日帰り名古屋旅行

  • 2009/09/12(土) 07:27:03

 日帰りで名古屋へ行くことになりました。

まず、東京駅近くの金券ショップで新幹線の往復乗車券を買うことにしました。

朝6時に家を出たので、金券ショップはまだ開いてない時間ですがここは自動販売機でチケットが買えるので便利です。
でも上のホームページの地図を見ても、ちょっとわかりにく場所にありました。


より大きな地図で 旅行の過程の地点登録 を表示

店名 伊神切手社 東京八重洲店
住所 東京都中央区日本橋3丁目3−18富士八重洲ビル
電話番号 03-6225-4100

東京駅前のこの通りからはいっていきました。
20090912072703

すると白い大きなひさしの看板が見えるのですが、
その下にひっそり自動販売機が置いてあり、つい見過ごしてしまいます。
(本当にわかりにくいところです。)



 新幹線の中で駅弁を食べると、旅行へ行くという気分になります。

名古屋駅に到着すると、駅の観光案内所へ行き、「なごや観光ルートバス メーグル」の「1DAYチケット」に市バス・地下鉄の乗り放題付き(600円)乗車券を買い求めました。

 このバスは20分おきに運行されている周遊バスで、その間は乗り降り自由です。

 まず、徳川家康により築城され「尾張名古屋は城でもつ」とうたわれる名古屋城に行きました。



天守閣まで登り、




ずーと見学しながら降りてきました。



お堀の所には、鹿が放たれています。



 名古屋城を出て、徳川園に行きました。

 海を見立てた池を中心に、見所をぐるりと巡る池泉回遊式庭園で、高低差を生かした滝や川などダイナミックな景観が楽しめます。

 尾張徳川家の邸宅だった所です。

 あいにくの雨でしたが、庭園を見学し、池の鯉にえさをあげたりしました。



 昼食の時間になったので、オアシス21の硝子でできた「水の宇宙船」の地上14メートルの空中散歩を楽しみ、味噌煮込みうどんが美味しいというお店を尋ねて行きました。




 その店は山本屋総本家といいます。

ここで、親子味噌煮込みうどんを食べました。



 麺が硬めで、こくのある煮込みうどんでした。

雨で濡れていた体もあったまり、トヨタテクノミュージアム産業技術記念館へ行きました。



トヨタグループ13社が共同して設立した参加型博物館で、館内には本物の繊維機械やトヨタ初の量産車など迫力満点の展示物がズラリと並んでいます。

 閉館間際だったので、自動車館を見るだけだったのですが、素人にもよくわかるように展示されていました。





 トヨタ産業技術館からノリタケの森に行きました。

緑の森の中に、陶磁器の製造工程や貴重なオールドノリタケを展示するミュージアム、セラミックスの世界を紹介する記念館が点在しています。

 入れたのはショップだけでしたが、ノリタケの森全体が美しい庭園の中にあり、ノリタケ食器を使ったカフェやレストランでひと休みすることもできます。





ノリタケというのは則武町にありました。

これで、名古屋の見学すべき所は見学して、名古屋駅に戻り、観光案内所で聞き、駅地下エスカで名古屋名物のひつまぶしとみそかつを食べることにしました。


より大きな地図で 旅行の過程の地点登録 を表示

何かわからないことがあれば、観光案内所にとびこむことです。どんなことでもとても親切に教えてくれます。割引券などももらえます。

 ひつまぶしのお店備長ひつまぶしは、東京銀座にもお店があります。
蒸したうなぎを焼くのではなく、焼いただけのうなぎはからりと香ばしく、とても満足しました。



 もうすでにお腹はいっぱいだったのですが、ここまで来たからにはと、味噌カツも食べることにしました。

 


 エスカの矢場とんは、人気の店でずらりと並んでました。

以前、味噌カツを食べ、あまり美味しくないと思ったのですが、ここの味噌カツは、たれにつけこんであるような味噌カツで、満腹だったのにペロリと平らげてしまいました。

 それからテレビ塔へ行き、



 展望デッキから名古屋の夜景を眺めました。

 見るところを見、食べるべきものも食べて、満足し、名古屋駅に戻りました。

 このときすでに夜9時をまわっていて、新幹線に乗ったときはどっと疲れもでたのですが、家に帰り着いて、何とも充実した一日だったと思いました。
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る