『10/24 検察・検審を糾弾するデモ』の実況中継をします。

  • 2010/10/24(日) 09:37:34

12:30から、随時『10/24 検察・検審を糾弾するデモ』の実況中継をします。

http://www.ustream.tv/channel/和順庭の四季おりおり




これから行ってきます。それでは、お楽しみに。

なお、うまくまとめたビデオニュースは下記にありました。
日刊AFPニュース
タイトル:「検察・検審の横暴を許すな!」 ツイッターで呼びかけ約1000人が都内でデモ行進
撮影日時:10月24日(日)

http://www.apfnews.com/whatsnew/2010/10/apf_sp_1000.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『10/24 検察・検審を糾弾するデモ』 デモに行きます。

  • 2010/10/24(日) 01:42:09

 和順庭から帰って、眠い目をこすりながら、プラカードをつくりました。デモの準備をして、明日が天気になることを祈りつつ寝ることにします。

デモ主催者よりの最新情報です。明日お会いできるのを楽しみにしています。

 なお落選運動のサイトを見ると、こんなプラカードを作っていました。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/


   


『10/24 検察・検審を糾弾するデモ』 集合案内
  


【速報】24日のデモの予定決まる!12:15水谷橋公園集合!

http://nicoasia.wordpress.com/
Posted on October 20, 2010 by nico
[情報(デモ参加時の注意事項)追加(10/21 12:00更新)]

10月24日(日)の東京デモの集合場所・時間が決定し主催者の方より発表されましたので、お知らせします。

主催: 「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」

テーマ:「検察・検審を糾弾するデモ」

集合時間: 12:15集合 12:30スタート

集合場所: 東京都中央区銀座1丁目12 水谷橋公園 
 
 集合場所の地図リンク

コース:   外堀通り経由で、日比谷公園まで行進
*デモ集合場所の地図リンクはツイッター「徳さん」のご厚意によるものです。ありがとうございます。
http://www.mapion.co.jp/m/35.6710861_139.77310554_8/v=m1:%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E9%8A%80%E5%BA%A71%E4%B8%81%E7%9B%AE12-6/

『検察・検審を糾弾するデモ』 追加情報
 

http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/小沢一郎に日本を託す会ブログ

「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」から、10/24デモにお集まり下さる皆さまへ、参加上のお願いがあります。


以下に掲載いたします。

***************************************************

1.準備について


◇プラカードの作成

•  手作りプラカードの作成には、語句をワード等で作成して家庭プリンターで印刷し、同じサイズの厚紙に張るだけです。
    ✔ ひもを通せば首から下げることができ、棒に付ければ掲げることができます。

    ✔ 主催側にても若干数を用意しますが、オリジナルも可です。

    ✔ 語句は短め、文字は大きめ、がよいかと存じます。

  ご注意

•過激な扇動的表現や、「〜せよ」 「〜しろ」などの強圧調の表現は、今回のデモではつとめて用いない方針です。
•通行中の一般の方々に、理解を求めることが主な目的ですので、反発を誘うおそれのある語句の使用は、極力避けていただけますようお願いいたします。
   
  例)

   「検察審査会は国会に会議録を提出せよ!」
    ↓
   「検察審査会は国会に会議録の提出を!」

   「特捜検察は冤罪をやめろ!」
    ↓
   「特捜検察の冤罪を許しません!」・・・等。

•また、今回のデモと関係のない主張のプラカードや配布物は、使用をご遠慮ください。


◇必須ではありませんが、簡易メガホンは、大手の100円ショップで販売していることが多いそうです。

◇撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスクなどを御準備ください。

◇なるべく歩きやすい靴にてお越しください。

◇威圧感・不快感を与えるおそれのある服装は避けてください。




2.当日、集合場所で

•腕章を装着したスタッフが、説明・ご案内いたします。なにとぞ御協力のほどお願いいたします。
•集合場所は小さな公園ですので、大勢が参加されると、入りきれないかもしれません。近隣や通行のさまたげにならないよう、ご配慮よろしくお願いいたします。
•公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、一般の利用者にできるだけ迷惑にならないようお気遣いください。
•近くのお店などへは、問い合わせの電話を掛けないようにして下さい。デモとは全く関係ございませんので、ご迷惑になります。


3.デモ行進にあたって

•一般市民や通行中の方々に、広範な理解を求めるアピールを行うことが、今回デモの主な目的です。

•デモ参加者全体、ひいては、われわれが守ろうとしている人々にまで及ぶ印象に留意し、良識と節度あるふるまいを保って下さい。

•ヤジを投げられたり、からまれるなど、挑発を受ける場合があるかもしれません。決して相手にならず、平静を保ってください。

•一般人と、または参加者同士で、トラブルになりそうな状況を見たら、警備の警官もしくはスタッフを呼んで、対応を委ねてください。当事者でなくてもかまいません。早急にお知らせ下さい。


4.解散時

•次回デモのご案内をいたします。
•同じ問題意識を抱いた方々との、出会いや交流の場でもありますが、交誼にあたっては各自判断にてお願いいたします。


以上のお願いに不同意の方は、今回デモへの参加をご遠慮ください。

また、当日、衣服や言動にはなはだしく問題のある方は、主催者判断でお引き取りいただく場合があります。ご了承ください。

***************************************************

節度ある言動で今回のデモを成功させたいと願っています。

皆さまのご協力をお願いいたします。




10月23日19:00現在の主催者の方からの情報は以上の通りです。

[追加情報:デモ参加者へのお願い]
http://nicoasia.wordpress.com/書に触れ、街に出よう nico's blog
デモ主催者の方からツイッター経由でデモ参加者へのお願いが回ってきましたので、紹介いたします。

「デモスタート前に警察からの安全、警備 上の注意並びに主催団体からの禁止事項やお願いは、申し述べますがデモ隊列の内外を問わず、他人に対し暴力的行動や危害を加える人物は、即デモ参加者とは みなさず、隊列から排除、悪質な場合は警察に引き渡します。くれぐれも民主的な意思表明行動を逸脱しない。」
「デモ行進中は歩道や車道から挑発的な野 次や罵倒があっても、決して挑発に乗らない、隊列から出ない。友好的声援に、笑顔で手を振る位にしてください。守れない場合にはすぐに隊列から、排除し警 察に引き渡しますので。当該本人が罪に問われる場合があります。そんな人はいないでしょうが一応お願いです。」
今回のデモは今後運動を継続していく上で重要なデモで、主催者の方々も参加者の方々も成功させたいとの思いでいっぱいだと思います。

もしデモ参加者内で暴れだすような輩がいたりすると、その部分だけをマスコミに撮影され否定的に報道をされ、デモそのものがぶち壊しになる可能性もあります。「暴徒暴れる、背後に小沢氏」などとうそつき新聞に書かれるのがオチです。

主催者のご努力とご厚意に応えるためにも、ルールを逸脱する行為を控え、またそのような行動を起こそうとする人がいたら、周りの人と協力して防ぐことが大事だと思います。そのような人物は、潜り込まされたスパイかもしれませんので、「隊列から排除、悪質な場合は警察に引き渡し」という主催者の方針はやむを得ないことと考えます。デモに参加する方はできるだけ周りの参加者の方々とコミュニケーションをとるようにすればいいのではないかと思います。

またビデオカメラをお持ちの方は予備のバッテリーと一緒に持参されることをお勧めいたします。「報道」とか「PRESS」などの腕章をつけて撮影すればなおよいと思います。(腕章は100円ショップで売ってるのを見たことがありますよ)

私の世代ではよくわからないのですが、年配の方がおっしゃるには、昔のデモ当時は、警官がデモ隊に近づいてきて、自ら「痛っ!」などと叫んで転がり、それを契機に警官隊がデモを弾圧するようなことがあったそうです(「転び公妨」を参照ください)。現代においてそのような姑息なマネをするとは考えにくいのですが、近年の「麻生邸見学ツアー」という催しでは、参加者がただ道を歩いているだけで、警察に襲われ逮捕されるということがありました。デモを守るという意味と、記録を残すという両面でビデオ撮影は大事だと思います。

私からこのブログを読んでおられる方々へのお願いなのですが、外国メディアにぜひデモの取材に来ていただけるよう依頼していただけないでしょうか。AFP、Reuter、BBC、アルジャジーラ、シンガポールのChannelNewsAsiaなどが取材に来て、日本の現状を世界に伝えることができればと思います。英語のデモ案内も当ブログで作成・掲載しておりますので(英語間違ってるかも知れませんが)、ご自由にご活用いただき、ご協力をお願いいたします。

*正式な許可が22日午後正式にに下りたとの情報が主催者の方からツイッター経由で入りました。ネット上では情報が多少錯綜しているようですが、このブログでは当初から情報の信頼性を確保するため、情報ソースは主催者の配信した一次情報のみに限定しており、確度の高いもののみを内容をまとめて配信しております。主催団体のウェブサイトが立ち上がれば、そちらでも情報の確認をお願いいたします。(註:10月23日19:00更新)
——————————


[このデモに関するその他の情報サイト]
「小沢一郎に日本を託す会ブログ」
また近日中にデモ主催団体「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」もサイトを立ち上げるとのことです。
[その他関連記事]
・24日デモ情報英語版 Calling for Massive Demonstration to Protest against Prosecutors’ Office & OCIP in Tokyo on 24 October (Sun)
・「独立国家」を目指して 〜10月24日のデモは歴史の転換点〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

10月の和順庭を案内します

  • 2010/10/24(日) 01:13:00

10月23日の和順庭です。



涼しくなったせいか、夏の間あまりとれなかったなすが、なっていてびっくりしました。

ベランダでも、食べた種を蒔いたのが、いつの間にか育っていて、この時期にピーマンがなっています。


ルッコラも


陽が沈み、暗くなって仕事を終え、小手指へ。買い物をして、大戸屋で食事。




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る