明日は民主党に投票

  • 2010/07/10(土) 16:54:43



 入院中、ずっと選挙のことや政治のことを考えていました。

 政権交代を果たして以来、続くマスコミによるバッシングも鳩山政権から菅政権に代わり、少し落ち着いたように思えます。このまま民主党に政権をまかせて様子をみたいというのが、私の考えです。

 勿論、民主党に投票したら消費税10%容認となってしまうのではとか、日テレあたりでさかんに言ってるようなみんなの党あたりといっしょに連立を組んでしまうのではという不安もあります。

 「みんなの党」と組む、これだけは、絶対いやだと思うのです。そうなれば、小泉改革の「痛みを伴う政治」と何ら変わりがありません。この党にだけは入れて私たちの生活がよくなるという見込みはありません。

今までの自公政治で日本の国民の生活はよくなるどころか、払ったはずの年金の未納問題をはじめとし、ころころとトップの変わる国際的な信用をなくす事態ももうこりごりです。

 
消費税については、小泉政権のときに高額所得者に行った頭打ちをもとに戻したりという税制全般をトータルに見直すことにより、はっきりとした税金体制を国民に示し、問うてほしいと思います。

 マスコミは、さかんに「民主党過半数割れ、みんなの党躍進」と予想していますが、この「みんなの党」にかぎらず、「立ち上がれ日本」「舛添新党」、「首長新党」、自民党の統一会派だった改革クラブの大江参議院議員が所属する「幸福の科学」など、自民党別働隊はどれに入れても、自民党に入れたのと同じです。

やっと国民が政権交代を果たしたのに、今までマスコミに限らず、あらゆる利権がらみのバッシングを民主党は受けてここまできました。

 政権交代を果たしたのだから、落ち着いて政治ができるようしばらく支えてみてはどうかと思うのです。

国民の下した政権交代という日本の歴史上輝くべき事実を、もう少し長い目で見ていきたいと思っています。

 日本を守る政党は、どこなのか?国民のことを考えている政党はどこなのか?よく判断して投票したいと思っています。


参考ブログ 落選運動

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

退院  聴力が復活して

  • 2010/07/10(土) 16:21:06

 入院していましたが、右耳の聴力も左にはまだ及ばないもだいぶ回復したので、退院し、自宅療養に切り替えることになりました。

 3日に紹介状をもってこの病院を訪れてすぐ入院と言われてから、ベットの空くのを待って5日の月曜日に入院、今日10日(土)に退院するまで、右耳急性感音難聴の治療のため、途中二回の聴力検査の結果をみながら、ステロイド剤の点滴を続けていました。


 なおこの突発性難聴という病気は浜崎あゆみさんがなったことで有名になったそうです。私自身は知らなかったのですが。

http://news.ameba.jp/domestic/2008/01/9971.html


 さてステロイドによる点滴などの投与は、薬が強いため二週間しか受けられず、その間に聴力が回復しなければ、聴力を復活させることが難しくなると言われていました。

かぜによるウィルスや、度重なる心労がストレスとなり、また、一日中大きな音を聞かされるという偶然も重なって、右耳の低音部があまり聞こえなくなり、歩いてもふらつきと精神的不安定という症状がでました。

 ただ、私の場合とても運がよかったことは、かかった内科のあるクリニック内に耳鼻科があり、紹介状をもってその日に受診、難聴を発見され、すぐにステロイドの飲み薬を飲み、翌日には入院設備のある病院で、入院予約とステロイド剤の点滴を受け、自宅療養をよぎなくされた日曜日のアドバイスも受けることができたということでした。

 この病気は、発症一週間以内に治療が受けられれば、聴力の回復もみこまれます。が、時間が経つと、回復は難しくなり、やがて聴力は固定してしまうと言われています。

 当分これから、病院と同じような安静に自宅ですごす生活が続きます。明日からはたまった洗濯などの家事も久しぶりにしなければと思っています。

徐々に日常の生活に戻るつもりでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る