民主党たちあがれ日本と連立?

  • 2010/12/24(金) 20:26:07


民主党がたちあがれ日本と連立を組むというニュースが流れた。どこと連立を組むというより民主党が挙党一致でまず党内をまとめてあたってもらいたいということは再三述べている。http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1079.html

岡田幹事長は、なぜ小沢問題についても小沢議員も含め民主党両院総会などで党員の決定後、もしどこかの場で説明するなら他党と交渉すべきで、まず他党の力を借りて小沢追及をするかのように、「国会にひっぱりだすとか、政治倫理会議で説明させるとか」言うのは、筋違いである。新聞に岡田幹事長が共産党の穀田国対委員長と会談し、「小沢氏を証人喚問にひっぱりだすしかない」と言われると、翌日のニュースで菅さんや岡田さんが「小沢さんを国会で証人喚問する」というのは、何なのだろうか?民主党内で話し合わないで、自民・公明・共産党に言われるままに流される内閣など、民主党内の支持も得られず、国民からも突き放され、ひたすら崩壊の道を歩むことだろう。

 他党に振り回されながら、同じ民主党議員を追いやろうというのだろうか?「小沢議員追放すれば支持率がまた上がるとでも思っているのだろうか?」今の内閣が権力闘争に血眼になり、国民の生活を忘れているとしか思われない。小沢議員には、立ち上がった市民がついている。その市民運動から起こった声に耳を傾けずして、日本の国をまかせられるだろうか?

 小沢氏の存在を悪人にしてそれをやっつける正義の仮面をつけるのはやめて、両院総会を開催して民主党勢力に常識ある小沢さんの力を加え、一致団結して困難を乗り越えてもらいたいと思う。間違っても無理にこの時期にひっぱりだして説明させるなどという愚行は国民は望んではいないし、「出て説明する」と言っていたときとは、状況が変わってきているということを執行部は理解すべきだ。日曜討論での枝野発言など、もってのほかだといわざるをえない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

小沢さん大いに語る

  • 2010/12/24(金) 12:20:39

 ニコニコ動画の岩上インタビューで、小沢一郎議員大いに語る。



 それにしても、マスコミの偏向報道はあいかわらずひどい。
今朝の「みのもんた朝ズバ」でみのもんたと与良正男の小沢攻撃があまりにひどく、「民主党が今後小沢氏に離党勧告をし、大連立をする」と言っていると電話があり、テレビをつけたときにはもう終わる頃だったので、この種の内容については聞かれなかったが、このような常軌を逸した攻撃がいつまで続くのかと思った。

この頃は、小沢攻撃をするキャスターには憤りを通り越してもうそのようなとらえかたしかしない者だと逆レッテルを貼っているので、「またか」ぐらいにしか思わなくなったが、その番組のスポンサーについては、絶対買うのはよそうと思うようになった。

 離党勧告を迫り、大連立をどこと組もうと今のような政権運営をしているなら何も変わらない。二分の一の民主党勢力で何かしようなんて思っても、それで支持者がついてくるはずなどない。自民・公明が証人喚問をいうのは仕方ないにしても、社民党・共産党まで言うなんて何もわかってないのかわかっていながらあえてその道を進むというのか理解しがたい。

年末は、大掃除・年賀状・美容院に行ったりと忙しく、ここのところブログもお休みしていたがやっとやるべきこともほぼ終わり、来週からはお正月を迎える準備にかかる。娘は嫁ぎ、息子は彼女とクリスマスを過ごし、あのにぎやかで慌しかったクリスマスイブもつかのまの休息となるようだ。久しぶりに昨日は小沢議員の元気な姿に私も年の暮れの忙しさに疲れていたが、エネルギーを得たようだった。

民主党があくまでも親小沢派と反小沢派に分けてやるというなら、民主党のポスターにも親小沢か反小沢かはっきり書いといてもらいたい。反小沢議員には絶対投票しないと決めている。

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る