花見山

  • 2009/03/30(月) 18:30:02

花見山1


 高速が千円になったはじめての休日の3月28日(土)、東北道を千円でどこまで行けるか行ってみた。都区内は別料金がかかるので、浦和から東北道に乗ったのだが、あとで浦和からでは、600円取られるから、乗るなら加須からと言われた。乗ってから降りるまでどこまで行っても1000円だとわかりやすいのだが、これってわかるように知らせる工夫もして欲しいものだと思った。これは、途中のサービスエリアで説明を受けてわかったこと。

 もっと早く出ればもう少し行けたのだが、出るのがお昼過ぎだったため、「これ以上行ってもどこにも行かれませんよ」と言われて、福島西インターで降りて教えてもらった花見山に行った。ここまで、片道1600円。

 花見山は、梅・桜・椿・土佐みずき・桃(つぼみ)・水仙などが、山一面に咲き、入場無料。満開は、4月10日頃で、11日(土)・12日(日)の休日頃が、満開の見ごろということだった。ただし、混雑するので、自家用車は、阿武隈川の河川敷に駐車し、シャトルバス(有料)で行く。

 花見山は、30分・45分・60分の3コースがあり、60分コースを行ったが、気持ちよく花を眺めながら花見ができ、鳥のさえずる声を聴いて、里の春の景色を満喫することができた。

 帰りに明日から店開きするという「花見亭」という苗木を売っているお茶屋さんのおじさん・おばさんと話をし、苗木を買って帰ってきた。


 海辺で何か美味しいものでも食べてと思ったのですが、遅くなるため、福島駅で、食事をし、東京に帰り着いたのは、24時を過ぎてました。

 

花見亭のボスと

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/19(木) 13:30:40

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する