専業主婦の免除年収基準

  • 2011/09/01(木) 14:16:46

政府は、専業主婦らが国民年金保険料の支払いを免除される年収基準について、現行の「130万円未満」からの引き下げを検討する方針を決めたという記事が出ていた。

 こどもが小さくてまだフルタイムで働けなかったり、働きたくても保育所などが間に合わずに待機させている現状では、税制だけを取り上げて、このように削ろうとすることに無理がある。


130万円未満からの引き下げをすれば、必ずしも雇用促進につながったり、厚生年金の加入増加となるともかぎらない。主婦が教育費のかかる時期にパートをしているところから税収入を見込もうとするより、もっと考えるべき方法があるように思える。何か弱い者いじめのように思えてしまうのだが。

小泉政権の時に導入された高額所得者の頭打ちをもとに戻して、高額所得者も税収に応じた徴収をと思っていたが、これはどうやらもとに戻るようだ。税制だけでなく、社会保障など幅広く見渡して決定してもらいたいと思う。



_____________________________________________________


主婦年金、年収130万円の免除基準下げも

読売新聞 9月1日(木)3時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110831-00000935-yom-pol 
政府は、専業主婦らが国民年金保険料の支払いを免除される年収基準について、現行の「130万円未満」からの引き下げを検討する方針を決めた。

 厚生労働省が1日の社会保障審議会特別部会の初会合で、論点として示す。「週30時間未満」という労働時間の基準も、対象を減らす方向で見直す方針だ。パートなどで働く主婦の厚生年金への加入を増やして老後の保障を手厚くするのに加え、「専業主婦を優遇しすぎだ」という現行制度での不公平感を和らげる狙いがある。

 保険料が免除されている専業主婦らは「国民年金第3号被保険者」とされ、約1021万人いる。現行制度では、年収が130万円未満で労働時間が週30時間未満であることが要件になっている。「年収130万円未満」という基準は、夫の収入で所得税などの配偶者控除を利用できる「年収103万円以下」という基準とともに、主婦の働き方に影響を及ぼしている。
最終更新:9月1日(木)3時3分

_________________________
<

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

吼える石川ともひろ衆議院議員と三井環さんのシンポジウム

  • 2011/09/01(木) 10:53:41

 石川ともひろ衆議院議員の講演と三井環さんとの対談は、政界や検察に詳しい人しか知りえぬ事実に、どんどん話に引き込まれていき、時間を忘れさせる楽しいひと時だった。
 
 石川議員というのは、ひ弱で小沢氏の言いなりにばかりなっている人かと思っていたが、知識もあって、面白くたくましく生きているという印象で、検察相手に堂々と立ち向かえるだけのものを持っているということがよくわかった。

全編通しての中継録画の再生は今はUSTREAMの「阿修羅ちゃんねる」でご覧いただける。
http://www.ustream.tv/channel/asyura1

 ダイジェスト版だけでも見てもらえれば、石川議員の人となりがわかり、無罪であるということが確信できる。






石川さんだけの、ご自身の自己紹介も含めた中継録画の全て(1時間ぐらい)。





 また、三井環さんとの対談では、三井さんの元大阪高検公安部長としての経験や、裏金追及から陥れられて現在の石川議員同様な体験をしており、二人の息もぴったりだった。

石川議員がまだ裁判で有罪と決まったわけではないのに、推定無罪で離党勧告がされたときには、私自身、納得ができなかった。国民の信任を受けた議員に自公が議員生命を失わせようとし、それに民主党まで乗り、最終的には党に迷惑をかけないようにという配慮から離党せざるを得なかった。

 小沢失脚のための当時の麻生政権の国策捜査に、マスコミが加担し、国民の支持を得てなった衆院議員を抹殺しようとした。TBSは、水谷建設から5000万円の現金授受の再現現場を放送するということまでした。このことについても石川議員は詳しく述べている。今までも自公政権とマスコミ、検察はこのようにしてやってきたのだろう。


人権や言論の自由を守るべき立場の者が、集団で、権力で、陥れていく。一人の人間の政治生命や社会的信用をよってたかって失脚させようということは、簡単なのかもしれない。ましてや、集団ですれば、そのようにした者個人の罪の意識などないのかもしれない。時には、罪人の汚名を着せられたまま、死刑になった冤罪被害者もいるだろう。

ネットの普及により、やっと真実が語られるようになった。人権を守り、個人を尊重して、国民を守るために報道しているのは、受信料を徴収しているNHKではない。このことは、国民を被爆させた原発報道で明らかである。

 集団の力を借りて、個人の人権を貶めて権力が行使されていたのが、今までの日本であり、世界だったのかもしれない。操り人形のように上の命令のまま動かされ、尊い命が失われていった軍国主義の時代から、はっきりとした意見や意志を民主的に主張していく時代へ、戦後変わったはずなのに、いまだ多くの国民は、マスコミの情報操作に動かされるだけの存在に成り果てている。

 この石川議員の講演から、小沢問題も見えてくる。管政権から野田政権へ、何があったのかもよくわかる。検察がストーリーをつくり、マスコミにリークすることも。詳しい事情を知りえた者だけが語れるこのシンポジウムは行くだけの意味のある会合だった。

 石川さんと同じく警察裏金事件を告発寸前で冤罪逮捕された大阪高検公安部長の三井環さんとのやりとりと会場からの質問








_____________________________

藤島利久・新党市民 公式ブログ

本日31日19:00〜生中継/石川ともひろ議員の講演と三井環との対談 〜 市民連帯会(新党市民)藤島利久

http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/311900_3099.html

8月31日19:00〜 生中継開始 21:00まで

1部 石川ともひろ衆議院議員の講演(小沢一郎冤罪事件を語る)

2部 「小沢真っ白 VS 検察真っ黒」対談

・石川ともひろ衆議院議員(元小沢一郎議員秘書)
            VS
・検察裏金づくりを告発する!元大阪高検公安部長検事 三井環(市民連帯の会代表)

司会進行 藤島利久(市民連帯の会事務局長)
日時 8月31日 開場;午後6時半 開演7時〜9時終了
場所 文京区民センター 2A会議室
アクセス 地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋)
住所 東京都文京区本郷4−15−14
TEL 03(3814)6731
入場料(資料代等)  1000円 先着300人

*準備などを手伝って頂けるとありがたいと思います(準備開始は5時半頃からです)。別途・懇親会あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る