すぐわかる不正裁判:あなたは弁護士にダマされていませんか?

  • 2011/11/10(木) 23:26:55

「あなたの裁判は偽装?国家の根底をゆさぶる法曹界の闇」

 私達が冤罪と思われる事件を調べ、裁判所に傍聴に行くと、被告になっているほうが正しく、それを追及している検察や裁判官の方が腑に落ちないと思われる判断があることに、この頃よく気づく。

絶対の正義と思われていた場への信頼が揺らぎ始めている。それは、村木局長事件に始まり、小沢一郎議員や石川議員の裁判傍聴をするたびに私の中でどんどん膨れ上がってくる。

 この疑問や不信感をさらにはっきりとさせる衝撃の事実を聞いた。それがこれからここに挙げる動画である。

 「びっくり写真集」というブログを書かれている女性がご自身の裁判への疑問から不正裁判について調べ、その結果、偽装裁判と本物の裁判があるということに気づかれた。

元柏市議会議員の小川達夫さん同様の組織ぐるみの犯罪。弁護士・裁判所の書記官や裁判官・郵政省(一般の職員はほとんど知らないと思われ、ごく限られた人のみ知っていると思われる)らが、組織ぐるみで、偽装裁判を行っているという。

 私達は、唯一の味方と信じて弁護士に相談するが、実はこの弁護士の多くが偽装裁判のルートを持ち、弁護士に相談したところから偽装裁判へ振り分けられる場合があり、裁判所へは提訴するが、すでに連絡が行っていて、受け取る書記官もこの仲間。それからの裁判も総てこの組織の仲間が担当して行い、判決はすでに弁護士が受けたときから敗訴と決まっているが、判決文も弁護士が書く。

本物の裁判ではないので(誰もが本物の裁判と信じているが)、控訴すればするだけ弁護士費用と裁判費用を払うが、すでに最初から敗訴は決定している。莫大なお金がこの組織にころがりこむこととなる。金もうけのためや失脚させたいなどと思われた事件はこの偽装裁判へ入れられるのだ。

 私達は費用だけ払い、しかもそれが本当の裁判だと信じているが、これははじめから仕組まれており、正しい方が負け、それによってその後も控訴のたびにこの組織に裁判・弁護費用がころがりこむことになっている。

 これら組織にとっては、判決文などの通知の郵送は、本物裁判の郵便物と一緒に郵便局に出せないという弱点がある。そこで、郵便局の中にも一部これを了承している者があり、ルートとしては裏ルートのアウトソーシングで配達せざるを得なくなる。

したがって、裁判所や検察から送られてきた郵便物が郵便法違反があれば、その受けている裁判は偽装裁判ということになる。

双方の弁護士同士の結託などにより、知らぬは提訴した本人だけということになる。この闇裁判から抜け出すために、あなたの裁判が偽装裁判か本物裁判かを送られてきた郵便物で調べ、偽装であると知ったら、この13の動画にあるように、消費者庁への訴えとか裁判とは別の行動を起こしていくようにする。

 このような不正をする側が大手を振っている世の中では、正直に真面目に生きている者がいられないようになっている。無実の者が財産をとられ仕事を失い、その闇組織の者だけが生きられ、やがて乗っ取られていくようにされている。

 なおここまでのことから考えられることとして、弁護士が中心になって裁判所、検察庁とお金の配分や作業分担の仲介を行い、かなりの実務もこなしているのでは、ということ。
 
また弁護士は裁判官や検察官と話をすることもあるだろうが、ほとんど暗黙のルールで決まっていて、具体的な作業やお金に関して裁判所の事務官などと話している可能性の方が高いと思われる。

 逆にその方が本当の実態を裁判官や検察官に直接知られずに秘密裏に行えるからだ。例えば、事務官の方で判決文などを書いてあり、裁判官はただ飾りとして出演しあたかもその判決を書いた本人のように偽装しているだけなのかもしれない。

判決文だけでなく印鑑の押印なども事務方で実行、管理、保管して、不正な偽造裁判は裏帳簿のような形で別の部署で管理されているかもしれない。その意味ではこの事務方らが裏にまわって違法なことをやる温床となっているものと推認される。

「お金のためだけに形だけ行われる偽装裁判の餌食にあなたがなっているとしたら、すぐに気づいてその罠から抜け出す事です。このような偽装裁判の被害者はかなりいるはずです。そして、そのほとんどが無実の人です。しかし、偽装裁判では、必ず負けます。

この衝撃の事実!司法だけでなく三権のどこも金まみれで動いているのかもしれません。これから一人で苦しまないでいっしょに考えていきましょう!」


______________________

1と2・3の動画は一部重複している内容となっています。
偽装裁判と本物裁判があるという事実になぜ気づいたのか?




封筒・切手・消印などから違法郵便であるかどうかを見分ける方法。

豊富な人脈を悪用しての法曹界ぐるみの犯罪。一審が偽装だと控訴しても絶対勝てないようにされている。



















_________________________

 裁判を起こしている場合の確認方法(13の動画にまとめてあります。)

 裁判の判決文は必ず裁判所から郵送してもらう。裁判所に取りに行ってはだめ。そして、その封筒の消印や切手などをよく見て、それから正規のルートを通った郵送であるか、裏ルートを通った郵送であるかを見分ける。郵便法違反の郵送であれば、あなたの裁判は偽装裁判ということになる。

偽装裁判であると思われたら、もうどんなに控訴しても敗訴する仕組みとなっている。本来なら勝つ方を負けさせ、莫大な弁護士費用と裁判費用が弁護士ぐるみの組織に転がり込むようになっているので、証拠や証言などを安易に弁護士に話したりしないようにする。

偽装裁判で受理されたものは、どんなに争っても時間と費用と労力を無駄にし、多額の弁護士費用と裁判費用を負担するという事になる恐れがある。どうしてもやるなら本人訴訟として弁護士をつけずに裁判を行い、書類の作成などについてのみ相談するようにする。

 判決の正本の交付申請を一般書留で送付してもらう(特別送達)正本が正しいか郵便法違反はないかを調べる。(12 偽装裁判の見分け方:偽造裁判の判決文は正本でなく弁護士の謄本)

違反があれば、郵便法違反があるのでと消費者庁に訴える。不当表示で郵便を受け取る義務はないのでと。裁判費用も違法であれば払った費用についてもということになる。消費者庁は受理する義務がある。必ず受理するということがかかれたものをもらってくる。あなたに代わって消費者庁が裁判をおこすことになる。

_____________________

ビックリ写真集

法曹界以外の、日本を支えている善良な一般の皆様へ

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/09/post-3f5b.html

今回は、寄せられた投稿内容を紹介させていただきます。

この投稿内容は、まさに日本の裁判所の実態を全く知らない一般国民の代表的な質問でしょう。

裁判所は、裁判官は、書記官は、弁護士は、弁護士会は、日弁連は…

常識があって正しい判断をするものだと、多くの国民は思っているようですが…

投稿内容紹介

失礼ながら、好奇心に駆られて投稿の全文と、証拠・動画その他の文書をざっと見ました。それらから考えるとどうも遂犯無罪さん(被害者小川さん)のおっしゃっていることが正しいような気がしますが、これほどの大事件がどうして新聞・テレビ・雑誌などおよびインターネットで報じられないのでしょうか。

 また、被害者は元市会議員さんということですから、国会議員などにもつてがありそうなものですが、国会銀意の頼んで国会で問題にできなかったのでしょうか。

 まさに奇奇怪怪な事件です。

それから、九州の信用金庫の預金詐取事件ですが、証拠の写真で見ると被害者の主張どおりカーボンコピーのようですが、そういった明白な証拠があってなぜ被害者の主張を警察・検察・裁判所・マスコミが取り上げないのでしょうか。

 それらの機関が腐敗していることは明らかだとしても、全く理解の範囲を超えた事件です。
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=1018

投稿内容おわり

投稿者の方へ

それは、あなたの勝手な思い込みにすぎません。

普通の考えでは、日本の裁判所をはじめとした法曹界は、法に則り、正しく機能していると思うでしょう。

でもね、違うのが真実です。

その証拠と手口を、この「ビックリ写真集」のブログに掲載しています。

判は成功します。

もちろん、一般国民が無知であることが前提です。〆枷修里發辰箸盻斗廚兵蠡格歉磴鯔験欧垢襪箸い手口です。

どうやって?

⇒絞慄^稟燭鬚気擦襪里任后

,鉢△遼‥根拠は?

民法第97条 意思表示(到達主義と発信主義)

郵便法第37条 正当交付

以上の法に違反させることによって、不正裁

無知は、操りやすい。


これらは、狡猾で腐った法曹界の集団が善良で無知な一般国民を欺く手口として35年(私の知り得る限り)も前から行われているのです。

そう、今現在も…

無知な一般国民は、民法97条の意思表示を郵便法37条に違反させ、無効とすることによって不正裁判を成功させていることに気付いていないからです。

裁判で公正さを保つ絶対的なものが、郵便法と意思表示(手続保障)なのですが…

民法97条や、郵便法37条は、なんのためにあるのか…

よく、考えてみてください。

何のためにあるのか答えられますか?

そうそう、遅れましたが、上記の投稿内容にあります2つの裁判ですが、これは弁護士と裁判所の書記官、そして日本郵政によって仕組まれた偽装裁判です。

法曹界による大がかりな国の犯罪ですから、マスコミだろうが国会だろうが、知っていながら無視します。

これが、今の日本の実態です。

日本の裁判は、本物の裁判と偽装裁判の2つが実際に存在しているのです。

考えるときは、本物なのか偽装なのかを前提として考えるべきです。

投稿者の方は、本物の裁判であると思って考えているからこそ、投稿内容にある疑問が生じてくるのです。

答えは、偽装裁判だから国会もマスコミも騒がず、ひたすら無視しているのです。

こんな日本の裁判の実態、許せますか?


___________________________
あなたもやられている… 裁判所の不正に郵政が加担
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/10/post-2864.html

郵便法違反で届いたあなたの判決は…(1)

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/10/post-2864.html

郵便法違反と偽装裁判…


この深い関係とは…

郵便法違反で届いたあなたの判決、実は…

あなたが弁護士をつけていたなら、それは、あなたの弁護士が作成した偽の判決文です!

あなたが本人訴訟なら、それは、相手方の弁護士が作成した偽の判決文です!

作成権限のない、弁護士が作成した偽の判決文です。

だからこそ、郵便法違反させて送達しているのです!

郵便法違反をしているのは、違反させなければならない理由があるのです。

理由のない違反は、ありません。

その理由は、本来、勝訴する側を敗訴させ、敗訴する側を勝訴させるためです。

郵便法違反で届いた特別送達は、判決が売買されているという証拠です。

しかも、本来、特別送達や一般書留を配達することのできない「ゆうメールや普通郵便物」を配達しているアルバイトレベルの配達員を使って、あなたのもとへ配達されているのです。

考えてもみてください。

本物の裁判で、公平公正に裁き、正真正銘の裁判官が作成した判決文であれば、わざわざ郵便法違反をしてまで、送達する合理的な理由がありません。

作成権限のない、弁護士が作成した偽の判決文だからこそ郵便法に違反させなければならないのです!

違反させているというより、法律上も手続き上も、違反は、あくまで違反扱いしなければならなのです。

本物の裁判の威信にかけて、すべての手続上、偽装と本物を区別しておかなければならないのです。

さらに、このような郵便法違反の特別送達を、正規の郵便認証司が認証しますか?

何者かが、認証司に成りすまし、あるいは認証司の名前を使って郵便送達報告書を作成しているのです。

郵便送達報告書とは、特別送達の封筒の裏についている大きな紙です。

特別送達を受け取るときに、サインをする紙です。

郵便法を知らない、知っていたとしても意味が理解できない人達を、まんまと騙すにはもってこいの手口です。

奴らは、法律の専門教育を受け、難関の司法試験を突破した人物です。

良くも悪くも…

そんな奴らが、郵便法の「ゆ」の字も知らない、理解すら出来ない私達に、すぐにバレてしまうような手口を使いますか?

一般人には到底、発見できそうもない手口、法律に疎い人物にはまったく想像できない手口…

それが、郵便法違反!!

郵便法違反が偽装裁判と結びつく法的知識も持ち合わせていない…

こんな、偶然というか、おいしい理由が重なって、奴らは数十年という長きにわたって偽装裁判を成功させてこれたのです。

作成権限のない、弁護士が作成した偽判決文を、裁判官が書いたと思い込ませるのが奴らの手口です。

裁判所の名前が印刷してある封筒なら、裁判所が送達したと思い込むでしょう。

そして、本物の裁判なんだ…そう思い込んでいるのが私たち…なのです。

もちろん、裁判所の書記官などは、仕組まれた偽装裁判に協力者として加担していますから、法廷を使って、偽装口頭弁論を開いたり、改ざんだらけの調書を作成したり、好き勝手なことが出来るのです。

できるというより、もともと偽装なんですからやってあたりまえということです。

裁判官が書いた判決ではなく、権限のない弁護士が作成した偽判決を掴まされているあなた、しかも、勝訴すべき事案を敗訴させられた偽判決のおかげで一生を棒に振るのです。

そんなこと、許せませんよねっ!

そんなこと、許せませんよねっ!

そんなこと、許せませんよねっ!

そうそう、何も判決文だけではありません。

裁判官忌避などの決定文なども郵便法違反であれば、自分か相手側のどちらかの弁護士が作成しています。

このような判決文や決定に、法的効力などまったくございません!!

郵便法違反、それは絶対的無効であり、しかも偽装裁判の証拠!

偽装裁判、それは絶対的無効!

さて、偽装裁判の法的解決方法については、追って説明していきますから、よーーーく、読んでください。


_____________________________
郵便法違反で届いたあなたの判決は…(2)
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/10/post-1bbd.html

郵便法違反で届いたあなたの特別送達…

それ、実は…

郵便局の中にも、日本郵便の支店の中にも…

「存在しない」郵便物なのです!!

引受と表示されているのに、

発送と表示されているのに、

ここに存在していない!

裁判所と結託している極限られた一部の郵政関係者の手によって、郵便としての扱い(正規取扱)を受けないように操作され、極秘の裏ルートによって配達されているのです。

仮に、不在票がポストに入っていて、再配達ではなく最寄りの配達支店等の窓口に取りに行ったとします。

その郵便窓口で受け取ることが出来たとしても、それは、その窓口の人物が犯人側と口裏を合わせ、いかにもその郵便物が郵便局内や配達支店内に存在したと思わせるパフォーマンスにすぎないのです。

郵便局内や郵便事業株式会社の支店内部に存在しない、この郵便物に貼り付けられた書留番号…この書留番号を日本郵便事業株式会社の追跡サービスで検索すると…

存在しない郵便物にもかかわらず、追跡サービスで表示されているのです。

存在しない郵便物が、なぜ、追跡サービスで表示されるのか?

それは、この追跡サービスで表示されている内容がすべて嘘ということです。

郵便法違反の郵便物に貼り付けられている書留番号は、実際にはそこの郵便局や支店で、その時点で正規に使われている書留番号ではない書留番号を故意に貼り付けているのです。

このブログの「書留番号の規則」という記事に表示しているように、書留番号には必ず規則があるのです。

ランダムに好き勝手な番号になっているのではありません。

例えば、郵便番号なども県や地域別に割り当てています。

郵便番号は住所地を表しているのです。

電話番号も決まりがあって割り当てられています。

東京あたりでは、03から、静岡では054から…というように。

それが、東京なのに054が表示されたら電話自体が信用できないことになります。

このように、書留番号にも同じルールが使われているのです。

郵便のプロは、この書留番号を見ただけで、どこの県から差し出された郵便物なのかを判断できるのです。

そして、宛所の郵便番号を見ただけで追跡サービスで検索しなくても、どことどこを経由して宛所に配達されるのが正しいルートなのかがわかるのです。

さて、話を戻して、郵便法違反の郵便物に貼り付けられた、この管轄地域に違反した書留番号…

このインチキ書留番号を追跡サービスに入力すると、番号自体が正規に利用されていない番号ですから、ダミー表示ばかりが表示された追跡サービスにアクセスしていることになります。

私たちは、このダミー表示を見ているのです。

追跡サービスで検索する場合、個別番号検索ではなく、100件分が検索できる連続番号検索を選んでください。

ここで、表示された100件の書留番号…

それぞれの「詳細」をクリックすると個別表示が見られます。

あなたの書留番号を挟んで前後100件…そのまた次の100件…

あなたの書留番号以外の書留番号は、郵便物など存在しておらず、書留番号だけが何百件と表示されているだけの、いわばダミー表示なのです。

パソコン上に表示しているだけですから、偽装表示なんて朝飯前です。

実在している郵便物は、あなたに届いた郵便物1件のみです。

それも、前半で説明したとおりの郵便法違反の郵便物ですが…

それ以外は、郵便物すら存在しない番号だけが羅列された架空の表示です!

だからこそ、持ち出し中の表示されないまま、いきなりお届け済みと表示されたり、重要な統括支店が表示されていなかったり、東京地域で使われる番号が、他県で使われていたり、バイクで配達中にもかかわらず、はやばやと「お届け済み」なんて表示されていたりするわけです。

要は、もともと画面上だけのダミー番号表示ですから、あなた自身が気付かない限り誰からも文句は出ないようになっているのです。

このダミー表示の画面に、偽データを表示する行為を行っているのが最寄りのあなたの地域を管轄している交番なのかもしれませんねぇ〜〜!(事実は小説よりも奇なり)

次に、重要なことですが、各郵便局や配達支店の内部の人物のほとんどの社員は、このようなことが社内で行われているという事実を知りません。

知っているのは、一部の重要なポストにいる人物や課長代理クラス、それ以上の肩書のある人物のみです。

これらの人物は、裁判所や弁護士など関係者から賄賂を受け取り、郵便物に偽の消印を押したり、裏ルートで配達する手配をします。

運がよければ、社員から「存在していない書留」であったという証言を得ることもできますが、すでに、箝口令がしかれているかもしれませんねぇ。

皆様、是非、下記のところを自在に使いこなせるよう勉強しておきましょう。

特に、日本郵便のサイトマップは頭が良くなりますから(笑)

日本郵便の追跡サービス

http://tracking.post.japanpost.jp/service/jsp/refi/DP311-00100.jsp

日本郵便のサイトマップ

http://www.post.japanpost.jp/sitemap.html

裁判所の封筒を使い、弁護士が作成した偽判決文が入った郵便法違反の特別送達は、まさに常軌を逸脱した裏ルートによって、あなたのもとに配達されているのです!

「送達」を語らずして、不正裁判は語れないのです!!



______________________

切手や消印の見分け方の例抜粋。詳しくはブログを。


不正裁判に郵政が加担(3)

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-ade2.html

 東京高裁での裁判官忌避に対する特別抗告提起通知書と抗告許可申立て通知書も押印が下で印字が上です。 

 特別抗告提起通知書と押印             

 抗告許可申立て通知書と押印

上記の偽造公文書は特別送達されましたが、この送達も裁判所と郵政が結託した上での送達違背です。やはり、統括支店である新東京支店を経由していません。
東京高裁での予納郵券返還書も押印

最高裁での予納郵券返還書

期日呼出状、裁判官忌避の決定、特別抗告、抗告許可に至るまで全て押印が下で印字が上の偽造公文書で、さらに、これらの偽造公文書を郵政と結託し郵便法に反した特別送達で送りつけ、公正な裁判を行なったフリをする

公務員職権濫用です。納めた印紙代や予納郵券代は全くの無駄ではないか。これじゃあ、裁判所は詐欺です。郵政も詐欺です。
____________________________

集団ストーカー行為の主犯格は弁護士だ!

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/09/post-9128.html

偽装裁判を仕掛けるのも、

冤罪を仕掛けるのも、

精神病患者に仕立て上げるのも、

そして善良な一般国民を自殺に追い込むのも、

郵便法違反を仕掛けるのも、

ぜぇ〜〜〜んぶ、弁護士が関与して行われる。

そでも、あなたは弁護士事務所に行きますか?!

それは、企業側にとっての弁護士であり、あなたにとっては弁誤死なのだ。

それでも、あなたは依頼するのですか?!

最早、弁護士は味方ではない!!


性善説だの、性悪説だのと訳の分からない理由をこじつけて責任転嫁をし、真実を見破れないのは、ぜぇ〜〜〜んぶ、あなたの勝手な思い込みから始まっている。

なかでも、ヤメ検、ヤメ判弁護士はその人脈を悪用できるから、特に悪質な集団ストーカー行為を行う。

そしてこれらの悪徳弁護士から賄賂をもらい、弁護士のストーカー行為の計画に協力するのが裁判所、郵政、検察、警察、企業、産業医。

それにしても、オリンパスのHさん、直後に不審に思って予約をキャンセルして正解でしたね。措置入院させられ、危ない薬を飲まされたりしたら…それこそ一大事

http://petapeta.tumblr.com/post/10108995047

弁護士のT谷××子(50代)、それにしても悪質だ…

…ため息が出てしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2013/02/15(金) 01:43:03
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2012/12/27(木) 23:45:23
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2012/09/22(土) 19:01:07
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2012/05/04(金) 17:08:03
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2011/11/24(木) 04:54:16
  • [編集]

マンションに包丁男=夫刺殺、妻軽傷―郵便装う? 男も死亡・横浜

URLに書き込んだ 横浜で起きた郵便局員を偽造した事件、偽造裁判の事とかかわりあるかもしれないと思ったので念のためコメント書かせていただきました。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する