石川 知裕議員女性秘書証人申請へ

  • 2011/01/28(金) 13:50:34

 
 石川 知裕議員が離党したとき、無罪と思われる議員を離党させるなんて、民主党は何て非情なんだろうと思ったが、まあ「党に迷惑をかけないように」という石川議員の思いからだろうと、いつか晴れて無罪となる日までブロガーとして応援しようと決めていたが、この動画を見てあの頃必死でブログを書いていた事を思い出した。今度は同様に小沢議員に対して、「証人喚問だ。離党だ。」と執行部が言っているというが、そんなこと言語道断。これからどんな取調べをしたかが明らかになり、陥れた検察が問われる立場になるだろう。

大久保秘書や石川議員だけでなく、石川議員の女性秘書が無理やり連れて行かれ、10時間以上取り調べられたということがあった。「子供が通う保育園や石川議員の事務所への連絡を女性秘書が懇願したのに禁止され、食事も与えられずに10時間以上の取調べ。」当時、そのようなことがブロガーの間では問題となった。取調べにあたった民野健治検事についても、非難が集中したことを覚えている。

この際、何としてもこの女性秘書の証人申請を受理させ、どれだけ無理に誘導されたかを明らかにすべきである。それは、この件だけでなくこれから起きるかもしれない冤罪・捏造事件を防ぐという意味からなくてはならないことで、この女性秘書もいやかもしれないけれど、ぜひ証人として出廷願って、法廷ではっきりとさせるべきだと思う。

どこかでこの司法の膿を出さない限りは、このような冤罪はまた起きるはずだし、何よりも石川議員のように国民に選ばれた議員について、汚名をきせて政治家として仕事をさせないなどということは許されるべきことではない。司法の場の腐敗を江田五月法相は正すことができるのか?民野健治検事だけではない。当時の樋渡検事総長・佐久間部長についても責任を追及してもらいたい。



毎日jp

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110128k0000m040145000c.html
陸山会事件:秘書の証人採用求める…石川議員弁護側
 民主党の小沢一郎元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、元秘書の衆院議員、石川知裕被告(37)の弁護側が27日、石川議員の女性秘書の証人採用を求める意見書を公判前整理手続きの中で提出した。意見書で弁護側は「女性秘書は食事を与えられず約10時間も取り調べを受けた」とし、これを伝え聞いた石川議員が検察側に妥協して、容疑を認める供述調書に署名することを余儀なくされたと主張している。

 意見書は▽昨年1月26日、検事は女性秘書に容疑者として取り調べる目的を告げずに呼び出し「逮捕できる」などと威圧的な言葉を投げた▽子供が通う保育園や石川議員の事務所への連絡を女性秘書が懇願したのに禁止された−−などとしている。

 これに対し検察側は「石川議員の起訴内容に直接関係ない」とする意見書を提出した。


OLIVENEWS


http://www.olive-x.com/news_30/movie.php

「取調べ全面可視化を実現する議員連盟」の会合









Video streaming by Ustream

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する