18 なぜこの時期に小沢捜査なのか?上杉隆氏と池上彰氏による検察捜査のねらいと見通しについて

  • 2010/01/25(月) 22:08:21

 週刊朝日「検察の狂気」の中で上杉隆氏は、特捜部の捜査のねらいについてこのように述べていた。

「公職選挙法でもない事案で、しかも秘書時代の政治規正法の不記載によって現職の国会議員が逮捕されるというのは異常である。さらに、いまの検察には別の事情が絡む。庁内の東京地検特捜部長人事と退職後を見据えた天下りポストの確保である。

 佐久間特捜部長チームは青年将校よろしく、庁内で毎晩のように会合を開いている。そこでは特捜部の意思を確認し合い、小沢を葬ることこそ日本社会に正義をもたらす最良の道だと言い合っているのである。法務省職員の証言を紹介しよう。

「毎晩のようにひとつの部屋に集まっては酒を飲み交わし、団結を確認し合っています。酒の肴はもちろん、小沢がいかにけしからん人物であるか(笑い)。先日は‘徹底抗戦‘の姿勢を強めた小沢に対して、こちらもやってやろうと体育会のようなノリで盛り上がっていました」

 佐久間が特捜部長に就任したのは2008年7月のことだった。
就任4日目には、佐久間が主任検事を務めた長銀の粉飾決算事件に対して、最高裁が逆転無罪を言い渡すという幸先の悪いスタートとなった。それは被告人全員が無罪判決という完全敗北でもあった。 

「失点」挽回狙い無理な小沢捕り

 さらに佐久間が副部長時代に捜査・起訴した佐藤栄佐久前福島県知事の控訴審判決でも、検察の主張はことごとく崩され、一審の「懲役3年、執行猶予5年」はそれぞれ「2年、4年」の減刑判決となった。

また、当の西松建設事件でも、重要証人であった西松建設元総務部長が公判で発言を翻すなど、決して順調とは言いがたい。

 検事は、特捜部在任中に「バッジ」(議員)をあげるかあげないかで、その後の弁護士顧問料の桁が違ってくると言われている。テレビ局お抱えの「ヤメ検」になるには、なおさら手柄が必要となる。

つまり、佐久間を筆頭とする現在の検察幹部にとってはこのまま任期を終えれば失点三つとなる。しかも、小沢は、検事総長の人事をより民主的な国会同意人事の枠組みに入れようとする、検察にとっては危険きわまりのない思想の持ち主だ。

よって、イチかバチかで政界の最高実力者の小沢を捕りにいき、結果として法律的な処罰が無理でも、政治的に小沢を葬ればいいというわけなのだ。これは情報源を明かせないが「東京地検関係者」が筆者にリークした話である。
 (笑い)
 一連の出来事を「犯罪捜査」だと考えるから真実が見えにくくなる。これは、人事と既得権を死守しようとする検察=記者クラブメディア連合体と小沢の「権力闘争」なのである。

 新聞・テレビに小沢の悪性情報が溢れる一方、ネット上のブログやツイッターでは、一斉に検察批判が流れ出した。検察が「正義」であった時代が終わろうとしている。」




朝日新聞1月25日付夕刊に、池上彰氏もまた次のように述べている。

小沢氏の金めぐる報道   捜査の意味や見通し示して

「ところが、もし小沢氏側に建設業者から小沢氏側にお金が渡されていても、小沢氏は当時野党議員でしたから、何の職務権限もありません。職務権限のない人にお金を渡しても、贈収賄事件にはなりません。

 ただし、小沢氏側が、職務権限のある当時の与党議員あるいは官僚に働きかけをしていれば、「あっせん収賄罪」ないしは「あっせん利得罪」の容疑が出てきます。
とはいえ、新聞報道を読むかぎり、いまのところ、小沢氏に、そんな疑惑が浮上しているようには見えません。

となると結局、小沢氏をめぐる報道は、「小沢氏が4億円も現金を持っていた。土地を購入する際、不思議なお金のやりとりがあった。よくわからないが、けしからん」よいうレベルです。

 検察は、石川議員の事件の立証のための証拠集めをしているだけなのか?小沢氏の別の容疑を視野に入れているのか?新聞は単に東京地検の捜査状況を報道するだけでなく、捜査の持つ意味や見通しまで説明してくれなくては、読者の不満が募ります。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

小田急北海道フェアー

  • 2010/01/25(月) 20:09:06

 所用があって新宿まで行くことになり、用事が済んでから通りかかった小田急デパートに寄ってみると、北海道フェアーをやっていて夏の旅行をなつかしく思い出し、あれこれ買い求め、旭川ラーメンも食べて帰りました。

旭川らーめん「一蔵」
スープは美味しかったけれど、麺はちょっと硬め。値段の割にはそれほどでもなかったという気がします。

20100125200906

帰ってから、買った函館の海鮮弁当を食べました。ご飯にのっているお刺身にわさび醤油をかけ、新鮮でおいしく満足しました。

 小樽に行ったときに寄った六花亭や北菓楼のお店もあって、マルセイバターサンドやバームクーヘンなども買ってしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る