事業仕分け 科学技術予算も同じ土俵で

  • 2009/11/26(木) 20:50:38

 

 今まで各省の大臣が予算さえ通してしまえば、それがどのように使われようがいっさい問われなかったため、できるだけ大臣などに顔のきく陳情して予算のとれる天下り官僚を雇い、予算をとろうとした。そのため天下りの温床となるなどの問題が出てきた。国民の税金を湯水のように使おうがどこからも何も言われなければ感覚が麻痺し、与えられたポストにあぐらをかいているだけで済んでしまった。

それが、政権交代によりどの省も仕分け人に同じ土俵で厳しく国民の税金の使い方を問われ、無駄だと判断されれば国庫に返納されてしまう。それだけ国民の税金を使うという意識をもっていて説明できなければ、ばっさりと斬られる。科学技術の予算も、防衛省の予算も容赦なく判定される。

どの省も同じようにふるいにかけられるこの事業仕分けは、国民の税金であるという意識を常に持たせるためにもなくてはならぬことだと思える。





 先日、事業仕分けで科学技術予算が廃止、縮減対象になったことに科学者からの反発が相続いているという。

政府主催の天皇在位二十年祝賀式典で祝辞を述べた理化学研究所の野依良治ノーベル化学賞受賞者などは、事もあろうに野党自民党に泣き付いて何とかしてくれと言ったというから驚きである。

スーパーコンピューター・GXロケット・地球ダイナミックス研究・大型放射光施設スプリング8を始めとする大型事業から、広く研究者に支給される資金まで、多くの項目が「廃止」や「縮減」とされた。科学技術予算はこれまで成長戦略の象徴として特別扱いされてきただけに研究者の間に反発と動揺が広まった。

有識者議員や日本学術会議、大学学長会からの声明や表明などが相ついだ。「国家存亡にかかわる」とか「世界から取り残される」「取り返しのつかない事態になる」「将来に禍根を残す」など。ノーベル賞受賞者が揃って鳩山大臣へ申し入れに行ったりしている。



私は、いい加減な税金の使いかたをしないためにも、これからもどれも特別扱いせずに同じ土俵にのせて、厳しく仕分けを行ってもらいたいと思っている。税金を使う以上、いつでも国民に説明できるようにすべきだし、無駄づかいも慎むべきである。

縮減や廃止となった事業もさらに行政刷新会議?で審議されどうしてもというのは復活する道もあるのだから。すぐに結果がでないけれども日本の国としてどうしても予算をかけて開発・研究していくというものについては、政府のめざす国家ビジョンとして予算を認め保障していくようにすればいいと思う。政府が認める研究者だけ集めて政府の研究機関を設置して国家プロジェクトの別予算として政府あるいは国家戦略室が管理していくという方法もある。

 誰だって日本の国が科学技術の最先端を行き、各国をリードしていってもらいたいと思っているはずだが、それと国民のためではなく利権がらみの無駄づかいを認めることとは別であるはずだ。

税金をかけていくからには、予算が認められてから国民のために意味のある使い方をしているかが問われるのは当然であるといえるし、それが説明できぬようないい加減なものは認められないのはもっともだと思う。

今まで「寄らば大樹の陰」で、説明責任を果たさずにきていたことのほうが問題だということを認識してもらいたいと思う。鳩山政権が国民から見えるようにオープンにこの仕分け作業を行っているそのことを多くの国民が支持しているのを忘れないでもらいたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る