新宿の京王「大九州展」で

  • 2010/03/24(水) 19:56:26

友達が来て一緒に家で讃岐うどんでブランチ。午後から仕事へ行く友達を送って渋谷まで行き、ウインドーショッピングしようと思ったけれどもやはり渋谷は買物しなれていないので、新宿へ。


西口京王新宿店で「大九州展」をやっているというので、6階の「鳩居堂」や家庭用品売場を歩いてから行ってみた。最終日だった。あれこれ買物して九州のものが食べられる所で、「海援隊丼」(1000円)というのを食べてみた。お刺身が漬け丼のようになっている。


まずそのまま食べ、3分の一ぐらい食べた所でごま汁をかけて食べ、三分の二ぐらい食べたところでだしをかけてお茶漬けのようにして食べる。写真に撮らなければと食べてから気づいて撮ったので、実際はこんなだった。


食べ方が壁に貼ってある。食べてみてとても美味しかった。そのまま食べるのも、ごまじるをかけたのもだし汁をかけてお茶漬けのようにしたのも、美味しく、食べ方を変えるだけでまた別の味わいがある。

あれこれ買ったけれど、これは肉巻きおにぎり?というもの。チーズ肉巻きと肉巻きがあって、写真はチーズにくまき。


写真だとわかりにくいが、こんなふうに肉を巻いたおにぎりのようなもの。二つとも息子に食べられたので、味のほどは不明。


「目玉となるのは今回初登場となる九州グルメ。居酒屋の「賄い飯」として誕生し、今では宮崎県のご当地グルメとして話題を振りまいている「元祖にくまき本舗」の「にくまきおにぎり」(1個300円)が登場。独自にカットした豚肉をおにぎりに巻きつけ、しょうゆベースの特製タレで焼き上げたもので、同品にチーズをのせた「チーズにくまき」(1個330円)も販売する。」と書かれていた。http://www.depachika.com/headline/1025/

大宰府の「梅が枝餅」。お餅の中に餡が入っている。


それほど甘くなくお餅が香ばしい。


知覧茶。試飲して美味しかったが、4月末に新茶が採れるというからこれは売れ残りなのかな?と思ってしまった。知覧からこの時期に直接売りに来ると言う。


「あおさ」。乾燥のと生のがあった。これは乾燥。香りは乾燥の方がある。


これは生のあおさ。生のあおさは珍しい。この時期だけ。


帰ってからひろげてラップにくるみ冷凍に。

 


食事をしたら歩かないとカロリーが消費されないと、今度は小田急デパートに入る。モザイク通りを南口へ抜けるが、雨なので小田急の中を通り抜け、途中、雑貨のお店へ。100円ショップとおなじように安いお店だけど、センスのよいものがある。

塩釜で買ったテリアドロップをのせる吊りラタン。(105円)


中に入れる受け皿になるものもここで探した。(105円)


グラスなどを入れて飾ると和風になる籐製の花瓶入れ。(105円)


ベランダに咲いたルッコラを飾って和風に。



南口から東口に出て、伊勢丹でウインドーショッピング。
サブナードを通り西武新宿駅へ。
花屋さんで、桜とストックの花を。


可愛いミニブーケの花もついでに。


よく歩きいい運動にもなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る