民主党は党内連立を!

  • 2010/12/13(月) 12:16:27


 この所、民主党は他党の社民党や公明党などと連立を組むかのような報道がされているが、まずすべきことは党内をまとめて挙党態勢で臨むことであり、党内が分裂している状態を直さない限り、今後選挙は厳しい結果となり、民主党そのものが与党から脱落するだけでなく、このままでいくと政党そのものがなくなるおそれがある。

 今、市民運動をはじめとし世論はしだいに小沢擁護に傾きつつある。つまり、秘書逮捕など一連の捜査は、捏造前田検事が行っており、小沢捜査・鈴木宗男議員収監など、一般事件の冤罪とともにこれから糾弾されていくことだろう。

それを、自公共などに乗って、今この時期に党内議員を追及する決定をするほうに岡田幹事長が動いたら、民主党の分裂は避けられないだろうし、民主党という政党の存在そのものもなくなるだろう。執行部は目を覚ませ!隠蔽メディアの報道さえも突き動かす市民運動に民主党は背を向けるな!他党へは、「検察への追及がこれだけ問題視され、捏造事件の前田検事が捜査をしており、党としては慎重に対処する。」として、党員を守ることだ。

やがて、明らかになるであろう冤罪で無実の党員を、民主党を窮地に追いやるようなことはすべきではない。これからは、小沢追及をしようとする政党は国民から冤罪 捏造に加担しているとそっぽをむかれるだろう。世論は見えないところで、捏造加担メディアをはるかに超えて、大きなうねりとなりつつある。

民主党執行部よ!対応を誤るな!政権交代を果たそうとしたときの挙党一致で党内連立で、国民の期待に答えて欲しい。まず、両院総会で全党員の意見を聞き、それから親小沢も反小沢も一緒に挙党態勢でこの困難を乗り切って、国民のための政治をして欲しい。菅さん、市民運動の市民の声に応えて!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

市民運動家は死語になった

気の毒な事に、市民運動家という言葉は汚い人物を指す言葉に変質してしまいました。
両院議員総会で菅代表更迭をしましょう。
日本再生の最初の一歩は過半数の議決で菅更迭です。
間違っても小沢抜きの連立工作に乗らないことです。
民主党再生は菅抜きから始まるのです。
テレビ・新聞に騙されないことが何より大事ですね。
最近、朝日新聞の社旗が星条旗に見えます。(笑)
朝日の星解説員の星は星条旗の星なんでしょう。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する