韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没と米原子力潜水艦コロンビア

  • 2010/06/20(日) 02:24:30

 

どうしても書きたいと思いながら母の介護申請のことなどで書きそびれていたのが、この韓国哨戒艦のことだった。

日本のNHKにあたる韓国のテレビが事故後すぐにアメリカ兵の救出について映像を流していたのに、なぜか一切報道されなくなり、そして北朝鮮による攻撃だというニュースが全世界に流された。

韓国・北朝鮮・中国・アメリカそして日本、アジアの国々は戦争になるのではという緊張感に包まれた。

国民感情として、拉致事件をはじめとし、この国については許せないとか何をするかわからないという不安があるのは事実だが、その一方で、

「ロスチャイルド家が中央銀行の所有権を持っていない国は、全世界でアフガニスタン、イラク、イラン、北朝鮮、スーダン、キューバ、リビアの七ヵ国だけでした。その後、アフガニスタンそしてイラクに対する米国の侵攻により、現在では残り僅か五ヵ国のみになっている。」

という言葉がいつも思い出されるようになり、この五ヵ国→  イラン、北朝鮮、スーダン、キューバ、リビア を戦争にまきこむ口実となるようなことはないかという視点で常に注意深くとらえるようにすることにしている。


大量破壊兵器のなかった国連にも認められなかったイラク侵攻により、多くのイラク人だけでなくアメリカ兵を失ったことも事実で、これは悲しむべき出来事だったが、戦争により利益を得た者もいる。

ブッシュ政権のころから日本の富が吸い上げられるようになっただけでなく、
http://sun.ap.teacup.com/souun/2891.html
戦争がアメリカ経済にとって重要な意味をもたらしている現実もある。

アメリカを飛び越して日本と中国、日本と韓国などが仲良くなりアメリカの利益を脅かすことへの警戒感が小沢攻撃にもつながっているようにも思われる。


ただ、日本も政権交代を果たし自公政権の時のように思いのまま動かされなくなり、また中国もアメリカにとっては経済上無視することのできない国となって、今までのようなアメリカの思い通りに事が進まなくなってきているともいえる。
私達も安易にマスコミの流す情報にのらず、事実はどうなのか見極めて、戦争の道を突き進まぬようにしなければならない。

戦争を起こすためには、国と国同士を争わせるように憎しみを植えつけようとする力が働く。

しかし、ひとたび戦争になれば多くの人命が奪われるだけでなく、日常のささやかな平和も奪われる、そのことを日本国民は知っているはずである。唯一の被爆国として、憎しみをあおる勢力にのらぬ方法をさぐらねばならない。

英国では、今イラク攻撃を行った時の最高責任者であったブレア首相の判断の是非が厳しく追及され、その様子はテレビやネットを通じて、常に国民に流されている。

指導者としての判断を戦争後も問いただすことから、判断に過ちがなかったかを、マスコミも行政機関も検証する姿勢は、日本もまた学ぶべきことであるように思われた。


韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没から韓国と北朝鮮が戦争になるのではとドキッとしただけでなく、いろいろ考えさせられる事件だった。

そのことについて書かれているブログを載せてみた。


BONTAKAのブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/bontaka1/14658465.html
韓国「天安」 沈没と米原子力潜水艦コロンビア

2010/5/17(月) 午前 7:49政経アジア情勢

未だ原因のハッキリしない韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没。当初は北朝鮮からの攻撃では無いといっていたのにもかかわらず、「北朝鮮から」というシナリオにするらしい。

その影には、北朝鮮からの攻撃を偽装した米原子力潜水艦コロンビアの魚雷攻撃により沈没。原子力潜水艦コロンビアも、宇宙連合の介入によって沈没したという情報がある。そんなトンデモがネットで流れたので逆に興味を持った。

事実はどうなのか!? これも報道規制の闇の中だけれども・・・

韓国軍艦「天安」沈没の深層を見てみよう。
http://www.tanakanews.com/100507korea.htm

 天安沈没の謎は解けないままだが、この事件をめぐっては、日本でほとんど報じられていない「もう一つの沈没」が起きている。天安艦の沈没現場の近くの海域に、米軍の潜水艦とおぼしき巨大な物体が沈没しており、韓国軍の潜水隊などが捜索にあたり、米軍のヘリコプターが米兵の遺体とみられる物体を運び去る映像を、韓国のKBSテレビが4月7日に報じている。KBSテレビは公共放送で、韓国のマスコミで最も権威がある。

 天安艦の沈没後、潜水捜索の過程で、韓国海軍の特殊潜水隊(UDT、特殊戦旅団)のハン・ジュホ(韓主浩)准尉が潜水中に気を失った後に死亡するという、二次災害が起きている。KBSは、ハン准尉の死亡事故を取材するうちに、ハン准尉の慰霊祭が行われた場所が、艦尾が見つかった場所(第1ブイ)でも、艦首が見つかった場所(第2ブイ)でもなく、約6キロ離れた第1ブイと第2ブイの間に存在する、天安艦と関係のない「第3ブイ」であることを知った。

米軍は捜索を急ぐあまり、潜水捜索に必要な減圧装置が現場に運び込まれるのを待たず、韓国の部隊を潜水捜索させた。潜水可能な時間が15分程度と短いのに、複雑な艦内を無理して捜索させたため、熟練した潜水部隊員でさえ意識を失う者が相次ぎ、その中でハン准尉の死亡事故が起きた。韓国軍の特殊潜水隊からは「米軍の潜水隊はこんな危険な作業を拒否したので、韓国軍の部隊にやらせたのだ」という見方も出た。 死者まで出ている。

封じられたKBSテレビのスクープ
 韓国や米国の当局は、天安艦と同じ時間帯に、すぐ近くで米軍潜水艦が沈没したことを、ひた隠しにしている。米潜水艦沈没の事実を発表していない韓国当局は、ハン准尉の死亡について、米潜水艦の捜索中の事故とは言わず、天安艦の遺体捜索をしている最中に死亡したと発表した。ハン准尉は国民的英雄として祭り上げられた。

 だが、ハン准尉の慰霊祭が行われたのは、当然ながら天安艦ではなく、米潜水艦の沈没現場であり、慰霊祭には米国のスティーブンス駐韓国大使や在韓米軍のシャープ司令官も列席し、ハン准尉の栄誉をたたえ、ハン准尉の遺族に見舞金を出した。米高官の参列や見舞金は、韓国軍の中に「米軍の事情で天安艦の捜索が遅れ、米軍の無理な秘密捜索作戦のせいで殉職者が出た」という反米感情が湧くのをおさえるためだったのだろう。


 第3ブイの海底から引き上げられた遺体らしき物体をつり上げて運び去ったのは、韓国軍のヘリコプターではなく、米軍のシーホーク・ヘリだった。このことからも、第3ブイの海底に沈没したのは、韓国軍の艦船ではなく米軍の艦船だと感じられる。

米韓両政府は、天安艦の沈没直後に「北朝鮮の攻撃を受けて沈没した可能性は低い」と発表している。もし北朝鮮の潜水艦からの攻撃で沈没したなら、北朝鮮政府が数日たってから「米韓の軍艦を撃沈した」と高らかに「戦果」を発表するかもしれない。

その前に米韓両政府が「北朝鮮の攻撃ではなさそうだ」と発表してしまうと、米韓の政府は国民から非難され、高官が引責辞任せざるを得なくなる。本当に北の攻撃ではない場合しか、米韓の両政府が早々と「北の攻撃ではない」と発表することはない。自主民報は、北朝鮮寄りの左派新聞なので、北朝鮮の軍事力の強さを結論にしたかっただけだろう。

 北側は、米韓が合同演習を口実に北上し、北の核施設に向けて本物の攻撃を仕掛けてくることを恐れていた。軍事演習しているふりをして本当の戦争を仕掛けるのは、米軍の戦術としてあり得ることだ。そんなところに北側から攻撃を仕掛けるのは、米韓に戦争の大義を与えてしまう自殺行為である。

私が疑っているのは「米軍は、潜水艦をペンニョン島の周辺に常時潜航させていることを、韓国軍に伝えていなかったのではないか」ということだ。第3ブイに沈んでいる米潜水艦が長期潜航していたのなら、当日の米韓合同演習にも参加していなかったことになる(合同演習とは別の任務になる)。


 天安艦は、ペンニョン島の南の沖合を航行するはずが、予定より岸に近づき、その結果、韓国軍に存在を知らされていない米潜水艦の存在を探知し、北朝鮮の潜水艦が潜入していると勘違いして発砲し、攻撃されたので米潜水艦も瞬時に撃ち返し、2隻とも沈没するという誤認の末の同士討ちが起きたのではないか。

米潜水艦は、受信専用のパッシブソナーを使い、天安艦の接近を察知しただろう。だが、米軍が韓国軍に対しても秘密にして米潜水艦を潜航させていたのたら、米潜水艦の方から天安艦に無線連絡を入れるわけにはいかない。

 天安艦が攻撃されたのは左舷からだった。韓国当局は、当時の天安艦は北西に向かっていたと発表しており、その通りなら、左舷は外洋側である。岸の近くに潜航していた米潜水艦は、島の側から撃ったはずだから、外洋側とは逆であり、上記の仮説と矛盾する。

ただ、韓国当局は、米戦艦との同士討ちの事実を隠すため、天安艦が進行方向を逆さまに発表した可能性がある(島側から撃たれたと発表すると、北朝鮮犯行説はあり得なくなり、同士討ちの疑念が強まる)。

情報は、管理されている。コントロールされている大手新聞を読んでいるだけでは、闇の中だ。

日本近海で核兵器を持つ米原子力潜水艦が撃沈という事が、どれほどの危機なのか?
ドイツにいる私でも心配に思う。

幸い、ネットが発達し、情報隠蔽は極めて難しくなった。
こころみに、日本語でも「天安 コロンビア」というキーワードでググレば出るわ出るわです。


下記、記事も併せてお読みくださると、背景が理解できると思います。
日中防衛協調と沖縄米軍基地
(2009年12月8日  田中 宇)
http://tanakanews.com/091208japan.htm


真実を求めて

http://jukunencouple.blog119.fc2.com/blog-category-17.html

真実を追究しているサイトをリンクしています韓国哨戒艦 沈没は、核搭載のアメリカ原潜 「コロンビア号」 との衝突?
June.13 2010 その他、海外事件の真実 comment(0) trackback(0)
 以下のような新たなブログも書かれていました。
どんどんブロガーによる真実の追究がはじまったようです。
(デビ夫人も国際問題に詳しそうですね。(^_^;))

この真相が解明されていくことで、はやめに戦争が勃発するのを阻止できればいいのですが。
(^_^;)


晴耕雨読の信之介:
「韓国哨戒艦 沈没は、核搭載のアメリカ原潜 「コロンビア号」 との衝突?」という記事から引用

----------------------------

中国、北朝鮮、韓国、日本、アメリカの思惑で事件の真相が隠ぺいされ、またも日本のマスコミは『大本営発表報道』に終始しているのかも知れない。

池田香代子ブログによると、
私は5月10日に、「天安」沈没は米原潜との同士討ちの可能性があるという、田中宇 さんの説をご紹介しました(「島陰に沈む米原潜」)。

そのときは、正直言って半信半疑でしたし、今もそうです。アメリカの原子力潜水艦が合同 演習中に1隻消えたなら、隠しおおせるものではないのではないか、と思っていたら、13日現在、合同演習から母港のパールハーバーに帰還していない米原潜 がある、その艦名は「コロンビア」だ、と「日刊ゲンダイ」が伝えていました(デヴィ夫人のブログで読めます)。これはどう考えたらいいのでしょうか。デビ・スカルノのブ ログ
しかしアメリカ軍の公式WEBサイトでは、5月3日に帰還している。
http://www.csp.navy.mil/releases/release_10022.shtml
USS Columbia Returns to Pearl Harbor
By MC2(SW/AW/SCW) Ronald Gutridge
COMSUBPAC Public Affairs
Release Date: 05/03/2010

PEARL HARBOR, Hawaii – Los Angeles-class fast-attack nuclear powered submarine USS Columbia (SSN 771) returned to Joint Base Pearl Harbor-Hickam Monday, May 3, following a six-month deployment to the western Pacific region.

“This was an incredibly successful deployment from completing tasking important to national interests, to engaging our allies in a positive environment.” said Cmdr. Craig Blakely, Commanding Officer, USS Columbia. “Columbia performed superbly, demonstrating the versatility of the U.S. fast attack submarine”

こんな話しを聞くとすぐ思い浮かぶのがアメリカがベトナム戦争に本格介入するきっかけとなったトンキン湾事件だ。
トンキン湾事件(とんきんわんじけん、英: Gulf of Tonkin Incident)は、

1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件。これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ議会は上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、7,000ページに及ぶペンタゴン・ペーパーズと呼ばれる機密文書を入手、トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったこ とを暴露した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
同じようにイラクが大量破壊兵器を保有しているというでっち上げでイラク戦争をはじめた事も忘れられない。 マスコミ以外のニュースソースに注目していく必要がある。


Ads by Google実績のコスモエレベーター - www.cosmo-elevator.co.jp
安心 安全 低価格のメンテナンスまずは無料見積り!
屋外防犯カメラ4台セット - nextage.tv
屋外暗視防犯カメラ4台と録画機ケーブル・リモコン付で69800円
設置工事費込み防犯カメラ - 1054bouhan.open365.jp/Catego
エリア限定(東京神奈川千葉埼玉)赤外線カメラPTZカメラDVR等

韓国軍艦「天安」沈没の深層
June.10 2010 その他、海外事件の真実 comment(0) trackback(0)
 他にも下記のようなブログも見つけました。

そしてこのブログの結論も正しい、と思いました。


 いかにも、公平を装いながら、北朝鮮が攻撃してきたというメッセージが伝わってきました。そして、一切、米潜水艦も沈没していたということがふれられていませんでした。

 この番組で、確信しました。

 新聞やテレビなどのメディアは、すべて、アメリカCIAに握られていると云うことを。

 報道したくとも、報道できないシステムが、資本主義経済=貨幣経済により、できあがってしまっていることを



韓国軍艦「天安」沈没の深層


http://blogs.yahoo.co.jp/maruimarui21/61615366.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 そのほかにも
以下のようなサイトもありました。

韓国軍艦、沈没の影に、米原潜あり!??


http://blogs.yahoo.co.jp/kaiserspecial/archive/2010/5/25

http://blogs.yahoo.co.jp/kaiserspecial/archive/2010/5/26


韓国哨戒艇沈没は米韓軍事演習中の事故を隠蔽し北朝鮮の攻撃のせいに

June.07 2010 その他、海外事件の真実 comment(0) trackback(0)
 友達が言うのに、韓国哨戒艇沈没のとき、韓国のKBSテレビが4月7日に 韓国哨戒艇「天安」 が沈没した場所に近い海域で、 米軍ヘリコプターが米兵の遺体を運び去る映像などをニュースで流していた、とのこと。
 それがぱったり放送されなくなり、次はもう韓国哨戒艇沈没のニュースばかりだった、らしいのです。
あれはいったいなんだったのか、何の事故だったのか、わからないで終わっていたようです。

 その疑問を解くブログが見つかったので、紹介します。

 なおこの事件を北朝鮮のせいにすることで、北朝鮮の脅威に対する抑止力の必要性をアピールできたし、また普天間基地はもとより、アメリカ軍基地や安保の重要性を日本国民に再認識させることができた、という訳です。(^_^;)

 どちらにしろ、安保はもう一度、考え直したほうがよさそうです。(^_^;)
9.11の真実より、マスコミで一般に言われているテロリストの犯行でないことが解明されてきましたから。

またこの今回の構図は「日航ジャンボ機墜落の真実」に少し似ている気もしてきました。

----------------------------

韓国哨戒艇沈没の謎、これだけあるんですが、それでも北朝鮮の仕業!?

http://massypapa.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8a51.html

20日、韓国哨戒艇「天安」の沈没をめぐる官民合同調査の結果に鑑み、「朝鮮日報」社説は、

…惜彙賄世粒つ譴ら発見した魚雷のスクリューの残骸に刻まれていたシリアルナンバーの字体と刻み方が北朝鮮の魚雷と一致。

◆崚薫臓廚留貽揺婉瓩埜―个気譴寝侈成分も、北朝鮮製の魚雷の成分と類似していることより、

「犯罪捜査に例えれば、発見した犯行道具に残された北朝鮮の指紋を確認したようなもの」と論説、

「北朝鮮が魚雷で韓国の軍艦を真っ二つにし、将兵46人の命を奪ったことは、事実上大韓民国に宣戦を布告したものだ。このような挑発行為にしっかりと対応しなければ、後に、より深刻な挑発行為を招く恐れもある」と警告する

http://www.chosunonline.com/news/20100520000010

ま〜、無法国家、北朝鮮を追い詰めるものであるなら、冤罪でも何でも目をつぶる勇気(?)はマッシーパパも持ち合わせている。

が、犯罪捜査にたとえて、正当化するのではいささか語弊がある。

なんとなれば、この論法を伺って、すぐにも想起したのが、「長官銃撃はオウムのテロ」と警視庁が異例の発表をしたケース。そこでも

ゞ誼弔凌者だった警視庁の元巡査長のコートや手袋などから火薬成分が検出された

現場近くで見つかった硬貨に付着した皮脂が元信者のミトコンドリアDNAと一致した、

などをもって、犯人は何野誰兵衛と特定出来ないが極めてオウムの仕業の疑いが濃い。しかも、「教団は今も危険性が認められ」、「(発表することに)公益性がある」と決め付けたのである。

まさに、今回も、これとよく似ていて、前述の状況証拠だけで断定。ご丁寧にも、「哨戒艦が沈没した3月26日の2〜3日前、黄海の北朝鮮の海軍基地に属する一部の小型潜水艇が基地を離れ、2〜3日後、基地に戻ったことも確認された」と強弁しているのだ。

つまり、動かぬ証拠の「指紋」と言いながら、犯行現場そのものに付着していたのでなく、その近辺の海底に落ちているだろうと探したら偶然、見つかったという類。

それも李明博大統領自らが、「運が良かった」と言うオチまでついている(東亜日報)。

一般に推理小説のトリックによく使われるのが、「犯人が第三者の犯行を装う手」。それもあまりにも出来すぎた証拠やアリバイがあるほど、真犯人は別にいるものと相場は決まっている。

その例の一つが、いくら同盟国とはいえ、この事件の調査が当事者である韓国が主体でなく、何故かアメリカが前面に出すぎている。しかも、用意周到に、官民合同調査に、米国と同盟国である英国、カナダ、オーストラリア、スエーデンを加えているのだ。

さらには、発表前から、普天間で貸しを作っている日本の鳩山政権に根回し、

早々と、岡田外相に「韓国が非常に難しい状況の中でも科学的な調査を通じて事件の原因を究明している努力を高く評価する」とか、「天安事件をめぐる対応で緊密に協力していくことにした」と発言させ、

鳩山首相にも、「韓国を強く支持する。北朝鮮の行動は許し難いものだ。今後の対応は、韓国、米国など関係各国と緊密に連携・協力する」と援護射撃させている。

そして今ひとつ。犯罪にたとえるなら、肝心の動機が見当たらない。

勿論、上記社説も一切動機に触れていないし、他のメディアも一部に、「昨年11月黄海での韓国と北朝鮮の銃撃戦の報復だ」とか、「北のデノミの失政を外に向けるため」ともっともらしい理由を並べる程度である。

それも当然だろう。いくらなんでも、韓国領内に進入して米韓合同演習中の敵戦艦を攻撃するというのは自殺もの。それでなくとも、米国の北攻撃を極端に恐れる正日がそんな賭けに出るとは到底考えられないことである。

つまり決定的な動機に不足すると言うことが一番の引っかかりドコロである。

又、何よりも解せないのは、

「北朝鮮の旧式潜水艦による魚雷攻撃ごときを、なぜ近代韓国海軍が防げなかったのか?」という疑問。

このことは軍事評論家の佐藤守氏も彼の「ブログ日記(http://news.livedoor.com/article/detail/4773479/?p=2)」に述べているところでもあるのだが、
http://news.livedoor.com/article/detail/4773479/?p=2

韓国紙の言うように、「北朝鮮軍は、天安・沈没水域が北方限界線(NLL)に近いうえ、潮流が速くて水が濁り、潜水艦(艇)探知が難しいという点を利用した」では都合よすぎでは・・。

そして、さらに不可解なのは、

韓国「中央日報」にも掲載された、「韓国の官民合同調査の委員の一人が、メディアとのインタビューで天安艦沈没に対し「ペンリョン島隣近低水深で座礁し、砂浜から抜けた後、米軍側軍艦である可能性が高い他の船舶と衝突して発生した海難事故」と主張した途端、解任された謎。

あるいは、有名なブロガーの田中宇さんが、『韓国軍艦「天安」沈没の深層(http://www.tanakanews.com/100507korea.htm)』に縷々書かれた、天安事件が本当に北朝鮮の仕業かの疑問も不可解といえば不可解なこと。

http://www.tanakanews.com/100507korea.htm
参考までに氏の説を要約すると、米原子力潜水艦「コロンビア」と「天安」の同士討ち。それがなぜ、「北」の攻撃に変わったかは、どうしても韓国民に知られたくない米軍の機密が存在したからと解く。

そして、その証拠に、捜索のための潜水で不慮の死を遂げた韓国兵士の事故現場が天安沈没場所と関係のない別の場所であった。しかも、当の(原子力潜水艦)「コロンビア」が未だに基地へ寄港していないと言うのだ。

なるほど、こちらの方が、調査委の「それらしき潜水艦が北朝鮮に寄港している」より、もっとアリバイがはっきりしていて、「コロンビア」がこのまま永遠に寄港しないければ、同士討ちを証明するようなものである。

ともあれ、おかしなことはこれだけに終わらないようで、他にも、捜索に借り出された韓国の9人乗り漁船も何故か沈没、消息を絶っているとのこと。

なんとも、謎の多い事件であるのは間違いないようだ。

だからこそ、鳩山政権にとって今回は絶好のチャンス。米韓にホイホイ、尻尾を振るのでなく、もう一寸、高く売っても良さそうなもので、本当に外交ベタなんだから。

いえ、それとも何! 北朝鮮の恐怖を(日本国民に)煽るのに絶好。米軍の海兵隊基地を増やすのに好都合とでも言うのだろうか?

となれば、真逆と思うよ。真っ先かけて本件と直接関係のない日本が米韓の味方をするのでは一層、正日の嫌がらせを招くと思うのですが・・。
----------------------------

 そのほかにもこんなのもありました。


韓国哨戒艇沈没は魚雷攻撃ではないであろう
http://heibay.exblog.jp/13834856/----------------------------

【クリントン長官会談・その1】

2010年5月21日20時44分 asahi.com

 ――クリントン米国務長官と会談したが、韓国の哨戒艇問題、普天間問題で進展はあったか。

 「あの、クリントン長官とは、20分ほどでありますが、会談を致しました。わたくしは非常に良かったと思うのは、やはり、あの北朝鮮というか、韓国の哨戒艇が北朝鮮によって沈没させられたという事案が生じたと。こういう北東アジアに大変緊張感が漂ってるときに、やはり日米安保、日米同盟というものは重要だと。それを深化をさせる年だという認識で一致をしたことでございます。細かい具体的な中身をここで申し上げるつもりはありません。しかし、基本的な認識は一致したということは大変良かったと思ってます」

(引用終わり)


この記事で、「韓国の哨戒艇が北朝鮮によって沈没させられたという事案が生じた」「非常に良かったと思う」と日本の首相が言って 韓国が怒らないのが不思議に思っていた。


 すると、副島先生の会員から、「韓国民軍合同調査団に、韓国国会から推薦されて加わっていた3名の専門委員のうちの一人Shin さんの、クリントン国務長官への手紙という内容で、英文と日本語訳、そして沈没した哨戒艦などの写真も多数載せてある、かなり信憑性の高いものだと思われます。」が投稿された。
http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html


内容は、2010年3月26日 哨戒艇は、2回事故を起こし、1回目は座礁、、2回目は衝突
2回目の事故で沈没と書かれている。

2回目の事故で魚雷攻撃で無いという根拠
ゝ樟啓圓琉簑里きれい
∩ヂ里猟譴卜け目からの浸水がまったくないものでしょうか?
ケーブル線を覆っているビニルがまったく損傷しないものでしょうか?
ぢ臟発が起こったというのに付近に死んだ魚すらみつからないことがあり得ない?
イ覆蔀1人耳やのどに症状がないのでしょうか。鼻血すらも?

「座礁」から抜け出した跡、大きな損傷を引き起こした2つめの事故は何か?
(1) 岩への衝突 (2)爆発 (3)金属疲労 (4)衝突

「衝突」と結論ずけています。


(引用:日刊ゲンダイ)

韓国のKBSテレビが4月7日に放送したニュースだ。 「天安」 が沈没した場所に近い海域で、 米軍ヘリコプターが米兵の遺体を運び去る映像などを流した。

(引用終わり)


 これらの事項を複合しますと、ネット界で広まっている 「哨戒艇天安は、米国原潜に衝突し沈没」と考えるべきでしょう。 
 ちょうど普天間もあることですし、韓国現政権は、米国にお願いして居座ってもらっているので、米国原潜と韓国哨戒艇の沈没で、死者が出たとは言いづらいし、この際、北朝鮮の仕業にしとけと。  そうでないと鳩山首相が「韓国の哨戒艇が北朝鮮によって沈没させられ、日米同盟のため非常に良かった」というと普通なら韓国は激怒しているでしょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

和順庭へ行く途中、「ワーズワース」というお店発見

  • 2010/06/20(日) 00:49:28

和順庭に行く途中、モーニングをするのにしゃれた喫茶店?を発見。
「ワーズワース」というお店だった。

詩人ワーズワースにちなんでつけられた店名ということだった。ワーズワースの住んでいた家の絵葉書で教えてもらう。

お店の花瓶にかざってあった木の枝がとてもきれいで、何の木か尋ねたところ、「とさみずき」という木の葉だということがわかった。
庭の木の枝をいただく。

お店の入口。

ハーブが植えられている。民家っぽい。

ラベンダーの花盛り。



途中、農家の直売野菜を買う。農家の方から栽培について教えてもらう。



和順庭到着。
「たちあおい」の花がどんどん伸びて、花を咲かせていた。


花はこんな花。


玉ねぎ・きゅうり・なす・きゃべつなど収穫。いちごやブルーベリーも。

暑くてバテ気味。汗が流れる。梅雨の合間にやるべきことをやる。すぐやめるつもりが夕方までいることに。来ればやることはきりがないほどある。



帰りにイオンモールむさし村山ミューで買物と食事。

紅虎餃子房で。
黒ごま坦々麺の冷やし中華やイカとねぎのピリ辛炒飯、やみつき餃子などどれも美味しかった。

このお店は本場の中華料理を食べているという気になれるお店で、暑い太陽の下で汗を流して疲れきっていても、食べると食欲をそそられ元気になれる。

出るのに時間がかかるからと、サービスにスープやウーロン茶が出てきた心遣いも嬉しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る