10月の和順庭

  • 2010/11/01(月) 21:09:30

 10月31日(日曜日)、和順庭へ。
途中石釜パン工房へ。


台風後だったので心配だったが、ブットレアの木が倒れていたのにはびっくりした。ばらのアーチにからみついているミニトマトをすっきりさせる。



和順庭での作業の様子。和順庭でのガーデニングは、春と秋が過ごしやすいのですが、今年は、猛暑がいつまでも続き、やっと涼しくなったと思ったら急に寒くなって、なんだか夏から冬に一気になったようで、のんびりガーデニングが出来ずじまい。何かものたりないような気分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

羽田空港国際線ターミナル

  • 2010/11/01(月) 20:42:23

 羽田空港国際線ターミナルが、オープンしたとテレビでもかなり言っていたので、30日(土曜日)雨の中行ってみた。

江戸情緒あふれる街並みが再現されているということで、国際線ターミナルなので、かなり大きな広いターミナルを思っていたのだが、期待はずれだった。国内線のイメージからすると、あまりにこじんまりしている。 

お腹が空いたのでレストランを探す。4階が江戸小路として、ショップとレストランがある。高級専門店は、どこへ入ってもそれほど問題はないであろうが、あらゆる客層が入り、値段の安いものから高いものまでそろえているようなレストランに入れば、その店を入れているターミナルの質そのものもわかる。

「羽田食堂」という店は入ることにした。並んでいて、空席もあるのになぜか店員が案内しない。なんだか店員がぬるま湯につかっているようにのんびりしている。これで空港のレストランがつとまるのかなあ?と思った。

東京ラーメンと東京とネーミングしてあるのだから、よっぽど自信があるのだろうと頼んでみたが、これがまずかった。かなり待たされ出てきたには麺が伸びきっており、スープは味がない。こんなまずいラーメン食べたことがない。「こんなまずいラーメンに東京ラーメンなんて名づけないでほしいと思った。国際ターミナルとして、日本に降り立った外国人が、これが日本の味だと思われたらいやだと思った。日本そばの方がまだましだった。

ショップもみたが、狭いところに店が集中していて、なんかせせこましい。ハブ空港うんぬん言われているのだから、もう少しスケールの大きな日本を代表するような空港だといいのにと思った。









このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

腐敗の裏金づくり検察と闘う三井環氏に、民主党は支援を!

  • 2010/11/01(月) 14:18:44

 元大阪高検公安部長、三井環氏の検察に対する反撃がはじまった。三井氏自身も法務委員会でぜひ裏金づくりについて話したいといい、それについてここで語られたのは、非常に衝撃的な話であった。三井氏が口封じにあわなければいいと思わずにはいられなかった。裏金隠しに加担した原田元検事総長と当時の自民党森山真弓法務大臣、それに大林検事総長は証人喚問すべきだし、検察の腐敗を正すきっかけにもなる。また、小泉政権が法務検察と一対となり、石井紘基事件をはじめとし、裏金捜査をしない代わりに、闇に葬られた事件についてもあぶりだされることだろ。

「可視化法案提出のために民主党可視化議連が三井氏を呼んでおり、検察の裏金づくりについての話が前半部分で、後半部は質疑となっている。

情報提供者への謝礼にあてる約4〜6億円が総て裏金に回り、飲食に使われていたという。架空情報提供者をでっちあげ、公安事務課の職員が、架空の領収書をつくる。ただし、その裏金の恩恵にあずかれるのは、ごく一部の者だけに限られるという。

大手司法記者クラブに入っているメディアは裏金問題を報道すると、個々の事件の取材ができなくなる。検察の弱点が裏金つくり。だけどこれは犯罪で隠すべきことではないと、かつて果たせなかった裏金追求をぜひ民主党政権下で果たしたいとの三井氏の思いがあふれていた。

 三井氏のこの問題は、小沢・鈴木宗男・佐藤佐久氏らの捜査や逮捕にもいえることである。三井氏との約束を果たした鳥越氏に対して、法務委員会で追及することを約束していた菅総理大臣は、この問題について何ら言及していないのも不思議だ。首相として、検察・司法の腐敗を正せる立場にあるのにどうしたことだろうか?権力の座についたらそんなことどうでもよくなったということだろうか?民主党は、三井環氏の法務委員会への出席を果たし、三井氏を守り、検察・司法の腐敗を正していってもらいたい。 




裏金口封じ逮捕をデッチあげたのは、検察・裁判所・暴力団ぐるみの組織










このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る