3 なぜこの時期の小沢捜査か?分析するブログ(1)

  • 2010/01/17(日) 01:25:36







東京地検特捜部の暴走に、やっと政権交代を果たして軌道にのせていくというのに、これから日本の政治はどうなっていくのだろうと思う。記載もれぐらいでこれほど大騒ぎする特捜部もマスコミも常軌を逸し、日本の政治を破壊しようとしているのだろうか?

と思っていたら記載されていたけれども額が少なかったということで、記載もれどころか記載していて額が違っていただけだとするとこの騒ぎ方は異様としか思えない。国会議員の逮捕となれば、それだけの理由を明らかにすべきだし、逮捕してから問い詰めるという姿勢にも納得ができない。それほど緊急を要するとも思えない。お金の問題だけではないのだろうか?

特捜部の佐久間部長が責任者であるなら、もう少し国民にわかりやすい説明責任を果たさなければ、権力の乱用・検察の暴走との批判は否めない。マスコミへのリークも批判されるべきことだが、この検察特捜部が暴走したとき、どうなるのだろうか?どこがとめられるのだろうか?

三木内閣が田中内閣のときの田中角栄を追及したのからすると、現政権の鳩山内閣が小沢捜査をするのもなぜか同じ政権内で腑に落ちない。千葉法務大臣はどのように説明するのか?これから先の混乱を思うと指揮権発動でもしなければとても収まらない事態になるようにも思う。政権交代をして予算をはじめとして起動にのせなければというときに記載金額が違っていたぐらいでマスコミにリークする方も、マスコミの取り上げ方も常軌を逸している。その異様さについては

http://24.dtiblog.com/admin.php?mode=editor&process=load&eno=621

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-622.htmlのところに書いた。

 政権交代したのだから、与党時代の自民・公明党にメスを入れ、今までの膿を出し切って再生のために捜査するならまだわかる。政権が軌道に乗ってから中だるみのときの民主党に追及するならそれもまだ国民は納得できる。でも、なぜ今なんだと思う。この時期に追及すべきことかと思う。小沢邸の周りを稲川会(小泉純一郎とのつながり)が囲んでいるとすると、これは郵政民営化のときの因縁対決がまだ続いているのかもしれないとも思う。

これまで検察特捜部が国民からみて、理由は何であれ「小沢つぶし」さえできればいいという本来の慎重であるべき特捜の立場を逸していると思っていて、「なぜだろう?」と思っているときにそのことについて分析しているいくつかのブログと出合ったので、それを紹介してみたい。

検察と大マスコミの小沢叩きの勝敗
 
 (日刊ゲンダイ  2010年01月09日 掲載)
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/abe030ac0d6138a4bf7a760d5fbeffd6

官僚組織と大マスコミは、戦後、既得権益にどっぷりつかってきた代表格です。とくに「検察は聖域」だった。ところが、小沢周辺は「検事総長を国会同意人事にする」「民主主義的な統制下に置く」と言い出している。検察の危機感は相当です。検察は霞が関の代表という気にでもなっているのでしょう。

同じように、大マスコミは、テレビ・ラジオの電波を独占してきた、が、民主党は、独占を許さず、電波をオークションにかけようとしている。既得権を奪われたら、大手メディアは存続の危機に陥る。地検も大マスコミも、なにがなんでも、破壊者の小沢一郎を葬りたいのがホンネです(政界事情通)

改革が成功すれば、日本は一新される
しかし、自分たちの既得権益を死守するために、邪魔な政治家を抹殺し、国民が選んだ政権を潰そう,なんて許されない。小沢幹事長が失墜したら、民主党政権はあっと言う間に崩壊してしまう。 なにより、小沢一郎が目指す方向は間違っていない。日本をドラスチックに変えようとしているが、合理的だし、国民の意に沿うものが多い。

例えば、「国会改革」を見ればよく分かる。野党が国会審議で主導権を握れる仕組みにするために、議員数に比例して配られている「政党助成金」を、野党に重点配分されるように法改正しようとしている。敵に塩を送るようなものだが、本人は信念に従い、損得を度外視している。

『小沢幹事長の最終目標は、日本に「政権交代可能な2大政党」を根づかせることです。政権交代が起きないと、本当の意味での民主政治が育たないと考えている。そのためには、いったん既得権益を一掃する必要があると思っているのでしょう。

自民党を殲滅(せんめつ)しようとしているのも、そのためです。
実際、戦後60年間、政・官・財で癒着してきた自民党が大きな塊として残ったままでは、日本の政治は大きく変わらない。小沢幹事長は、自民党を完全に潰した後、健全な2大政党をつくるために、もう一度、政界再編を仕掛けるつもりでしょう」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)
 
たしかに、自民党が消滅し、新たな2大政党が誕生すれば、日本の政治は一新されるだろう。


●国民の支持は小沢幹事長にある

しかし、既得権を握っている古い利権勢力は、それを阻止しようと、
死に物狂いで「小沢潰し」に走っている。民主党にとっては茨の道だが、絶対に屈してはダメだ。

『民主党と旧勢力の闘いは、これから激しくなる一方でしょう。
旧勢力はガムシャラに民主党を潰しにかかってくるはず。宮内庁が、天皇と中国の習近平副主席との会見について、突然、1カ月ルールを持ち出して民主党を批判したのも、その一環かもしれない。1カ月ルールは、自民党政権時代にも破られているのに、問題にもしませんでしたからね。民主党は敵に囲まれていると覚悟した方がいい。

しかし、昨年夏の政権交代は、日本にとっては『革命』みたいなもの。社会の構造が変わるのは当たり前。有権者も、閉塞した日本社会を変えて欲しいと願って民主党に一票を投じた。国民の支持は、『脱官僚』『国民生活が第一』を掲げる民主党にあります」(本澤二郎氏=前出)

60年間つづいた強固な体制を3カ月や半年で引っくり返すのは簡単ではないだろう。しかし、ここで旧勢力との暗闘に敗北したら、元の木阿弥だ。
小沢一郎も民主党も、腹を据えてかからなくてはいけない。


虎の尾を踏む鳩山首相が田中角栄の二の舞!


http://blogs.yahoo.co.jp/table09302008sound/23727617.html

メディアの動きを見ていると、全体的に彼らは親米路線を永遠に継続したいと云う心根が色濃く出ている。兎に角、米国は怖い、言うこと聞くのが一番正しいと云う信念に毒されている確信犯のようなものだ。そして、明らかに反中国・反ロシア・反イスラムなのも面白い。

それに比べて司法官僚(法務省及び検察)の心根は複雑だ。経歴からみると、検事総長は就任する前に法務省次官を経験している。人間関係上法務省の次官より検事総長の方が目上の関係になっており、行政の頂点を極めた人間が再就職するようなもので、適正な大いなる天下りということも出来る。

挙句にこの検事総長たちはトヨタ自動車 、住友商事、資生堂、セイコー、三菱UFJ、大和証券グループ、日本郵船 、関西テレビ、阪急電鉄、小松製作所、積水ハウス、関西電力、東京海上火災保険、大丸、ベネッセ、出版社エスビービー、三井物産、日本テレビ放送網、住友商事などに更に天下るのである。

列挙してお判りだろうが、何とも保守的国策企業乃至は怪しい企業が多いのに驚く(笑) このような検察の頂点が検察全体を指揮指導するわけで、その捜査が政治に恣意的でないわけはない。 その恣意性と法の正義をどのような按配で綱を引くか、その時の検事総長の心根一つで決まると云うのだから恐ろしい話である。


検事がある日から法務省の官僚になり、又次官を経て検事総長になる。これはゆがんでいる。司法試験に合格、司法修習が終わったら永遠に司法の世界に居て貰いたい、官僚など経験する意味合いが奇妙だ。 官僚に優しい検察が生まれるのは当然だ。民主党の霞が関改革も司法改革も彼らにとって不快以外のなにものでもないだ

けに、事は相当厄介だ。「天下り根絶」など主張する奴は「獄門討ち首だ」くらいに思っても不思議ではない(笑) まして経世会(元田中派)と現樋渡検事総長が犬猿の仲だと云うのも気がかりだ。小沢も鳩山も田中派出身なのだから。
一般市民としては、民主党政権及び鳩山、小沢へのこれらメディア、検察が何を仕掛けて来るか見守るしかない。
(自民党は提灯をつけているにすぎず、注意には値しない)

メディアと検察を注意深く観察することで、彼らの恣意的言動は判別できるだろう。 まぁZAKZAKの記事が暗示している鳩山首相への様々な米国の裏ルートの仕掛けもリスクとして考慮すべきだろうが、現在の米国の国力低下は急激であり、今まで通りのメカニズムが発揮される可能性は低いだろう。 


小沢氏への集中攻撃は全国民への攻撃と同じである
 

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10434027230.html

テーマ:国会議員、官僚、売国奴、政治犯罪

 昨日、小沢氏の陸山会や鹿島建設での強制捜査が始まった。 この問題は小沢(新政権)VS検察(霞が関官僚)戦い(権力争い)とも見らているが、それは1つの見方であり、本当は国民VS検察(霞が関官僚)の権力争いなのである。 だれがこの国を支配するのか。 この国を支配しなければいけないのは小沢氏でもなく官僚でもない。  日本国民が支配しなければならないのだ。 
それを民主主義国家ということで、選挙で国民の代表を選んで政治家を永田町に送り込むだけの話である。 だからマスゴミがいう小沢VS検察(霞が関)という表現の仕方は表向き当たっているが、本当は国民VS検察(霞が関)の権力闘争なのである。 それを小沢とか新政権とい言葉に意図的にすり替えられ、国民を敵に回さないようにしているのだ。  これは自民党も民主党も関係なく、霞が関と米国の意に反する者はスキャンダルを仕組まれたり、強引に罪を被せられる。

政治家を選ぶのは国民であり、本来ならばその政治家が法を作り衆参通して決めるのだが、今まで自民党政治というのは全て官僚に丸投げで官僚にとって都合の良い法律を作ってきた。 戦後から長い年月の中で積もり積もって政治家よりも官僚の力が大きくなってしまった。 だから官僚と米国のために作った法律(ルール)に背く政治家は全て敵だと見なされてきた。  

この構図は米国と同じである。 米国にも共和党、民主党があり選挙で大統領を選ぶ事になっているが、そんなものは建前であり、米国民が選んだ大統領よりも権限のある人物がいる。 それがデヴィッド・ロックフェラーだ。

つまりデヴィッドと取り巻きが日本でいう霞が関である。  だから誰が大統領になろうが全てがデヴィッドの操り人形であり、オバマもブッシュもクリントンもほとんどが大統領選前の何年も前から次の大統領が決められてきた。

そして選ばれたといってもデヴィッドやNYの金融業、軍に関連する者たちの意に反する大統領はケネディのように暗殺される。 ケネディだけでなく、その周りの者や世間に真実を知らせる者も同様に抹殺される。(略)

官僚の本心は、選挙で選ばれた政治家が日本や国民を支配するのではなく、優秀なペーパーテストで合格したエリートが支配するべきだと考えている。 だから官僚はこのまま何もせずにいれば今まで持っていた官僚の支配権力を削ぎ落とされ、国民の支配下に置かされる。 すなわち勉強秀才はバカな国民の下にいて奉仕させられるのが絶対いやなのである。

この日本の官僚が考えるエリート(たかだか勉強秀才)と世界基準のエリート(スーパー金持ち+全ての分野において秀才)という認識の違いはあるが、米国のデヴィッドロックフェラー筆頭に世界のエリートが世界を支配するという考えと同じである。 

外務省や厚生労省が権力温存のために政治家を逮捕できる権限がないのであり、全ての霞が関官僚の権力(政治家と国民を支配する)を何としても維持するために「検察」が代表となって各時代の政治家を抹殺してきた。 その現在版が 小沢氏への猛攻撃である。  残りの省庁はスキャンダルになりそうなネタを検察にコソコソと言うだけである。 

これははっきり言って自民党支持も民主党支持も関係ない。  米国に共和党があろうが民主党があろうが関係ないのと同じように、デヴィッドロックフェラー(日本で言えば官僚)が支配する体制を維持するための謀略だ。


本当は自民支持者も民主支持者も一体となって官僚組織と闘わなければいけないのだ。 なぜなら私たちは同じ日本国民であるからだ。  それが過去自民党では戦後65年こびりつた癒着が取れないから、今民主党に任せて政権を取らせたのではないか。  その代表格として狙われているのが小沢幹事長である。

ここまで辿りつけたのも小沢氏がいなければ達成できなかったと言っても過言ではない。 小沢氏の狙い撃ちは全国民への発砲である。 検察のこの悪行を断じて許してはいけない。

ライジング・サン(甦る日本)


title="">http://ameblo.jp/kriubist/theme-10013796188.html

2009年06月22日

大きな覇権移動の中で身動きが取れない日本
テーマ:国際金融資本、売国奴

さて、ここのところゴールドマンサックスやシティバンク、そしてこれはこの2大国際金融資本という名を変えた戦いすなわち奥の院、ジョン・D・ロックフェラーとデヴィッド・ロックフェラーのお家騒動と書いてきました。

そして郵政民営化もその1部であると。

政治、経済の問題に少しでも関心のある方だったら、ロスチャイルドやコックフェラーが戦争でも金融でも操ってきたということはご存じだと思う。   しかし大衆はほとんど知らないし興味もない。 だから世界のどの国の国民も簡単に騙されるのだろう。 この2大国際金融資本は、国も経済も金融もマスメディアも簡単に操れるのだから。


では元の勢力図はどうなのか、ちょっとここで整理してみよう。
デヴィッドロックフェラー  ブッシュ   小泉、竹中      ナベツネ  東京三菱UFJ
ヘンリーポールソン(元ブッシュ政権の財務長官、しかしゴールドマンサックスのCEO最高経営責任者でもある)
ジョン・D・ロックフェラー(ゴールドマンサックスのオーナー)  西川善文(三井住友)   小沢一郎

 簡単にみればこういう感じだと思う。 

それで重要なのがヘンリーポールソンの位置だ。 そもそもゴールドマンサックスのCEOだがブッシュ政権の財務長官もやっていた。  デヴィッドロックフェラーはすでに94歳?という高齢で普通で見ればそろそろ死んでもいいくらいの年だ。  欧州ロスチャイルド VS 米ロックフェラーというとてつもなくデカイ抗争がありそこに日本が巻き添えをくらっている感じだな。 

 ま〜日本が近代に入ってからこのロスチャイルドとかロックフェラーのつながりができたのではなくて、それは遡れば江戸時代もしくはそれ以前からの繋がりであることを分かってないと、この覇権移動や世界史が理解できないと思う。  それについてはキリちゃんも勉強中だが、国際政治って〜のはヤクザの世界より怖いって事だ。 なにせ国を使っての権力争いだから。 だから戦争もやってきたしこれからもどこかであるだろう。 それは日本に近い北朝鮮かもしれないし、イラクかもしれない。

話がちょっとそれたけど、ジョン・D・ロックフェラーは、このデヴィッドがじじィになってきて今まで米ロックフェラーに握られていた覇権を自分とこの本家に戻せるチャンスと見たのだろう。  そこでブッシュ政権(デヴィッド派)で財務長官 & ゴールドマンサックスCEO ヘンリーポールソンを使って、小泉竹中(デヴィッド派)を取りこんで(騙して)郵政民営化を進めたという具合ではないか? 

デヴィッドオーナーのシティバンクは旧来からゆうちょに入り込んでいたが、この民営化に伴い郵政における支配は欧州ロスチャイルド系三井住友の人物がほとんど役員とかを占めている。 またゆうちょや保険、クレジットカードなどの利権もほとんど三井住友系になっている。

日本郵政
     代表取締役社長 西川善文(三井住友銀行頭取)
     執行役副社長  寺坂元之(元スミセイ損保社長)
     専務執行役   横山邦男(三井住友銀行)
     常務執行役   妹尾良昭(住友銀行、大和証券SMBC)

     郵便局会社
     代表取締役社長 寺坂元之(元スミセイ損保社長)
     専務執行役   日高信行(三井住友海上火災)
     常務執行役   河村学 (住友生命保険)

     ゆうちょ銀行
     執行役副社長  福島純夫(住友銀行、大和証券SMBC)
     常務執行役   向井理寄(住友信託銀行)
     常務執行役   宇野輝 (住友銀行、三井住友カード)
     執行役     村島正浩(三井住友銀行)


このように三井住友でびっしりです。 ご存じの通りゴールドマンサックスは三井住友の大株主でもあります。

ちなみに小泉、竹中はもうデヴィッドロックフェラーから見捨てられているらしく、 今 西川を必死になって擁護するのはロックフェラーという巨大な後ろ盾がなくなり、更に西川が首になり自分たちがしてきた悪事が天下にさらされ刑務所にぶち込まれるのが怖いからやっているのではないでしょうか。 ですからいくら日本の首相であろうが所詮は2大国際金融資本の「 雇われマダム」 でしかないのです。

アメリカの政権を根底から支えてきたのは、デヴィッドロックフェラーである。そして本家に権力を戻そうとしているジョン・D・ロックフェラー4世は、中国・胡錦涛国家主席と親密であるらしく、 ゴールドマンサックスは、CEOを務めたポ-ルソン財務長官以来、中国とは、一体的に世界戦略を展開してきているらしい。 そしてこの世界戦略を最も忠実に遂行できる日本の政治家は、小沢一郎ということだ。


世界の大きな動きは実際こうだが、まず日本としてもできるだけ防衛、阻止しなければならない。 民営化自体は悪じゃない。  ただ民営化にするにあたってどういう問題がでてくるのかということを国民も全く知らなかっただろうし、国会でも十分議論しなかったはずだ。 そしてマスメディアも与党の御用機関であるから、そんな重要なことは一切報道しなかった。  そこにも問題があったのだ。  そして箱を開けてみたら、かんぽの宿やゆうちょ、保険の340兆円が外資に収奪されることがバレテきて大騒ぎになっている。


小沢氏はジョンロックフェラーと親しいらしと言うことは反デヴィッドということだろう
。 第七艦隊の話やイラク派遣の話でも反米とみられる言動をしているがそれはそれでいい。 ヒラリーはデヴィッド派だ。  大きな観点で言えば日本という国が国際社会で生き延びるためにはどうすればよいのかだ。 もちろん小沢氏は政権を取ったら日本の国民を守らなければいけない。 郵政の西川続投の件もあるし、三井住友、ロスチャイルドとの関係もある。ジョンと小沢氏の駆け引きが政権を取った後の重要問題である。

しかしあえて言う。 この金融危機脱出と覇権移動の中で日本を救うのは小沢氏しかいないと。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る