がっかり! 高速無料化のはずが上限2000円に

  • 2010/04/09(金) 21:35:28



花を求めて旅?をする私にとって、「民主党=高速無料」とずーっと思い続けていたので、政権交代後の高速無料化は楽しみだった。それが上限2000円制度だとよっぽど遠出をしないと割引の恩恵は受けられないような気がする。

とても泊まりでの旅はお金がかかってできなくても、東京近郊日帰りで出かけたい者にとっては、無料になると思っていたのでがっかり。流通コストの面からも、期待されていたはずだ。庶民のわずかな期待と楽しみを奪われたような気がする。子どもを連れてでかければ、消費効果にもつながるだろう。

政権が変わったとはいえ、ETC割引も休日割引もなくなり、国民だけが翻弄されているように思われる。何か裏切られたような思いになってしまう。

それでも、長期計画でやがては無料化になるが、とりあえず段階的に有料で何年かはやっていくという計画が国民にはっきり示されれば納得もいくのだが。

安くなるとETCをつけ、その割引もたった何年かでなくなり、遠出できるお金のある人だけが恩恵を受けられる制度に何ががっかりし、疑問をもつのは私だけではないはずだ。

ずーっと無料になったらと期待していただけに、何か脱力感にみまわれた。
せめてETCの割引とか休日割引は6月までといわず、来年あるいは何年後かにできないものだろうか?

それも財源がないというのであれば、わかるように詳しく説明してもらいたいと思う。6月から無料というならば誰も疑問に思わぬが、これではあまりに急
で、きっとこの思いは誰もがもっているように思うのだが。



昨日甲州路に行ったときの桃の花をかざって。買った桃の花より桃ジャムを買ったときに戴いた桃の花(写真)のほうがきれいだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

別の見方ですが

いつも和順さんのブログを楽しく興味深く拝見しております。
今回の高速料金の件ですが、私は和順さんとは逆にとてもよかったなと感じています。というのは人それぞれいろいろな立場があるもので、私など低下層の者にとっては(ETCもつける余裕もなく急用で遠距離にいくにも高速代が高くて下を通るしかない者、もちろん遊びで高速などででかけることもできない者)(もちろん土日は仕事で最低限の時給で暮らしているわけです、私のようなこういう者は日本には今や相当数の割合でいると思います)ですから私にとってはこれまでのETCのみ割引や土日休日のみ割引は、むしろまあ恵まれた方の方たちのみへの恩恵と受け止めていて、これまでは高速をつかいたくてもつかえなかったものです。
それで今回の上限2000円というのは無理してでもこれくらいなら必要なときには高速を使えるな、という気持ちになりました。今回の件は最低下層の者にとっては公平公正感のある値下げ感だというきもちです。人の立場によってはやはりそれぞれ見方が違うものですね。ただ首都高のは全体の価格レベルが高くて最低価格を下げないと値上げになってしまってだめですね。
民主党はおもったようには財源ができなくしかもこの世界的不況で税収がガタ減りで苦しいところでしょう。将来は無料化してほしいが今の暫定的には今回の高速料金設定はまあいいのではないかな、とおもっています。
民主党にはしっかりしてもらいたいものですね。国民へのアピールがまるでダメ、支持率がおちるのも当然です。せっかく政権をとったのにねえ、、、では和順さんごきげんよう、61歳、

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2010/04/10(土) 15:48:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する