石原都知事都税で一泊24万円スィート宿泊豪華海外出張

  • 2010/03/26(金) 17:56:01

 日刊ゲンダイ(3月20日付)に、石原都知事が一泊24万円ものスィートに宿泊し、同伴した夫人にも出張手当が払われていたとの記事があった。

このような生活をしている知事に、月6〜7万の年金で暮らしている都民のことがわかって政治ができるのだろうか?都民は、少しでも安い所を探し宿泊しているのに、個人旅行ならどんなにお金をかけた贅沢旅行もかまわないが、都税で豪華海外出張をするなどもっての他。規定をこえる分の費用は、今からでも自費負担させるべきである。

 政府の事業仕分けにあたる無駄遣いの追及を都議会民主党にもしてもらいたい。
 



日刊ゲンダイ Gendai. Net

http://gendai.net/news.php?m=view&g=syakai&c=020&no=45076
2010年03月20日 掲載

フザケルな!再び暴露された石原知事 豪華海外出張の横暴


1泊24万円のスイート宿泊

●一日も早く辞めさせろ
 
開会中の都議会で、今週、トンデモない石原慎太郎都知事の“浪費ぶり”が暴露されていた。08年から09年の東京五輪招致のための5回の海外出張すべて(23泊中21泊)で、東京都の規定上限を大幅に上回る宿泊費が使われていたのだ。
 石原は過去にも豪華海外出張のムダ遣いが批判され、3年前の都知事選直前に東京都は改善策を出している。そこには、「ホテルは、セキュリティーや非常時の連絡体制など条件を備えたものから、最も価格の低いものを選定する」とある。石原は、自分で改善策を出しておいて、全く守っていなかったのだ。3選が危うくなって、慌てて作ったのだろう。都民をバカにするにもほどがある。
 今回のムダ遣いで最もヒドいのは、 08年の北京五輪視察だ。たった1泊の滞在なのに24万3000円の超豪華スイートルームに泊まっていた。それも夫人同伴である。

「知事夫妻が宿泊したのは、128平方メートルもの広さのある『長城スイート』。部屋にはバス・トイレが2カ所、ウオークインクロゼットが2カ所もある。

五輪でホテルが混雑し、価格が高めの時期だったとはいえ、事前の旅行代理店からの連絡では、1泊8万5000円のエグゼクティブダブルに空きがあった。それなのに、都側はスイートを予約したのです。夫人には、海外出張支度金4万3120円も支給されていました」
(都政関係者)
 
昨年のローザンヌ(スイス)出張でも、12万2850円の部屋に泊まっている。これは知事の宿泊費の規定上限3万3500円の3.7倍だ。他の出張先でも石原の宿泊代は平均8万円だ。
 
都議会では、この問題を追及した共産党の吉田信夫都議に対し、吉川和夫知事本局長が、「規定を超える部屋を使ったのは、要人との会談の可能性があったから」と説明した。しかし、実際は要人とは会談せず、吉川局長の答弁はシドロモドロ。石原知事に至っては、「自分の泊まるホテルを指定したことはございません」と開き直る始末だった。
 
石原の浪費はホテル代だけじゃない。航空機はいつもファーストクラスで、現地では必ず専用車を使う。
一方、共産党の調査では、埼玉や大阪など多くの大都市圏の知事は、ビジネスやエコノミーに乗り、現地でもマイクロバスや公共交通機関を使っていた。
 石原知事よ、とっとと辞めてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る