法曹界がつくりだす冤罪の体験者は語る。

  • 2010/10/26(火) 23:20:31

 

 検察のデーター改ざんについて書かれているブログの記事に、コメントをいただきましたので、紹介したいと思います。

法曹界が作り出す冤罪について明らかになりつつありますが、組織を守るために、弁護士や裁判所、警察などがいっしょになって真実を隠蔽して、そのために泣き寝入りしたり、冤罪に苦しみながらも闘っている人たちがこれほどいるとは思いませんでした。

検察も裁判所も弁護士も正義のためと思っていたのが、それら特権階級だからこそ今まで隠蔽されていたのが、政権交代により癒着の構図がわかりはじめました。

この寄せられた体験と同じような思いをされた方が、かなりいるのではないかと推測されます。もし、よろしければぜひ体験をお寄せ下さい。


体験者は、語る。
 


10/10/25 体験者

 問題は検察だけでもない

 
 こんなの検察だけの問題でもないと思います。
私はパナソニック系列のパ○ホーム相手に欠陥住宅の裁判をしていましたが、パ○ホームは、ことごとく改竄捏造した工事記録を証拠として提出していました。

例えば、給湯器には、本体に製造番号と共に”5月製”とはっきり表記されているのに、パ○ホームの記録では、製造される1ヶ月以上前の3月25日に取り付けられたことになっていました。

パ○ホーム側の捏造したストーリーに合うように改竄されていたわけですが、これを裁判所に提出したパ○ホーム側の弁護士Yは、元裁判官で法科大学院の教授もしているそうです。

ネットで検索したら、弁護士倫理に関する本の著者としても名を連ねていました。またパナホーム側の証人も、打合せしてあったのでしょうこの内容どおりに、「3月25日に取り付けた。」と、思いっきり偽証していました。

法律家を養成教育している人物自ら、こういう悪質極まりない不正をしているのでは、法律家を目指す人に、私利私欲のためには、事実を捻じ曲げて、証拠の改竄や捏造をしなさいと、お手本を示して、教育指導しているのも同じ事です。

しかも、ニセの証拠に対する裁判所の対応も甘いもので、お寒い限りです。今回の事件は、検察だけでなく、法律家の教育養成段階から反省を求める必要があるのではないでしょうか。


10/10/23 名無しさん

裁判適正化に必要な事 昨今、検察が悪い、警察の取り調べがひどいというニュースがありますが、根っこは、構造的なものだと考えます。 自供の証拠化 判決に際して証拠説明に代えて証拠の標目で足りる、 とした戦時特別立法がまだ残っているからです。 以下をご覧下さい。

○峰崎直樹参議院議員提出「証拠の標目及び特信情況に関する質問」
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/168/syuh/s168114.htm
それに対する政府答弁
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/168/touh/t168114.htm

更に内田教授論考

http://www.seihokyo.jp/08.07.30gogaiPDF.pdf
もっと詳しくは ○久岡康成 立命館大学法学部教授の論文 「大正刑訴法と供述を採録した書面」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/07-6/hisaoka.pdf

取り調べの可視化で済む話ではありません。 胆になる、この二点を改正する運動が今こそ求められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

なぜ、第三者機関の座長が千葉前法務大臣なのか?

  • 2010/10/26(火) 16:55:23

 千葉前法務大臣が大臣に就任したとき、検察特捜部が躍り上がって喜んだという記事を読んだことがあった。なぜ、また、大阪地検特捜部の押収資料改ざん・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関の座長にその千葉前法務大臣をあてるのだろうか?中井たかし元国家公安委員長がなったらどうしようと検察は、震えていたというのだから、中井元大臣あたりをあてるならまだわかるのだが。

 柳田稔法相は26日の記者会見で、大阪地検特捜部の押収資、あれだけ料改(かい)竄(ざん)・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関「検察の在り方検討会議」の座長に千葉景子前法相を起用したことについて、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と言っているというが、千葉前法務大臣が第三者性を保って、厳しくやれるとは思われない。

 菅さんと仙石さん、千葉さんは、全共闘時代の仲間と聞いたことがある。今は弁護士の千葉さんは、辞任の頃にあわてて死刑場公開をしたぐらいであれだけ望まれていた可視化も実現しなかったし、村木局長逮捕・拘留をはじめとして、検察特捜部の改ざんなど千葉前大臣の任期中でもあったのだから、この人だけははずすのが筋のはずだ。それを、任命するなんて、とても正気の沙汰とは思えない。しかも、国民の信頼を得られず、選挙に落ちているのに。

気心知れてる仲間だからなのか、それを、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と言い切る柳田法相についても、このまま任せ、冤罪捏造法曹界を正せるのかと疑問になる。

 もし、小沢捜査をはじめとし、鈴木宗男、三井環 各氏などの冤罪について、菅内閣が仙谷官房長官任せにして、民主党のマニフェストで言っていたような官僚体制を正さず、自公政権時代と同じような政権運営しかできないとしたら、民主党支持者はしだいに離れていくことだろう。

誰がなんと言っても、冤罪被害者を菅さんには救って欲しい。三井環氏の告発を菅さんがするはずだったのだから、権力を行使できる座についたら、大鉈をふるってもらいたいと思う。法曹界の官僚と癒着した体制を正していってもらいたい。

 今、巷では、これができるのは小沢さんとそれを支持する民主党議員と目覚めた市民しかいないと言われている。菅さんは、もし検察審査会が国民を利用し、一部で言われているように開催もされず、議事録すらないのであれば、それを国民に公表し、指揮権を発動してでも、断固たる態度をとってもらいたいと思う。

 昨日、テレビを見ていたら、「北海道の選挙で自民党の町村議員が当選し、民主党候補が負けたのだから、民主党は小沢国会証人喚問をしろ!」という趣旨のことを自民党の議員が述べていたが、とんでもない。(ついでながら、これで北海道は、小林千代美議員辞職、鈴木宗男議員収監、小沢氏秘書石川議員裁判、鳩山さんが引退したら、自民町村大国になるのか?)なんで、選挙で負けたことと小沢喚問が関係あるのだろうか?負けようが勝とうが、それとこれとは関係ないことなのに。何とかして小沢氏の政治生命を断とうするのは、見苦しい。

仙谷体制を谷垣自民党も応援し、日本国民を守れる唯一の政治家小沢一郎をつぶそうというのだろうか?谷垣(自民党)・山口(公明党)・福島(社民党)ら各氏は、いずれも弁護士として仙谷氏と親しいのかもしれないが、法曹界が冤罪を作り出す組織となっている以上、その長きにわたる官僚体制を正すためには、法曹界でもちつもたれつの関係にあった千葉氏では駄目だということだけははっきりしている。

 このような人選をした責任は、菅内閣にある。菅さんは、仙谷さん任せにせず、民主党がめざした政権交代の理念にむかって目覚めて欲しいと思うのだが。まだ、眠っているのですか?




柳田法相、千葉氏起用は問題なし 日弁連の懸念に「意味分からない」

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101026/plc1010261311011-n1.htm
2010.10.26 13:07
このニュースのトピックス:特捜部
 柳田稔法相は26日の記者会見で、大阪地検特捜部の押収資料改(かい)竄(ざん)・犯人隠避事件を受けて設置する第三者機関「検察の在り方検討会議」の座長に千葉景子前法相を起用したことについて、「しっかりとした議論で改革案を出していただけると思って選んだ」と強調、改めて人選に問題はないとの認識を示した。

 千葉氏の起用をめぐっては、日弁連は同事件の発端となった郵便不正事件の公判中に、千葉氏が法相を務めていたことに関して「第三者性が確保されるか重大な懸念がある」と問題視している。だが、柳田氏は記者会見で「『第三者性』という意味がよく分からない。(千葉氏は)今は大臣でもなければ、弁護士だ」と反論した。

 また、千葉氏が法相として臨んだ今年7月の参院選で落選し、その適格性について有権者の厳しい審判が下されたことについても、「選挙に出て負けたからどうのこうのというのは、(起用を左右する)理由にはならないと思っている」と答えた。

 この問題では、菅直人首相も25日の参院予算委員会で「(千葉氏を起用した)法相の判断をいい判断だなと思う」と述べている。

千葉氏起用批判に法相反論 「改革案出してもらえる」

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102601000196.html

 柳田稔法相は26日の閣議後記者会見で、大阪地検特捜部の証拠改ざん隠ぺい事件を受けて設置する第三者検証機関の座長に、千葉景子前法相を起用したことを日弁連などが批判していることに「千葉氏は今は弁護士。大臣を辞めた後、検察に大変厳しい意見を言っている。しっかりした議論で改革案を出してもらえると思う」と反論した。

 日弁連は、厚生労働省の文書偽造事件の公判継続中に千葉氏が現職だったため「第三者性が確保できるか重大な懸念がある」と疑問を示していた。

 柳田法相は、検証機関の発足時期について「11月の早い段階で1回目をやりたい」と言及。議論が公開されるかは「メンバーが決めるが、最低限テーマは公開されるのではないか。すべて秘密とは思わない」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

デモに行って知ったこと。  法曹界がつくり出す冤罪。

  • 2010/10/26(火) 10:44:24

 デモに行ってから、忙しくて書こうと思いながら書けなかったことをやっと書きます。まず、とても地味なデモでした。市民がそれぞれの思いをもって集まってきたというような、動員された組織による団体参加というような幟も見当たらず、ただ、黙々と市民が歩くというようなデモだったと思います。(途中、デモの人が着ていた小沢ティシャツを見つけてか、学会員とみられる人から「創価学会の邪魔しないでね!」と言われたりもしました。宗教課税がらみの反小沢勢力なのかもしれません。)

このデモ参加によって、今まで知られなかったような情報が得られ、冤罪に苦しむ人たちがこれほどいるということも知りました。そういう意味では、非常に意義深いものがありました。

 デモに出発している人たちを撮影し、最後尾に近いところを歩きましたが、小沢一郎・鈴木宗男・三井環・佐藤栄佐久各氏など冤罪に苦しみ人を支援しようという参加者が多かったからか、警察・裁判所・弁護士などによるでっちあげ事件に遭い、負けずに闘っている人たちが私達の周りにいて、貴重な話を聞くことができおました。とても、他では聞くことのできぬような体験談でした。冤罪に泣く人たちの存在が、政権交代により徐々に表に出てきたといえます。

 政権が交代するということは、このようなことなんだと思いました。はじめは、それほどたいしたことでないのに、隠蔽しようとする者たちによって、泥沼化してゆく。そんな中で、負けずに闘っている人にとって、このデモの存在は、自分だけではないという思いで参加できるデモだったといえます。

事件を隠蔽しようとして戸籍の改ざんを発見し、それを追求しようとして、警察・裁判所・弁護士などがいっしょになって、揉み消そうとする。どこへももって行き場がなく、悩み・苦しみ・財産もとられ、身内の自殺にもあい、絶望のふちから這い上がり、今も裁判中というような方々でした。これら、特に裁判所のでっち上げにあった人たちにとって、救いの存在となったのが、自らもでっち上げにあい、最高裁の門前で毎日訴えている大高さんという人の存在だったといいます。


裁判所の嫌われ者と言われている大高さんのサイト
http://www.justmystage.com/home/kunimoto/index.html 

 裁判所から絶望の思い出てきた人たちが、大高さんの存在によりつながり、被害者は自分だけではんとお互い励ましあいながら、今日まで来ることができたと言います。神様のような存在だったとデモに来た人たちは言っています。隠蔽するために裏で暗躍しているものたちに、個人では立ち向かうすべもなかったのですが、大高さんの存在により被害者が精神的に結びつきながら、ここまで来れたと言います。

 特捜部について、今私たちは検察が必ずしも正義ではなかったと気づきはじめましたが、それよりももっとひどいのが裁判所だったと皆口をそろえて言っています。国民参加の裁判員制度が実施されるようになったのも、このようなことがわかりはじめたからかもしれません。勿論、警察も検察も裁判所も役所も弁護士も全部が全部このような人たちではないのですが、事実、国民の知らないところで闇に葬られているような事例が随分あるということもわかりました。

 可視化といながら、されないのは闇に葬っていた事実があきらかになることや、それにより弁護士の仕事がなくなるからとも言っていました。検察や裁判所・弁護士の癒着により冤罪被害者に仕立てられた人たちの叫びがありました。小沢さんや鈴木宗男さんらだけではないのです。多くのこれら癒着による冤罪被害者たちが、集まりはじめてます。官僚体制の中で今まではまかりとおってきたことが政権交代により、官僚体制にメスが入れられることの恐怖心からこの小沢捜査は、はじまったのかもしれません。これから、このデモをきっかけに堰を切ったように、新たな事実が出てくるかもしれません。

 今の政党のトップは、弁護士が多い。利権の中にいた結びつきで、これでは何も変えられない。官僚体制を変えられるのは小沢さんとそれをサポートする民主党の半分の国会議員と私たち目覚めた市民だけ。仙谷内閣から菅さんは脱出しないと!(弁護士出身の自民党谷垣・公明党山口・社民党福島 各党首はどうなんでしょう?癒着の一端を担っていないでしょうか?)

 このことについて書かれたブログと当日のデモの様子を挙げておきます。


服部順治のめざまし政治ブログ
  
 
 (旧落選運動ブログ) 
http://rakusen.exblog.jp/13493344/
 検察だけでなかった:裁判所も含む法曹界全体の腐敗〜デモを中継して〜.今日のデモを取材していて、この日本の本当の巨悪を身を持って知る人たちから、この日本の本当に変えていかなければいけない仕組みの一端を知ることができました。
 
 それはこの国を明治時代から支えてきた官僚機構だと言うのです。
それもトップは裁判所を含む法曹界全体で、人間で例えれば、頭が腐っていると言うのです。(^_^;)ありていに言えば、裁判などで生活している人たちのこの国の仕組みや官僚機構だというのです。


検察の捏造の問題などはまだまだ小さくて、その上に国民に隠されている司法の腐敗した権力・官僚組織がある、と訴えるのです。その問題は、マスコミなどに訴えても、どこも報道できなくて、みんな逃げてしまう、というのです。
 
 まだまだ一般の国民にマスコミは本当の問題を知らせていない、それが司法権力の腐敗だと言うのです。
そしてそれを変えていくには、豪腕が必要で、本当にそれがやれる政治家は小沢さんや民主党の国会議員の半分を占める小沢さんのグループしかいない、と言うのです。
 これにはびっくりし、参ってしまいました。(^_^;)
この事実はとても既存のマスコミでは取り上げることはできず、可視化に反対するのは、実は弁護士さんたちでこれが施行されてしまうと、検察や裁判所と裏取引ができなくなり、特にやめ検弁護士にとっては、生活の糧がなくなっていく、と言うのです。
 
 そしてよーく、見てご覧なさい。
政治家や官僚を実質的に動かしている政治家はだいたい弁護士さんで、例え、菅さんら総理大臣が可視化したほうがいい、と思っても、弁護士や法曹界で生きている人たちはこぞって反対する、と言うのです。
 そしてカーテンの裏に隠されている「司法による冤罪事件」を頭に、司法、検察、行政、そしてマスコミもグルになって、その真実を知った人たちを無視し、ひどい場合は消そうとする、と言うのです。
 ただ、自民党から民主党に政権が変わったおかげで、少しずつ、今回の検察捏造問題の事件が明るみにでるようになってきた、と言うのです。
自民党時代なら、厚生局長の村木さんの件は、絶対、表に出なくて、有罪になっていたケースだとも言うのです。
 
 そしてこの国を変えるには、この明治以来の法曹界をトップにした官僚機構そのものをもっと市民の目線でチェックして変えていかないといけない、と言うのです。
 実は、こんな日本の本質的な問題を知っている一般の人たちが小沢さんを支持しているのです。

ある人は言いました。
政治家で100%真っ白だ、なんて人はありっこない。
誰でも赤信号の横断歩道を渡って、法を犯した人たちがほとんどのように、政治家に、そんなクリーンさを求めること自体はあまり重要ではない。

この国の本当の問題はどこで、それを変えていくことが政治家の本当の仕事なんだから、まず、それをやってなんぼ、という世界なのだ。
多少の昔からの蓄財がどうした、何か、小さい、小さい。
この国をよい方向に変えていかれるか、どうかが、政治家に求められている資質であって、今の菅さんにはそれは望めない、と言うのです。

それは菅さんの目を見ればわかった、と言うのです。
あの目はもう死んでいます。
 このままでは、まずこの国の経済がおかしくなっていきますよ。



当日のデモ
 

http://www.ustream.tv/recorded/10387967
実況中継中は、雑音や人の足元ばかり映る不手際で、ご迷惑をおかけしました。再編集しました。デモの様子をそのまんま流して います。4分すぎから、ものすごい真実が話され始めます。 また1時間1分頃から神子さんからノーテンキな国民に対しての鋭い指摘が あります。 これは市民メディアでしか流せない内容です。

 最初の司法の被害者の会の人たちで、名前を流してもいいと言われたのは
元千葉県柏市市会議員の小川達郎さんと、100%裁判所の犯罪の証拠をもっている、といわれている千葉県富津市の神子さんです。

* 神子悟氏の子息が富津警察署外に交通事故被害者から加害者に 
http://www.justmystage.com/home/kunimoto/newpage3.html

落選運動のサイトからも直接、見られます。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/index.html

 なおUSTREAMで他にも中継されていた方のビデオ放送はここにあります。
このデモの様子だけでしたら、この方が忠実に中継されていました。
http://www.ustream.tv/recorded/10387695

http://twitcasting.tv/keiichi__/movie/630840

 うまくまとめたビデオニュースは下記にあります。
日刊AFPニュース
タイトル:「検察・検審の横暴を許すな!」 ツイッターで呼びかけ約1000人が都内でデモ行進

撮影日時:10月24日(日)

http://www.apfnews.com/whatsnew/2010/10/apf_sp_1000.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る