13なぜこの時期に小沢捜査なのか?小沢一郎氏攻撃の理由

  • 2010/01/20(水) 10:02:59



ヾ姥∪治∪治権力と大企業の癒着B佇椴貘粟治が自民党の骨格であり、政権交代により日本の政治が刷新されることへの抵抗が小沢攻撃となっていることが、植草一秀の『知られざる真実』からさらにわかった。

このブログの中で「悪徳ペンタゴン」と言っているヾ姥∪治∪治権力と大企業の癒着B佇椴貘粟治が政権交代によって脅かされているということだ。「そして、その一角を占めるマスメディアは、示し合わせたかのように激しい小沢一郎幹事長攻撃を展開している」が、マスメディアがのっとられたような情報操作に、国民は「メディアはどうしてしまったのか?」と疑問に思ったのだった。

 特捜は証拠や逮捕理由がはっきりしてから逮捕すべきなのに、まず身柄拘束をしてから一斉捜査するなど誰から見ても「特捜はなぜ?何があるの?」と思ったものだった。

 この政治刷新が小沢幹事長抜きではできず、それが野党にとっては恐怖なのだ。理由は何であれとにかく政界から葬り去りたいのである。そんなことこの日本で許されていいはずがない。あまりにも理不尽ではないか。参院選を見据えたマスコミぐるみの捜査ならば、国民はマスメディアの報道に惑わされずに判断しなければと思う。

 
悪徳ペンタゴンが小沢一郎氏を攻撃し続ける訳
植草一秀の『知られざる真実』)

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-9b60.html

『「悪徳ペンタゴン」の一角を占めるマスメディアは、示し合わせたかのように激しい小沢一郎幹事長攻撃を展開しているが、攻撃している内容が些少かつ不明確であるだけに、あまりにも奇異との印象を拭えない。


 本ブログで指摘しているように、すべては本年7月11日に見込まれる「悪徳ペンタゴンと主権者国民の最終決戦」の火ぶたがすでに落とされているということなのだ。

 悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏を最大の脅威と位置付けている。
ヾ姥∪治


∪治権力と大企業の癒着


B佇椴貘粟治

がこれまでの自民党政治の骨格であった。


 小沢一郎氏、鳩山由紀夫氏、菅直人氏が率いる民主党は、このすべてを刷新しようとしている。本年7月の参議院選挙で鳩山政権与党が勝利する場合、この意味での日本政治刷新が実現する可能性が極めて高くなる。


 このことは、直ちに「悪徳ペンタゴンの死」を意味することになる。



 小沢一郎民主党代表が参院選の指揮を執ることになると、「悪徳ペンタゴン」は死を迎える確率が極めて高くなる。このことが、小沢氏が執拗に攻撃を受け続けている最大の理由であると考えられる。


 主権者である私たち国民は、こうした「真実」、「真相」を洞察し、悪徳マスメディアの情報操作に対する抵抗力を身に付けなければならない。マスメディア報道が、偏向した小沢氏攻撃色に染め抜かれているのに対し、ブログ情報空間には多くの真実の情報発信が散りばめられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

小沢幹事長の聴取が今週末に行われる!?

いよいよ、山場をむかえそうだ・・小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか?民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部に対し任意の聴取に応じる意向を伝え、日程調整に入ったことが19...

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する