超党派議員参加のTPP反対デモ

  • 2011/11/06(日) 17:22:13

国会議員が参加して、TPPに反対するデモが行われた。これまでどんなに市民が立ち上がり、最も民主的な方法でデモを行っても、裁判の傍聴同様罪人扱いされているようなのを見るにつけ、諸外国に比べ、まだこの国では市民権を得ているといえないと思っていた。

思いを政治の場へ反映してもらうにしても、その窓口となる政党・議員色がはっきりすることから比べると、この超党派の国会議員により行われたデモは左右を問わず、あらゆる人たちの思いを伝えてとの願いをこめたデモだったといえる。

 従来のように、デモの人数をはるかに超える公安や警察が、デモ参加者を警備する以上に犯罪者扱いをするような仰々しさが、このデモにはなかった。それだけでも、どれだけ気持ちがよかったか!

 市民が声をあげられなくなったときには、警察や公安といった人たちこそ、ロボットのように意に反しても動かされる存在となる。私達が声をあげられる民主主義なくして、命令で動く職務従事者にとっても居心地のよい国となるはずがない。

 その意味でも警備などもされているのだろうが、このように目立たずされているのは、言論の自由の保障されている先進国と初めて思えるデモだった。これはやはり国会議員が参加しているデモだからであろうか?

 TPPについては、「和順庭ブログ」ですでに述べた。

「今アメリカは内戦突入寸前か?オキュパイ地球とTPP」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1425.html

 国民を守るセイフティネットなしで参加することは、恐ろしいことだと思えた。外国で「消費税増税」を早々と宣言してきてしまう野田総理に何の議論もなく委ねることはできない。

 このデモをマスコミはどのように報道しただろうか?超党派の議員がデモに参加したことは日本の歴史の中でも特筆すべきことで、まず一面のトップに据えられなければ、マスコミはもはや国民を守るために機能しておらず、利権ぐるみで司法・行政・立法の腐敗を追及することなどできなく成り果てていると思っていたが、やはりこの危機に際しても何よりマスコミに危機意識のないことがわかったような気がする。

日本にとって導入して危険な事は危険性もあると報道して、メリット・デメリットあらゆる面から情報を与え、国民に正しく判断できるようにするのが報道の使命であるはずだが、既存メディアへの信頼は、3・11の大震災以降、失墜している。TPPについても同じ過ちを繰り返すのか?マスコミに、報道が果たすべきは何なのか?誰のためなのか?ということをあらためて問いたい。

_『「うそつきは民主党のはじまり!」っていうの知ってる?』って子供たちが言うぐらい、今民主党への信頼も揺らいでいる。政権交代をしたときに約束したマニフェストを反故にし、国民に説明のないままTPPに参加するとしたら、さらに信頼を失うことは明らかだといえる。

________________________________________

11/5(土)TPP反対:国民的巨大デモ
今から数日〜1週間が山場。ここで世論が盛り上がらなければ、野田首相の一言で交渉への参加が決まってしまいます。わたしたち自身の未来を救うため、反対の声をもっともっと上げましょう!【拡散希望】Stop TPP!! 国民的巨大デモ!? 11/5(土)13:00~14:00有楽町イトシア前で中野剛志氏ほか街頭演説。14:30日比谷公園でデモ出発。霞が関→財務省→官邸前等 主催「TPPを考える国民会議」
__________________________________________
ツイートテレビ

http://www.youtube.com/user/tweetTVJP

5:10あたりからTPP反対で誰も言わないアメリカのワナと本当の自殺者の数
(山田農水大臣に直訴していた、この人は不動産屋、とのことを後で聞きました。

保険や郵貯やパテントだけでなかった。
アメリカの弁護士がきたら大変なことになると警告
アメリカの株で日本の株を交換してのっとりも可能など
極めつけは自殺者の本当の人数は3万人どころでなく
10万人を超えてるとか。
それは自殺となると子供の結婚などで問題になるので医者にお金を渡して心不全などにしてもらっているから、とのこと。
 だから実際は変死者が多いらしい。
ちなみにこの人は弁護士ではないが、詳しくTPPについて読み込んだようだ。

 そしてその自殺者数も下記によると、まんざらとウソではなさそうだ。

http://luxemburg.blog112.fc2.com/blog-entry-81.html

http://ronri2.web.fc2.com/tokei02.html
(総務省の説明書によると、変死の半分は自殺、とのこと)


3:05あたりから本質をついたアメリカの陰謀の構図が市民により話されます。
国会議員もここまで理解されてないと思います。
 でもホント、この2人の障害者を抱えたお母さん、よく勉強してるなー、と感心させられます。以前、障害者自立支援法でも反対のデモに参加した、と聞きました。
お金がないのでインターネットをチェックするのが唯一の楽しみ、とも。

 さて、このお母さんの言う、covert war(密かな戦争) として今、進行しつつある戦争は
「AFRICOMによるスーダンでの密かな戦争」(キース・ハーモン・スノー)
http://mdebugger.blog88.fc2.com/blog-entry-168.html
2011年10月14日、オバマ米大統領は、来月にもウガンダ、南スーダン、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国(DRC)に100人規模の米軍(特殊部隊)を派兵する­。
米国の主要な動機は、コンゴに対する実効支配を一段と進め、石油・ウラン・レアメタルなどの資源確保である。
コンゴのムセヴェニ政権が開発と称して北部のアチョリ(Acholi)、テソ(Teso)、ランゴ(Lango)の人々に対するジェノサイドを実行し、その責任を「神の抵­抗軍」になすりつけている。
 一般的な世界の人権に関してはNGO ヒューマンライツウォッチが有名です。
http://www.hrw.org/ja

 なおおばさんの言ってるフランスのボルテール・ネットはかなり信憑性の高いネットのようだ。
http://www.voltairenet.org/en
関連の翻訳ページで
オサマ・ビンラディンの死の公式発表に関する考察(仏『ヴォルテール・ネット』―要旨)
http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/688.html

その他、このお母さんのお奨めのサイト
フランスのボルテール・ネット
http://www.voltairenet.org/en

イランのプレスTV Iran Press TV
http://www.presstv.ir/
 イランテレビのライブ
http://watch-tv-live-online.com/ja/online/b3830

ロシアトゥデイ Russia Today
http://rt.com/

プリズンプラネット Prison Planet Alex Jones
http://www.prisonplanet.com/






このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る