この頃思うこと

  • 2011/08/31(水) 12:18:22

この頃、「Tokyo Fashion Real Now」として、新宿や渋谷、原宿、池袋といったにぎやかな街を訪ねているが、日本が世界に誇れるファッションやレストラン、ショップなどの通りがつくれないだろうかと思う。ニューヨークのタイムズスクエアーや札幌の大通り公園のような広々とした誰もが憩える通りは東京では無理としても。

銀座のような高級ブランドなどの並ぶようなところは、どこの国に行ってもあるが、もっと安くてもセンスがよくて、おしゃれなショップの並ぶ、そんなところはどこだろうか?

景気が冷え込んでいるからそんな場合ではないかもしれないが、アメリカのニューヨークへ行っても、日本はひけをとらないと思った。あらゆる年齢層がショッピングだけでなく、楽しめるような場所。

 ショッピングモールのようなのではなく、日本の観光庁が日本をPRできて観光客をよびこめる世界に誇れるようなところがつくれないだろうか?

東京でもいいし、成田空港近くとか、場合によっては被災地あたりを国が一括買い上げ、計画的に日本が世界に誇れる観光都市(京都のようなのとは別に)をつくっていく。

勿論、放射能をとめなければならないし、とめても住民の安全の保障が得られないなら、住民は他の土地へ地域ごと移転し、その場所を国の責任で食の安全を徹底したところへ何年かかったとしてもよみがえらせるような計画も考えられるのではないだろうか?


などというとりとめもないことをこの頃思っている。


 アップせずにあった写真の整理をしていたら、絵を見に行ったときのがそのままになっていた。涼しくなってから、絵を見に行ったり、シンポジウムにでかけたり、その帰りに元大阪高検公安部長三井環さんを囲む会で三井さんとご一緒したり、とすごしている。

また、市民メディアに取材をさせない(DVD販売のためという理由で)シンポジウムや講演会に行ったが、主催者の事情とはいえ、内容も公開されないから他からの情報などによって内容に進展がなく、会員だけの閉鎖的な集団にどどまっており、何の魅力もない。

市民メディアは、市民がよりよく生き、その命を守るために、得た情報はすべて公開し、ブログにも貼り付け、情報拡散できる。

それが、市民のためなら、一刻を争うなら、著作権を盾に国民の命を守るかもしれないYOUTUBEを、削除してしまうNHKのようなことはしない。

 市民を守る市民メディアは、冤罪に泣いてきた一般の人たちや、小沢氏やその秘書も含めて、これらの人たちが報われ、力を発揮できるときまで、それまでできることを地道に続けていきたいと思っている。


 今日(8・31)もこれから石川ともひろ議員講演会「悪党小沢一郎について」に文京区民会館7時から聞きに行きます。(http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/post_057e.html ( #Ozawa live at http://ustre.am/sEr9)

 野田政権になって、流れが変わるといいのだが。




 
たまたま通りかかったお店、神宮外苑の「ピーターラビット」の花屋さんでお花を買って。


絵の展覧会で。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る