ブレフォーのCMビデオ:自民党にがっかり

  • 2009/08/28(金) 17:59:01

 ネットで自民党の「ブレフォー」というのが若者に人気だというので、見てみた。



 菅・鳩山・小沢・岡田の民主党議員そっくりの影絵のような人物が、ぶれまくる様子を面白おかしく描いたものである。

 たしかにそっくりで笑えるけれど、しだいに憤りがこみあげてきた。



 そして本当にがっかりした。

 これが政権与党のすることなのだろうか?相手のミスを面白おかしくあげつらうことしかできないのだろうか?

 政策を訴えるとかならまだしも、これはいったい何なのか!

 政権をとってない政党だから、マニフェストを発表してみて意見を取り入れ、それを手直しすることもあるだろう。

 政権与党がそれをすれば、ブレルと批判されてもしょうがないとしても、政権をとったことのない政党だから、よりよいものにするのは当然のことであり、ブレルというものではない。

 官僚まかせの政党だからこんなことでしか若者をひきつけることしかできないのかもしれないと思えてきた。

 そのときだけの定額給付金は、ばらまきだ。政策でも何もない。ちまたでは、「あれは創価学会の年会費を納めるために配った」と言うことを言う人すらいた。

 民主党のマニフェストを見て、「ばらまきだ」と批判するようだが、財政の裏づけのある長期的な計画のもとで、手当てを支給していくことは、ばらまき政策ではない。

 「ブレフォー」にお金をかけてネットに流すようなことをするのだけをみても、もう、自民党は野党になる準備をしているとしか思えない。

 カルト政党の公明党が与党になって政府に入り込んだ頃から、日本の政治はどんどんおかしくなり始めた。

 確かに、会社の経営者にとっては、派遣ぎりをしやすくし、終身雇用も年功序列もなくし、いつでもリストラできるようにして経営しやすくなったのかもしれない。

 しかし、一般国民は働いても豊かにはなれず、一生安心していられるとの保障もない。

 ローンを組んで家を買ったりしても、いつリストラされるかとおびえて暮らさなければならない。

 「100年安心」どころか、わずかばかりの年金さえ、それで暮らせるかと不安にさせられる。

 今更「日本を守る」なんて言ったところで、そらぞらしく聞こえる。

 小泉改革の結果、自民党は公約通りに「ぶっこわれ」、政権の座を明け渡すことになったということだ。

 いまだ国民は、「痛みっぱなし」で、せめて我々にできることは、はっきりと、小泉改革が行った結果に反対の票を投じるしかない。

 政権を変えて、被爆国日本は、オバマ大統領を心から迎えたい。いっしょに世界が平和でいられるために歩みだせるかもしれない。

 この頃は、テレビをつけるといつもノリピーのことばかり報道している。

 ノリピーは世間を騒がせただけ報道されてもしかたがないかもしれないけれど、事件の異常性からすれば、「押尾学事件」の方が問題にされるべきである。

 亡くなった女性は以前から「押尾容疑者に変な薬を飲まされようとされて困っている」と友人に相談しているとテレビでは報道していた。

 「死人に口なし」かもしれないけれど、殺人もからんでいるとしたら、単に覚せい剤の流れだけでなく、このマンションの所有者を含めた政財界・芸能界の麻薬ルートも問題にされるはずである。

 ところが、テレビではノリピー事件の陰に隠れて、報道されない。それどころか保釈されるかもしれないという報道まででてきた。

 何かおかしいと思ったら、ネットに押尾事件をめぐる自民党の大物議員の存在が取りざたされる記事が出始めた。

 人が殺されても、警察やマスコミにも圧力をかけて、うやむやに処理されることになるのかもしれない。

 選挙前だから、当落にかかわるから報道されないのかもしれない。

 テレビでは、漫画「20世紀少年」を放映する。
この漫画の原作は、創価学会の世界征服を批判するためにかかれたが、創価スポンサーが入り込んで、自分たちに都合のよいように書き換えてしまったとも言われている。
(映画版は創価学会とわかるような宗教を利用する部分を消して、単なる子供のころの夢の実現だけにすり替えた?)


 「フレンド」作戦と称して、政財界、司法・行政・立法の場に多くの信者を送り込み、池田支配の世界をつくるため、信者をマインドコントロールし、教祖のためにロボットのように動かす。

 統一教会や創価学会のカルト教に支配された自公政権を変えないかぎり、自由に発言したり行動したりすることのできる日本は来ない。

 自公政権の膿を出し切ったとき、私達国民のための政治が行われる時が来ると思い、日曜日には一票を投じたいと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

北海道旅行 

  • 2009/08/22(土) 09:27:12

北海道への旅立ちの日8月22日(土)東京から新千歳へ

 羽田発11時の飛行機だったので、食事は北海道でとることにし、羽田空港で朝食がわりのブランチをとることにしました。
20090822092712


 いよいよ搭乗


全日空機61便

 新千歳空港着
レンタカーで富良野に向かいます。
途中、マオイの丘の道の駅で昼食





富良野到着
はじめに行ったラベンダー園ではすでにラベンダーが終わっていました。



このあたりで最も大きいラベンダー園富田ファームへ行ってみることにしました。


 ここでもラベンダーの花はすでに刈り込まれていて、ラベンダーは見られないとあきらめかけたのですが、奥の方に花が咲いているところがあると教えられ行ってみると、あたり一面花畑でした。




















記念撮影をし、アイスクリームやとうもろこしも食べて、満足。今日の宿のある美瑛の白金温泉に向かいました。
 ホテルパークヒルズにチェックインし、夕飯をとりに美瑛の町に出ました。
美瑛では、町をあげて盆踊りをしており、にぎやかで屋台などが出ていました。



また、うどんがとても美味しく、美瑛の町がうどんと野菜、カレーで有名なことを知りました。





8月23日(日)美瑛から小樽へ

美瑛に着いたときには、すでに日が暮れていたので、朝起きて散歩に出ました。この辺りは、十勝・大雪山国立公園に指定されており、とても景色のよいところです。


より大きな地図で 旅行の過程の地点登録 を表示

20090827140003

ホテルパークヒルズをバックにパチリ!



せせらぎ遊歩道を川のところまで行きました。



火山博物館のあるところが見晴らしがいいということなので、途中橋の上から不動の滝や渓谷をながめ、展望台までの階段をのぼって行きました。








チェックアウトして、美瑛の丘めぐりをしながら、旭川経由で、小樽へ。


三愛の丘展望公園、四季彩の丘、北西の丘展望公園、マイルドセブンの丘、セブンスターの木、ケンとメリーの木。

パッチワークの路・パノラマロードなど「あー北海道!」と思わず叫んでしまいたくなる景色に感動!





ぜるぶの丘









哲学の木











美瑛の丘の地図











マイルドセブンの丘





















美瑛から旭川へ。旭川では、旭川ラーメンと旭山動物園へ。


旭川ラーメンは、魚介だしの醤油ラーメンです。



そして、小樽へ。
グランパーク小樽へチェックインし、小樽の町へ。

このホテルは、昨年までヒルトンホテルだったのが経営がかわってグランパーク小樽になったということですが、従業員の教育が行き届いておりさすがだと思いました。
小樽といえば寿司や生ものですが、とりあえず回転寿司を食べることにして、和楽という回転寿司のお店へ。






8月24日(月)小樽から札幌へ 

小樽の朝です。
20090824113904


市場で新鮮な魚料理を食べることにしました。
市場の中の「のんのん」というお店で、うに、いくら、ほたてなどがのっている小樽丼とさんまといかの定食を頼みました。

うにはとても新鮮でとろけるようでした。また、生のほたても歯ごたえがあってこんなに美味しいとは、びっくりです。


 それから、色内通りを散歩。歴史ある建物がずーっと続いてます。



ホテルをチェックアウトして、いよいよ小樽見物。


まず、小樽運河へ。







メルヘン広場の方へ向かって歩いていたら、「小樽ホラ吹き昆布館」という変わった名の店があり、「七日食べたら鏡をごらん」という歌い文句で、すすめられるままにお茶を飲み、昆布のヨードで美しくなると言われて、思わず買ってしまいました。



小樽といえば「北一硝子」。いくつかの建物があるのですが、その中でも特に3号館は、ムードのある建物です。





 製造中止品で安くなっていた硝子製品を北一硝子のアウトレット館で買い、ぶらぶら歩いていると、「六花亭」と「北菓楼」がありました。

 まず、「北菓亭」に入り、バームクーヘンとシュークリームの飲み物セットを買って、お茶休憩することにしました。



バームクーヘンは、しっとりしていて、とても美味しかったです。
 「六花亭」でも買い物しましたが、このお店はレジが配送用と持ち帰り用に分かれていて、客の立場にたってスムーズに買うことができて関心しました。

メルヘン広場にあるオルゴール館に入りました。



小樽の町を堪能し、ニセコ経由で羊蹄山をぐるっとまわって、札幌へと向かいましたが、着いた時にはすでに日は暮れていました。



 札幌ビール園で、ジンギスカンを食べました。


食べ終わるとすぐに藻岩山の夜景を見に行きました。

ハードスケジュールだったので、この日はホテルに帰るとバタンキューでした。



8月25日(火)札幌から東京へ

 朝、札幌の町を散歩しました。
大通り公園を、時計台、北海道大学と歩いて行きました。




旧日本庁舎です。
20090825072102


テレビ塔が見えます。


札幌駅にも行きました。



ホテルクラビー札幌をチェックアウトし、札幌ラーメンを食べに行きました

行列ができていて、並んで食べたラーメンは味噌らーめんでとっても美味しかったです。

 食べ終わると羊が丘公園へ。

クラーク博士の「少年よ、大志を抱け」の像がありました。




 千歳まで行く途中、支笏湖に寄りました。


船の乗り、海底の魚が見られると乗ったのですが、魚が見れたのは、船着場の所だけで、これで一人1200円は高いと思いました。

サケのふるさと館にも寄りましたが、ここで関心したのは、千歳川を泳ぐ魚をふるさと館から見られることです。ふるさと館に千歳川が隣接していて、自然のままの姿が見られるのです。

魚にさわって遊べるコーナーがあり、餌とまちがえて指に吸い付いてくるのが何とも楽しかったです。


北海道で食べたいものは食べたと思ったら、スープカレーがまだだと言われ、千歳でスープカレーを食べに行きました。


北海道でぎりぎりまで遊ぼうと飛行機を遅い時間にしたのですが、レンタカーは7時半までに返すように言われ、返しに行ったら、すぐに空港行きのバスに乗せられてしまい、空港で時間をもてあましてしまいました。

飛行機は最終便で、出るまで2時間もあり、お土産を買ったり、うに丼を食べたりしたのですが、どんどんお店は閉まり、何か落ち着ける場所がなく、困ってしまいました。


 旅の疲れもどっと出て、東京に到着したときは、家に帰るのがやっとでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

岩殿山登山

  • 2009/08/16(日) 17:00:03

20090816170003


 大月にある岩殿山の岩殿城跡に行きました。

岩がつきでたようなところが頂上にあるのが見え、それを目指して登っていくのですが、途中丸山公園というところを通り、ここでトイレをすませます。




 見晴らしがよく、大月の町や遠くには富士山も見渡せます。




頂上付近にあった、断崖絶壁の岩場の上に立っています。
ここはあまり人が立ち入らない、秘密?の場所です。 




 頂上付近に眺めのいいところがあり、富士山がよく見えました.



20090816175702


 岩殿山の頂上に到着。岩殿城があった跡です。




 富士山・中央高速・桂川・大月の町が見えます。

登山すると思って出かけなかったので、サンダル履きで、足もとがおぼつかずすべったりして、足が痛くなりました。




 夕暮れ時、蝉の声をききながらの山登り(それほどおおげさのものではないが)は、気持ちよかったです。


20090816185411


 岩殿山を下山して猿橋に行きましたが、着いた時にはすっかり日が暮れていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る