政治のプロ小沢グループに「国民の命、第一」の政治を託す

  • 2011/05/31(火) 21:51:51

 子供を守るために被災地を逃れている母親も、避難所にいる人々も疲れがピークに達しようとしている。救われた命を守るためにも早急な対策がとれないだろうか?私達は、何の情報も知らされず、放射能を浴びせられた。そして、今も原発もあいかわらず放射能をとめられず事態は悪くなるばかり。菅内閣に任せておいて何とかなるという時はすでに過ぎた。

脱原発を決めていくドイツやスイス、国民を守るためにすばやく対処するのに比べ、もどかしい限りの日本。結局何の対策も取れずに、このまま行くのか?

民主党内での言論統制をしている菅内閣は、こんなときにコンピュータ監視法案を可決しようとしている。徴兵制を進めているという自民党といえ、軍国主義のように一斉に同じ方を向かせようとしているのか?

「共謀罪」と一体のコンピュータ監視法が進めようとする菅政権は戦時中に戻すつもりなのだろうか?民主党の心ある議員は、国民のために今こそ立ち上がる時だといえる!民主党の再生のためにも!

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207

http://www.youtube.com/watch?v=rrHOHCAS8Os




原発収束も避難についても何もできない菅内閣がこのまま政権についていては、被災地もいずれ被害が拡大するであろう日本も、やがて及ぶであろう他国も、ただ黙って放射能を浴び続けることになる。菅政権とその取り巻きこそ、事態の深刻さがわかっていない。菅政権は交代して、「新たな体制で救国を!」と望まずにはいられない。

 菅政権に任せておいたら、戦時中の日本になる。民主党の言論封殺された議員は、このまま黙っているのだろうか?岡田さんは、菅さんの言う通りついてけというが、菅さんが黙ってついてけるほどの器かどうか、民主党がこのままでいいのかどうか、有無を言わせず権力で従わせようとしても、国民の信任を得てなった議員は、国民のためにならないと判断した時、国民のために倒閣に向かう事だってあることを知るべきだ。

菅さんに残された道は、小沢さんの冤罪をはらし、それを国民に知らしめて、バトンタッチすること。それで、冤罪をはらした菅さんも、民主党も守られるだろう。鳩山さんから譲られた菅さんは、民主党を育てた鳩山さんや小沢さんの気持ちがわからないはずはないだろう。間違っても、自公政権などと取引をしようと思わないことだ。

誰も心から菅さんについてっていないことがわかっているのは、伸子夫人だと思う。もう引退するように言ってみてはどうでしょうか?潮時だと思いますが。菅さんのために言えるのは伸子夫人だけでは?

同じ思いのことが書かれているブログを挙げてみた。

_________________________

めざまし政治ブログ

政治のプロ小沢グループに「国民の命、第一」の政治を託す

http://rakusen.exblog.jp/14870558/
これからの国民の命を誰が本当に守ってくれるのか。

 西岡参議院議長がはっきり言うように、もう菅首相はリーダとして不適格なことは国民の誰の目から見てもはっきりしている。いらない委員会や会議を開いて「会議は踊る」ものの、なかなか何をするかも決まらず、具体的な作業も進んでいない。まずもって責任をとらない指導者であり、その取り巻きの官僚達だ、と言うことが一番、大きいことだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=X85GI4aeu5w



 自動車免許で言えば、仮免でスタートした首相で、平和時ならある程度、国民ははらはらしながらも任せていたけれど、急にこんな非常時の危険な状態の道を走らざるを得なくなったのだから、ここはやはりドライバーのプロの教官に運転を代わってもらうべきだろう。(^_^;)

 そんな参議院議長をマスコミや御用政治学者などは非常識だと言って非難するが、当然のことを言ってるのであって、それを「おかしい、非常識だ」と非難していること事態、マスコミやその学者が権力側に立っていることを露呈している。(^_^;)

 また、いまだ1mSvは努力目標であって、あくまでも基準値の上限は20mSvだと言い張っていて、放射能汚染されていても、基準値以下なら学校給食にも食べさせようとしている文部科学省である。(^_^;)
 特に自民党やマスコミはこんな汚染された食材を食べることも復興支援のひとつだ、と言う、変なキャンペーンを繰り返している体たらくだ。

 フジテレビなどは、ここの所、子供たちへの放射線被曝の問題をとりあげはじめ、菅内閣批判を強め始めたが、ニュースキャスターの結論は今の民主党にはリーダにふさわしい人はいない、と言う事で、やっぱり自民党、ということに。
 何だ、原発推進の自民党にまた戻ろうという、マスコミの魂胆だったのですね。
そんなに自公政権時代はおいしい思いをマスコミ関係者はしていたんですね。(^_^;)

 今こそ内閣不信任を可決させ、内閣総辞職をしてもらい、プロの教官に替わってもらいましょう!

小沢さんらのグループに期待していますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/19(木) 15:42:35

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する