女性兵士の警鐘 (ワクチン)

  • 2010/01/10(日) 21:47:41




今、米軍で起きていることから、女性兵士の訴え

続・米軍技術者の内部告発ビデオ〜ワクチン強制接種とチップ注入・個人監視


ワクチンを強制接種して、さらに市民を監視するためのチップつき腕輪
強制的にそのときつけることを米軍が準備していることがわかってきたことです。
シャックル(手かせ、手錠)を右手首にはめられ、永久に取り外すことはできなくなっていて、それをしてることで豚フルワクチン接種済みということが連中にわかるわけで、もしそれをしてない者が見つかったら検問所でワクチンを強制的に接種されることになり、それを拒否しようものなら強制収容所に連行されるということです。



あなたの愛する大事な人を守るために、勇気をもって訴えます。

このアメリカで起きている女性兵士のことは、以下のデーヴィッド・アイク(6)を是非見てください。CIAで起きている驚くべく実態と重なります。
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-614.html
世界の主なるお金持ちの流れは、ヨーロッパを中心とするロスチャイルド系とアメリカを中心とするロックフェラー系といわれています。

それら一族は、世界の企業を自分の傘下におさめ、金融資本家として世界に君臨しています。人々が豊かに暮らすためにそれらの存在があるのであれば、何ら問題はないのですが、今や世界政府樹立のためには、手段を選ばないという人類奴隷化のたくらみがあきらかにされつつあります。


「衝撃のインタビュー」
も是非見て欲しいと思います。勇気ある告白です。

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-598.html

9.11、温暖化詐欺、豚インフルエンザ問題などもこれらと決して無関係ではないということです。

今、勇気を持って市民が声をあげようとしています。

911真相解明を求めるパイロット・グループも立ち上がりました。建築家たちがたちあがりました。911の真実を求める学者達が記事の捏造?を語りはじめました。

また9.11事件の影で操っていた、国際金融資本家の他の悪事追っていくうちに豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)についての問題もわかってきました。

これでロスチャイルド家の国際金融資本家を中心にした温暖化詐欺でのCO2主犯説と同じように、豚インフルを利用した金儲けの実態も暴かれるかもしれません。

そしてさらに豚インフルを利用した企てで発覚してきたのは、米軍技術者の内部告発ビデオ〜ワクチン強制接種とチップ注入・個人監視」の記事よりワクチンを強制接種して、さらに市民を監視するためのチップつき腕輪を強制的にそのときつけることを米軍が準備していることがわかってきたことです。

いろんな理由をつけて、そういう個人監視を強めていく警察国家にアメリカはなっていくのでしょうか?


私達市民は、勇気あるこれら告発を市民レベルで伝えていこうと思っています。あなたも、どうか見て、知って、考えて、伝えて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2011/06/05(日) 22:34:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する