ペソ動物病院へ

  • 2010/01/05(火) 17:03:09



暮れから眼が白く濁ってきたので動物病院へ連れて行きました。白内障とのことでした。お薬をもらって帰りました。年を取っているのでこれ以上よくなることはないと言われましたが、効くかどうかはわからないがとりあえず薬だけはもらいました。
 

ペソは七歳で5月で八歳になります。息子が道をうさぎが歩いていて、車にひかれるからと拾ってきたのです。ペソと名づけたのは息子で、いまだになぜペソなのかはわかりませんが。

ペソが我が家に来た時、娘が小学校のときいじめられていたうさぎをもらってずーと飼っていてすでに八歳で、半身付随になっていました。そのためペソを飼うことができず、ペソは京都の女子大に通っていた娘に飼ってもらうことにし、新幹線に乗って行きました。でもすぐ、好き嫌いがあって何も食べないと連れ戻されました。半身不随だったうさぎは八歳で亡くなり、それから連れ戻されたペソは、何でもよく食べ、とびまわっています。


  この日は、白内障のほかについでにおできのようなものが出来ていたのでそれも診ていただくと、それは皮脂腺が身体の中で大きくなったもの、つまり脂肪の塊ということでした。その場で「えい!」と取られてかなり痛かったようでした。
20100105170308

帰ってくると、疲れたのと家に帰って安心したのか、うとうとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る