気をつける放射能汚染された海産物

  • 2011/06/19(日) 17:56:31

 まだ、放射能を止めることができないでいる。国民の間にも、何を食べればいいのかという不安が拡がりつつある。特に、小さな子供を持つ親にとっては、深刻な問題だ。できるだけ忙しくて調べることのできない者に代わって、調べてブログに載せていきたい。

魚や海草などの海産物は、三陸沖、北海道、四国沖、九州沖、沖縄、日本海のものを選ぶようにしたほうがよいということだ。海の汚染は、イカナゴから始まり、今は藻類がもっとも汚染されているようです。これから6月になると中型の魚、7月は大型の魚へと移行してゆく。

国からの情報が得られず、国を失った私達は、知り得た情報をできるだけブログに載せ、命を守る手立てとしていきたいと思っています。一緒にがんばっていきましょう!

_________________________________


 
武田邦彦 (中部大学)


 6月1日に産経新聞出版から「「エネルギーと原発のウソをすべて話そう」を出しました。事故の深層、今後のエネルギーが中心です。科学者の日記110608の「お米」は今年の収穫のものからです。

国を失った日本人(1) 海の汚染、はじまったか?
http://takedanet.com/2011/05/post_ab4a.html

ある出版社が、「外国」の環境団体が測定したデータを送ってくれました。

それによると、5月5日に江名港での測定では、アカモク(海藻)から放射性ヨウ素が基準値の60倍、セシウムが3倍でした(フランス環境団体測定)。

また四倉港のコンブ(5月5日)はヨウ素が50倍、セシウムが4倍で、海草類に汚染が拡がっていることを示しています(ベルギー原子力研究センター測定).

おそらく海藻の表面か、海水から直接、吸収したものと思われます.


また、勿来港のシラス(5月9日)は、ヨウ素は低いのですが、セシウムは2.2倍含まれていました。

・・・・・・・・・

福島原発の事故が起こった直後、日本人にとってもっとも大切な情報は「風向き」でしたが、気象庁は「俺の任務はIAEAに報告するだけ。日本に国民がいるとは思わない。勝手に被曝しろ!」と言って応じず、原発から北西の人たちが被曝しました。


3月下旬、私が風の情報をドイツ気象庁、ノルウェー、それにイギリスから得ていたとき、本当に哀しくなりました。


日本人が自分の命を守るために、日本の気象庁ではなく、ドイツの気象庁までデータをとりに行かなければならない。それも100年に1度もない気象上の緊急事態なのに・・・

哀しい・・・

今まで、真面目な日本、誠意のある日本、シッカリした役所などを信頼していた私。江戸時代から明治にかけての日本がヨーロッパより優れた文化を持っていたと書き続けてきた自分.

・・・・・・・

そして、また今、海洋国家日本が食材の中心となっている魚の汚染データを外国から得なければならなかったのです.

日本の海の関係機関や学者はデータを持っているのか、それを隠しているのか判りませんが、多くの人たち、お母さん方が「海は大丈夫かしら」と心配していることが判らないのでしょうか?

・・・・・・・・・

私たちは、国を失いました。自分で行きます! 

夏に向かって、魚の汚染が進み、貝、海藻の心配が増えます.また釣り、潮干狩り、サーフィン、海水浴のシーズンになりますが、国を失った民は当面、データがでないから諦めなければならないでしょう。

そのほかにもいくつか、問題点があります。

1)今回は、データ自身のつじつまは合っていますが、外国の環境団体のもので、信頼性がまだ十分ではないこと、

2)海ではストロンチウム、プルトニウムが問題だが、まだデータが無いこと、

3)この汚染がどのぐらい拡がっているかが判らないこと、

4) 海藻の汚染が早く、魚(中型が今から、大型が7月からと予想していましたが)の汚染が少し早まる可能性があること、

5)基準値は「それだけが汚染されている」という基準だから、「足し算」をしなければならない時には、基準値を10分の1にしなければならないから、すでに100倍ぐらいもあり得る、

ということです。

具体的には、三陸沖、北海道、四国沖、九州沖、沖縄、日本海の海産物を選んでください。

海の人に呼びかけたいと思います.

「食べる人が安心して買うことができるように、自分たちの手で測定してください。「自分の仕事より子供達の命」という日本人としての誠意を持って」


(平成23年5月26日 午前9時 執筆)


海の汚染の考え方と問題点
http://takedanet.com/2011/05/post_002e.html

海の汚染が難しくなってきました。

「難しい」というのは、魚や海藻が食べられなくなるという意味ではなく、人類が初めて体験する「海の汚染」というものが、かなり複雑な様相を見せそうだということです。

陸に降り注いだ放射性物質もややこしいものですが、それでも畑に降った「粒」は次第に地中深く下がっていくだけですし、そこに植えたホウレンソウも足がないので「歩きません」.

でも、海は、

「海流が激しく、魚が泳ぐ」

という二つの動きがあり、さらに

「深さ」

もあるので、なかなか考えるのが難しいのです.

それに加えて、「東電の妨害」があります。

東電はすでに福島原発から漏れた水の分析を終わっていると思います.その水は原子炉の中を通ってきていますので、蒸発しやすい核種(軽い元素か化合物)も、沈殿しているもの(重い元素や化合物)も両方を含んでいると思います.

具体的に言えば、ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムは含んでいるのは間違いない。あまり期待していないが、国民の健康のため発表を求める必要があります。

「海を分析する」より「東電から何が漏れたか」が判る方が正確に事実を把握できるからです。

・・・・・・・・・

海に漏れた元素はヨウ素、セシウム、ストロンチウムが主で、ヨウ素は海藻に、セシウムは中型から大型の魚の肉に、ストロンチウムは小魚にたまり、それが人間の体に入り、ヨウ素は甲状腺、セシウムはいろいろなところ、ストロンチウムは骨に入るでしょう。

今のところ、福島から千葉以外の海は強く汚れていることはありませんが、今後の動きに注意しなければならないと思います。

私は年齢的にもそれほど注意しなければならないことはないのですが、小型の魚は避けるようにしています.

・・・・・・・・・

ところで、問題は「地産地消」や「風評」のかけ声で生協やスーパーが全国に運んでいる汚染された食材、検査を拒否したお茶の葉、瓦礫、それに魚、海藻が「ゴミ」として捨てられ、それが「焼却炉」で焼かれると、その煙のなかには移動した分の放射性物質がそのまま出てきます.

放射性物質のやっかいなことは「煮ても焼いても、無くならない」ということです。「なにかを使って放射性物質を除く」というのは、「無くなる」のではなく、「別の場所に移す」ということです。

もっとも問題になるのは、「海水にでたプルトニウムが、魚に取り込まれ、それを調理したり、食べた人が残りを生ゴミに出し、焼却した場合」です。

プルトニウムは胃に入ると、人間は消化器からは取り込みませんから危険は少ないのですが、プルトニウムの微粒子が肺に入ると肺ガンになります.

つまり、プルトニウム問題は魚を食べることより、たとえば魚を裁いたり食べたりした残りを生ゴミに出し、それを自治体が焼却すると、プルトニウムの微粒子が自治体の焼却炉の煙突からでて、肺に入ると言うルートです.

これはかなり問題になるでしょう.

まだ、環境省はもちろん、各自治体も「放射性物質で汚染されたものを移動する」ということがどのような影響を与えるか、ほとんど考えてはいません。

彼らは、縦割り行政の中で、日本人の健康とは関係なく、自分たちの仕事だけが片づけばよいというどうにもならない考えだからです.

・・・・・・・・・

海の問題のもう一つやっかいなものは、「ストロンチウムやプルトニウムは測定に時間がかかるので、魚が腐った後、測定値がでる」ということです。


お寿司屋さんなどはどうなるのかと心配です.

海が汚れてきて、魚から放射性物質がでるようになると、「刺身や寿司」はすべて冷凍の魚を使わざるを得ないでしょう.つまり、検査結果が出てきてから食べるしかないからです.

福島原発のことで、日本の食の伝統が守れなくなるかも知れません.

・・・・・・・・・

海の汚染は、イカナゴから始まり、今は藻類がもっとも汚染されているようです。これから6月になると中型の魚、7月は大型と順次、移ってきます。


魚や海藻、貝は日本の食生活の中心をなすものです。東電がデータを出すのはもちろん、政府の機関は全力をあげて魚の放射性物質の測定をして、確実なデータ
を早く提供して欲しいと思います.

(平成23年5月29日 午前9時 執筆)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

やっぱりパフォーマンスだった「自然エネルギーに関する『総理・国民オープン対話』」

  • 2011/06/19(日) 17:37:01

 
 ネットで、自然エネルギーに関する「総理・国民オープン対話」 というのを見た。http://www.ustream.tv/channel/kantei-openkon
官邸がやるにしては、最初から音声が乱れ、よく聞き取れなかった。

「総理・国民オープン対話」と銘打っていながら、脱原発しているわけでもなく、自然エネルギーについても政策としてどのように実現させていこうとしているのかというビジョンも具体策もない。

最後には、首相の打ち水と扇風機論でしめくくられ、それが脱原発や自然エネルギーに対する官邸、現内閣のレベルをよくあらわしているといえる。
 ツイッター上から見る国民との対話の経緯(対話中のタイムライン表示)
http://twitter.com/search?q=%23openkonc

不信任案を辞任すると言って成立させ、成立すると続投すると言って、不信任案賛成議員を実に実にすばやく除籍や党員資格停止処分にした、人の善意を踏み台にして出世してきた処世術で、自然エネルギーを餌にNPOやNGOの善意の上に乗って、延命策をめぐらせようと、どう見ても思えた。

いまだ、多くの被災者が仮設にも入れず、避難所に置き去りにされている。

被災地の人たちは、飛散し続ける放射能に毎日脅かされ、子供たちを安心して育てることもできない。

食べ物や水、空気などについての国からの情報公開もなく、、首都圏の人たちはガイガーカウンタを買って家庭の汚染マップを作ろうしている。これだけとっても、もうこれ以上管政権には任せられない。

脱原発宣言もせず、自然エネルギーと言っても、またその場しのぎかと思われても仕方ないだろう。最後には、停止した原発も再稼動する可能性まで言及している。

これまで、市川房江、田英夫、石井紘基、三井環、小澤一郎、鳩山由紀夫を踏み台にしながら上り詰めてきたとしても、市民団体や国民を裏切るようなことだけは、もう願い下げだと思う。

 私達が、どれだけエコという名のもとに業界に振り回されてきたかは、このYOUTUBEを見るとよくわかる。レジ袋有料化のことは、かつて書いた。
「環境ビジネスか?   スーパーのレジ袋有料化」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-619.html
 また地球温暖化の真実を求めてにもいくつか動画がのっていてわかる。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/STOP-Ondanka/

国からの情報は何も得られず、何のスピーディな対策もとられず、国民は置き去りにされているといってもよい。

政権を維持しようとするだけのために口先だけの約束を繰り返す現内閣に、国民は踊らされず、真実を見極め、生き抜くためのネットワークを持たなければならないのかもしれない。




____________________________

自然エネルギーに関する「総理・国民オープン対話 」

12,846 : これまでの視聴数

1.6月12日(日)に官邸に5人の有識者をお招きして開催された「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」は、ネット動画中継を通じて延べ15万人を超える方々が視聴され、ツイッターを通じて1万5千を超えるコメントや質問を頂きました。この結果を踏まえ、今週末、6月19日(日)に、官邸にて「自然エネルギーに関する総理・国民オープン対話」を開催いたします。

 これは、前回の「オープン懇談会」の最中にツイッターで投げかけられた主な質問を取り上げ、総理が直接にコメントや回答を述べることを通じて、多くの国民の方々との対話を試みるものです。

 また、同時に、全国各地でグループで会場に集まり、この「オープン対話」に視聴参加される方々とは、動画中継を使って会場と官邸を結び、メッセージの交換をさせて頂きます。

2.開催日時 平成23年6月19日(日) 14:00〜16:00

3.場所  官邸4階大会議室

4.会場側 参加者

・菅 直人 内閣総理大臣
・福山哲郎 内閣官房副長官
・田坂広志 内閣官房参与
 [司会]藤沢久美 シンクタンク・ソフィアバンク 副代表

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る