部屋の中はもう春! チューリップとコデマリ

  • 2011/01/26(水) 19:26:05

お正月のお花から春の花へ。
「チューリップ」と「こでまり」を買って、部屋中に飾る。


壁面も利用して。クリスマスのポインセチアを飾っていたら、茎に根らしいものが出てきました。驚きです。


チューリップは、日ごとに伸びて花の表情を変えていきます。つぼみの時がとても可愛いのです。花が開いてしまうと、あっというまに散ってしまいます。


こでまり は、花が散り始めるとちょっと大変ですが、とても小さな可愛い花です。


部屋の中がぱっと明るくなって、お正月の厳かな雰囲気から まだこんなに寒いのに、部屋の中だけはもう春です。


銀行へ行くのに歩いていると、梅の花が満開だった。いつのまにこんなに見事に咲いたのか?
20110126191825


<チューリップにちなむ伝説・民話 >


トルコ、ペルシャ

ある村にファルハドと言う青年がいた、彼は村長の娘シーリーンと恋をしていた。村の井戸が枯れたときファルハドは水を得るために穴を掘った。掘ることだけに必死になり、水を得る事が出来たが、その頃にはシーリーンは亡き人となっていた。恋人の死を悲しんだファルハドは崖から飛び降りて命を散らす。その砕けた体から出た血からやがて真っ赤な花が咲いた。それがチューリップである。


オランダ

ある美しい少女に3人の騎士が求婚をした。一人は黄金の王冠、もう一人は剣、最後の一人は財宝を。しかし、誰とも選べぬ少女は悩んだ末、花の精霊に姿を変えてもらった。王冠の花、剣の葉、財宝の球根をもつ。少女の名からチューリップと名付けられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

部屋の中に花を

東京の快適な一人暮し 快適な部屋36 部屋の中に花を  寒さに震えながら街中を歩いているとふと見かけたのが ”梅林”(参考:小品盆栽:長寿梅) である。  ここに梅林があることは知っていた、も...

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する