なおかつ被疑事実も「政治資金規 正法違反」という公金に関わる問題であるため、全国民が被害者という立場で申し立てを行うことができることを確認しまし た。(ただし、検察審査会側の判断によっては申し立てを却下 する場合もあるとのことでし た。)

問題点

本来であれば告訴・告発人でない桜井誠氏は「審査申し立て」ができないのだが、「東京第五検察審査会」事務局は「小沢一郎は国会議員あり被疑事実 が「政治資金規 正法違反」という公金に関わる問題であり全国民が被害者という立場で申し立てを行うことができる」と違法な拡大解釈で「不服申し立て」を受理したことが分 かります。「東京第五検察審査会」事務局が「審査申し立人」の桜井誠氏を最後まで隠していた理由が分かります。桜井誠氏はもともと「審査申し立 て」する権利がなかったのです。

ブログ記事抜粋

不起訴決定後、極力早く審査申し立てを行いたかったため、今回の申し立ては桜井一人だけで行いました。小沢一郎という巨悪を眠らせてはいけないこ ともありますが、外国人参政権実現のために誰よりも積極的なこの民主党大物政治家の動きを止めなければならないからです。一連の小沢ショックとも 呼べる政局の中で、外国人参政権問題は一時期に比べてかなり下火になってきた感があります。しかし、同問題の中心にいる政治家が不起訴になったこ とで、またぞろ外国人参政権法案の国会上程を目指した動きが加速する可能性があるのです。

問題点

桜井誠が検察審査会に「審査申し立て」を行った理由として「外国人参政権実現のために誰よりも積極的なこの民主党大物政治家の動きを止めなければ ならないから」と書いています。「審査申し立て」の権利を持たないない桜井誠氏を使い秘密のベールに包まれた検察審査会を使って、2つのでっち上 げ事件でも逮捕・起訴出来なかった東京地検特捜部は小沢一郎幹事長の追い落としを図ったのです。

以下に2月11日付けの桜井誠氏のブログ記事全文を転載します。桜井誠氏が受理した「受理通告書」 の画像が添付されています。

「受理通告書」の日付けが2月5日ですので「東京第五検察審査会」は2月5日に桜井誠氏が行った「審査申し立て」をその場で受理した事が分かりま す。

▼ 東京第五検察審査会から受理通告書が届きました  桜井誠

  2010年02月11日  桜井 誠ルーム/ブログ

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10455665539.html

平成22年2月5日(金)東京検察審査会へ桜井が提出した小沢一郎に対する検察の不起訴処分についての是非を問う審査申し立て書について、昨日東 京第五検 察審査会から正式に受理通告書が送られてきました。今後、申し立てを元に小沢一郎の不起訴処分の是非を国民から選ばれた検察審査委員が議決を 下します。


(終わり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鉢呂辞任に追い込んだ記者は誰か?

  • 2011/09/13(火) 10:05:02

鉢呂経産相の辞任について、記者へ放射能をなすりつけたとか、「死の町」発言によるとか言われているが、辞任まで追い込んだのが、どこの誰だか調べてみても、はっきりしない。

ネットでは、毎日新聞の馬場茂とか政治部の山口という記者というように載っているが、この「放射能うつす」うんぬんの話は懇談会でのことという。

オフレコ出席できるのは、クラブ詰の記者だけである。極端な話、記者全員が一致団結して大臣のコメントを捏造することさえ可能だ。本来オフレコのはずの、それも真偽の定かでない発言が表に出てきたのが不思議である。

鉢呂氏の辞任会見を聞いても、言ったような言わないようなと、はっきりしない。結局、辞任理由ではっきりしているのは、辞任会見で本人が認めた「死の町」発言だけ。

 ただ、そうこうしているうちに、辞任記者会見で名を名乗らず、質問を続ける無礼な時事通信の記者の存在の方がクローズアップされてきた。引用した田中龍作おジャーナルの「 鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて」と「鉢呂大臣辞任会見での「やくざ記者」が誰なのか判明しました。」を読むとよくわかる。

 この辞任記者会見では、鉢呂氏が今までどれだけ一生懸命原発問題に取り組んできたかということが印象づけられ、質問している記者の横柄さばかりがめだつ。こんな記者たちに言葉じりをとられて辞めるより、被災地の苦しむ者たちのために、続けてもらいたいとだれもが思ったことだろう。

 脱原発の旧鉢呂大臣と原発再稼動の新枝野大臣。安全デマの大臣に変えたことが野田政権にとって、今後どのようになっていくか。前途多難の道のりとなることだろう。

_____________________


鉢呂経産相、就任9日目で辞任…「放射能をうつす」など不適切発言で

スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110910-OHT1T00284.htm

辞任の記者会見で、疲れた表情を見せる鉢呂経産相 

鉢呂吉雄経済産業相(63)は10日、東京電力福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と表現し、「放射能をうつす」という趣旨の問題発言をした責任を取り、野田佳彦首相(54)に辞表を提出、受理された。2日に発足したばかりの野田内閣で、就任9日目のスピード辞任。東日本大震災から半年となる1

1日を前に、またもや政治への信頼を失墜させる事態になった。野党は攻勢を強める構えで、高支持率で発足した政権に大打撃となることは必至だ。

 メガネを外し、ハンカチで顔の汗を拭った。午後9時半ごろ、経産省で始まった鉢呂氏の記者会見。「国民の皆さん、とりわけ福島県民に多大の不信の念を抱かせ、おわびを申し上げる」。船出早々、“どじょう内閣”から早くも脱落者が出た。

 鉢呂氏は8日、首相とともに原発周辺地域を視察。9日の記者会見で「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない『死の町』だった」と発言し、問題視された。その後、実は8日夜にも、都内で報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし「放射能をうつす」という趣旨の発言をしていたことが報じられた。

 鉢呂氏は10日昼、相模原市のリチウムイオン電池工場を視察。辞任論は党内外に広がっていった。会見では、視察先から戻る車中で辞任を決断したと説明。誰にも相談せず、夫人にだけ伝えたとした。午後7時、衆院赤坂議員宿舎で首相と会談。辞任を申し出、受理された。

 ただし、辞任の理由の説明は不可解だ。「放射能をうつす」発言は、記者が録音しない「囲み取材」で「1つ1つ定かな記憶がない」。記者席からは「定かだから辞めるんでしょ!」と怒号が飛んだ。海外メディアの女性は「では、何をもってお辞めになるのか」と困惑気味に質問した。

 「私も色々経験していますから、経験があだになった」。いわゆる「オフレコ取材」での気の緩みを悔いるような言葉もあった。「記者さんは仲間で親しい」との認識で、防災服をすりつけたのは「親しみを込めた」動作だったと言う。「(動作が)そう受け取られたなら、許されないと判断した」と述べた。

 原発周辺の視察の結果、積算被ばく量が85マイクロシーベルトで「(記者に)厳しい状況を共有してほしいというしぐさ」だったとも認めたが、その後すぐに「すり寄せたことはなかった」と言い直した。

 時々笑顔も見せたが、大臣を慰留した記者には「あなたの言葉は温かいが、決断をいたした鉢呂でございます」と涙目に。途中「退任のあいさつなんで、1分程度で終わるとこだった」と、会見場を驚かせたが、約40分間、会見した。

 「1週間だったが、本当に色んな勉強をさせてもらった。達成感がある」と衝撃のコメントも残した鉢呂氏。首相は直ちに後任選びに着手。当面、他の閣僚が経産相を兼務する案も浮上している。


 ◆鉢呂経産相の失言

▼「死の町」 9日午前の閣議後の記者会見で、「(8日に)野田首相と一緒に視察した福島第1原発の現場は、まだ高濃度で汚染され、大変厳しい状態が続いている。残念ながら周辺の市街地は人っ子一人いない死の町という形だった」と発言。午後の会見で「被災者の皆さんに誤解を与える表現だったと真摯(しんし)に反省し、撤回、陳謝申し上げる」。

▼「放射能をうつす」 同原発の視察を終え、東京・赤坂の議員宿舎に戻った8日午後11時半ごろ、報道陣に囲まれた際、記者の一人にすり寄り、防災服をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をした。8日中には報道されず、「死の町」発言を受けて9日夜に報道されると「私の真意は、放射能汚染で大変苦しんでいる皆さんの苦しい思いを現地で確認してきたということだ。誤解がないようにしてもらいたい」などと説明した。

______________________
田中龍作ジャーナル

鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて

2011年9月11日 00:33
http://tanakaryusaku.jp/2011/09/0002887


辞任会見する鉢呂経産相。よほど無念なのだろうか。表情はうつろだった。(10日夜、経産省記者会見室。写真:筆者撮影)
 「藪の中」とはこのことである。鉢呂吉雄経産相を辞任に追い込んだ「放射能すりつけてやる発言」。10日夕の緊急記者会見で鉢呂氏は「そんなことを発言したという確信を持っていない」と否定した。

 件の発言はオフレコ懇談会の中で出たものだ。鉢呂氏は「記者さんがたくさんいたものだから誰に言ったのかも覚えていない」とした上で「聞くのが専門の記者さんだから…」と皮肉を込めている。

 オフレコ懇は日本の記者クラブ特有のものだ。出席できるのは、クラブ詰の記者だけである。極端な話、記者全員が一致団結して大臣のコメントを捏造することさえ可能だ。本来オフレコのはずの、それも真偽の定かでない発言が表に出てきたのが不思議である。今回、経産省記者クラブが全社一致したのか。それを知ることはできないが、発言をめぐって鉢呂氏は「定かに記憶していない」としている。

 鉢呂氏は「言葉狩り」の犠牲者でもあった。「死の街発言は記者クラブによる言葉狩りではないか?」と筆者は質問した。

 鉢呂氏は次のように答え無念さをにじませた。「(発言の)前日、地元14の市町村長さんたちと話した・・・(中略)人っ子一人通らない。街並みがあるのに。こんな街は日本にはないという意味が、ああいう言葉(死の街)になった」。鉢呂氏の表情は『俺の真意ではないんだ』と語っていた。

 20キロ圏内や飯舘村は明らかに「死の街」である。福島に住む多くの人々は疎開したがっているのが現実だ。事態を率直に認めた鉢呂氏は評価されて然るべきではないか。脇が甘かったと言われればそれまでかもしれないが。

 大臣を辞任に追い込んだ記者クラブの面々は鼻高々だ。記者会見室には哄笑が響く。得意絶頂のあまりヤクザ言葉で鉢呂氏に答を迫る記者もいた。社名も名乗らずに無礼千万な態度で質問するのである。同業者として恥ずかしい。

 筆者はその記者をドヤシ付けてやった。後で名刺交換し社名を聞こうと思っていたが、当人は記者会見が終わるとソソクサと記者室に逃げ帰った。大手メディアの記者であることだけは確かなようだ。

 社会人としてもお粗末な連中だが、「藪の中のオフレコ懇」と「言葉狩り」で国務大臣の進退をも左右することが可能なのである。記者クラブが国を滅ぼすことを確信した会見だった。

 小沢一郎氏の例が物語るように記者クラブと官僚の目障りになる政治家は陥れられる。鉢呂氏の場合「脱原発と反TPP」が、記者クラブメディアと官僚の機嫌を損ねていたことは確かだ。


___________________________________________


速報!大スクープ!!
鉢呂大臣辞任会見での「やくざ記者」が誰なのか判明しました。
動画あり・写真あり



http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-811.html








http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-818.html

田中龍作氏:すみません、


田中龍作氏:どうして名刺交換していただけないんですか?


田中龍作氏:あの、せめて名前ぐらい言っていただけないでしょうか



時事通信のヤクザ記者を追いかけて出ていく田中龍作氏は
やくざ記者と一緒にエレベーターに乗って1階まで追いかけた
その時の声を録音しています。
01:26:51〜

田中龍作氏:
国民の選挙で選ばれた人を
あなたいやしくもやくざ言葉で罵倒したんですよ。
どうしてコソコソ逃げるんですか?

(無言・・・)

どうしてそうコソコソ逃げるんですか?
あなたが時事通信の人だって事知ってるんですよ

(走って追いかけてる?)

国民の選挙で選ばれた人じゃないですか。鉢呂さんは・・

(エレベーターのポンって音)

あなた、罵倒したんですよ

別に糾弾しませんのでお聞かせ願えませんか?

あのー、読者はみんな知りたがっているんですよ

なんですか、名刺も出せないんですか
そんなに恥ずかしい事をしてるんですか
どうしてそそくさと逃げるんですか


名無しの時事通信記者は終始無言でした


・・・・・・・・・鉢呂大臣辞任会見でのこの記者の発言内容・・・・・

名乗らない記者=時事通信の名乗らない記者

名乗らない記者:
一連の発言とおっしゃいますが具体的にどのような発言でお辞めになるのか
具体的におっしゃってください
なぜ辞めるのかが分かりません

鉢呂:
一つは昨日の記者会見におきまして「死の町」という表現をしたことについてでございます。このことについては午後の記者会見で撤回をして、陳謝、お詫びをしたところでございます。

また、視察後の、これは非公式の、記者の皆さんとの懇談。
立った場での懇談だったわけですが、大半は視察の中身についてのまじめで真剣な報告をしたと思いますが、これについて不信を抱かせるような言動があったというふうに捉えられた訳でございます
 この二つでございます。

名乗らない記者:
具体的にどう言ったんですか!
あんたね、辞めるんでしょ。その理由ぐらいきちんと説明しなさい!

鉢呂:
私も非公式の記者の皆さんとのということでございまして
その一つ一つに定かな記憶というのもありませんので

名乗らない記者:
定かな記憶がないのにやめるんですか!
定かな事だから辞めるんでしょ!
きちんと説明しなさい最後ぐらい!

鉢呂:
そういうふうに私は、国民のみなさん、県民のみなさんに不信の念を抱かせたと
こういうふうに考えて

名乗らない記者:(話を遮って)
何を言ってるんだ○○なんだよ!
きちんと説明しろっていってんだよ!

鉢呂:
ですから今お話しした通りでございます

名乗らない記者:
何を言ってんだかな



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る