小沢裁判から見えてきた金融マフィアや創価学会の策略

  • 2011/12/07(水) 19:16:28

小沢裁判の池田元秘書が証人となる裁判の傍聴をした。傍聴券が当たり、傍聴することができたが、この日の傍聴希望者は二倍以上だったが、法廷に入ると空席が目立つ。

そういえば、Willと書かれた封筒を持った傍聴券売買業者がバイトを雇い、傍聴券を手に入れていたが、売れなくて空席となったのだろうか?それにしても、裁判所の敷地内で裁判所の職員に守られながらの売買とは何なのだろうか?傍聴券買占め業者によって、傍聴したい一般市民が締め出される。

裁判で感じたことは、動画で述べたので、ぜひ見て欲しい。小沢氏や冤罪被害者だけでなく、地球上で起きているデモやオキュパイ運動、さらには第三次世界大戦から世界統一政府樹立をたくらみ、99%を奴隷化しようとする金融マフィアの姿も見えてくる。

 金融マフィアや創価学会は、検察、マスコミ、裁判所、そして政治家らをお金で操り、鈴木宗男氏や小沢氏ら、本当の政治家を身動きできないように縛りつけ、彼らに都合のいい政治家や官僚しか生き残らないようにさせている。

 小沢氏や鈴木宗男氏を守ることは、多くの冤罪被害者や罪もなく年金や財産を奪われる99%を守ることになる。











このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る