京成バラ園とららぽーとTOKYO - BEY

  • 2010/05/23(日) 21:27:31



高円寺のタイ料理のお店「バーンイサーン」で食事
http://r.gnavi.co.jp/g620804/


千葉県八千代市にある京成バラ園へ。

京成バラ園の専門家のビデオはここ
(画面を大きく見たい場合は、画面をマウスでダブルクリック)




あいにくの雨だがバラは見頃。
                               

雨だけど日曜日とあってかなりの人出だが雨なのでいつもよりはすいているようだ。



これでお天気がよかったら、かなり混んでいただろう。



どのバラもほぼ満開できれい。



傘をさしながらなので混み合っているところはすれ違うのも一苦労。



このように木に絡ませて仕立てているバラもある。



バラは香りも楽しめるのがいい。



ここだけは、バラの花園。



バラのアーチ。



ビルの合間のオアシス。



バラの温室をバックに。



どこを見てもきれい。



ローズルーフガーデンで。


お庭のようになっている。



バラだけでなくこの季節の花が植えられている。






「プリンセス美智子」、「プリンセス愛子」



「プリンセス雅子」


温室に鳩山首相夫人のバラ「美幸」









温室を望む。





どのバラも雨にあらわれ、また趣きがある。



こんなに種類があるのだが、色も香りもそれぞれ。とても見事。




 
垣根の這わせたバラ




バラ園の中のレストランで食事。混んでいるのにコース料理しかなく回転率が悪い。

料理はよく工夫されているが、おすすめのカジキのお料理は、何か味付けが物足りない。まだ、チキンのお料理の方が美味しかった。

混んでいるので、コーヒー、紅茶などのセットになっている飲み物(お替り自由)は、先にもってきてもらうようにしたほうがよい。



バラを見に再入場。


案内人の説明を聞きながらバラを楽しむ。このようにバラの説明をするガイド
や京成バラ園の人が何人かいるようだ。傘をさしながらついて歩く人ですれ違うのも大変。



バラ園で結婚式も行われるようで、ブライダル用のバラが栽培されている。





ばら咲き乱れる園内

京成バラ園のバラは、ラベルがひらがな か 漢字で書かれており、輸入苗はカタカナで書かれている。
帰りにショップで、バラの苗と肥料を買う。


バラ「FLときめき」

帰り道、「ららぽーとTOKYO−BAY 」でショッピングと食事。
http://tokyobay.lalaport.net/pc/

お好み焼き「がんぼ屋」へ。
期待して入ったのだが、がっかり。
プロの仕事とは思えない。学祭などの屋台のお好み焼きのようで、いやそれよりまずい。

鉄板や作業台の上は物が乱雑に置かれ、汚れていて、料理の手際もとてもお金を取って出す店のものとは思えない。客商売とは思われない。

カウンターはかなり空いているのに、客を並ばせて待たせても、てきぱきと応対したり、スムーズに進ませるような気配りもない。

お好み焼きもキャベツはかなりの量入っているが、他の具はわずかでキャベツと小麦粉を食べているようで、今まで食べたお好み焼きの店の中で、一番まずかった。

なぜまずいのかというと、カウンターの鉄板では流れ作業で焼いていた。小麦粉とキャベツの玉を大量につくりおく。その隣では、玉子を伸ばしそれとそばを合わせた玉をつくり、その上にキャベツ玉をのせて、それぞれの注文にあわせて具材をのせる。つまり、材料がまぜられておらず、ほとんどがキャベツ、そば玉ということになる。

このお店焼いたものが運ばれるシステムになっているから、店側の都合で大量につくりおきがされることとなる。

自分で焼くのだったら、充分具をまぜて焼くのだが、これだと具は上にのっているだけで、下はほとんどがキャベツだけとなる。

待たされてやっと運ばれてきたお好み焼きだが、途中で食べるのをやめて持ち帰りにしたが、翌日になっても食べる気にはなれない。

きれいなバラのしめくくりがこれでは、どっと疲れがでた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る