7月のレストランガイド

  • 2009/07/18(土) 15:18:24

チャンドラーラ">チャンドラーラ7/18
(インドカレー主体の料理とうどん、オムライスなどのあるお店)
20090718151824

 今日、所用で大宮まで行く途中、渋滞を避けて与野まで行ったとき、新しくオープンしたチャンドラーラというお店を発見し、昼食を食べてみようということになりました。

 このお店、本格的なインドカレーのお店のようであり、それでいてうどんやそばなどもあり、値段はファミリーレストランと同じぐらい。カレーのバラエティセットは、3種のカレーとライスとデザートに大きなナンがついていて、880円。

 このセットとサラダバー(3種類のスープ・フルーツ・ソフトクリームも有り)、それと別にチャイティーを注文し、食べてとてもおいしかったけど、オープンしたばかりで従業員が慣れていず、なかなか料理が出てこなくて文句を言ってしまいました。

 それでも、ファミリーレストラン並のリーズナブルな料金で、美味しいインドカレーとサラダバー・ドリンクバー(いずれも別料金)が食べられるというのは、魅力的。

 

インド料理 ナンバガン7/19
20090719170617


20090719165103

和順庭に行く途中通る久米川駅近くのインド料理店「ナンバガン」のことをテレビでやっていたので、寄ってみました。

 「タンドリー定食」のナンをチーズナンとガーリックナンに代えて注文しました。出てきたのは、大きなナンの上にタンドリーチキンなどがのっているものと、カレー2種にサラダ。飲み物は、無料で選べるようになっていました。

 ナンをチーズとガーリックのに代えたはずだったのですが、間違って普通のナンが出てきてしまい、結局普通の大きなナンとチーズナン、ガーリックナンもサービスしてくれて、食べきれずお土産に持ち帰りました。

 やっぱりここも本格的なインド料理のお店で、カレーやナン、タンドリーチキン、それと別に注文したインドの野菜家庭料理もスパイスが効いて、とても美味しかったです。もう食べ終わった時には、お腹いっぱいで、苦しいぐらいでした。



高円寺 麺創房 越山7/20
20090720183909


 高円寺にある麺創房越山は、池袋の人気店「無敵家」がセカンドブランドとして去年12月28日にオープンしたお店です。

 無敵家は、豚骨の効いた家系ラーメンですが、こちらは魚介系を効かせたラーメンで、 スープの主原料には、丸鶏をローストしたものを使用し、さば節・にぼしなどの魚介系を加えてるそうだと口コミには書かれています。

 ねぎらーめんとつけ麺を魚介スープで注文。他に濃厚スープもあります。スープがとても美味しくて、あっというまに食べ終えてしまいました。


サンマルクカフェ7/20
20090720190307


 高円寺南口のサンマルクカフェ

 ラーメンでお腹がいっぱいになったので、お茶に寄りました。一階が喫煙席、二階が禁煙席。二階に並んで座れるところがなかったので、一階の入口付近に座ることになりました。

 抹茶ラテとゆず茶にクリームチーズと抹茶と黒豆のロールケーキを頼んだのですが、ホットゆず茶は、ゆずがたっぷり入っていて、クーラーで冷えた体には、ほどよい温かさと香りが、とてもおちつきます。

 リラックスできた気分。アイスシューが食べたかったのですが、売り切れということで、食べられなくて残念。 お茶したり待ち合わせするには、手頃なのでは?



フェリーチェ/26
20090726175103

日曜日、友達とどこかへ行こうということになり、ぎらぎらと陽射しがてりつける暑い夏、こんな日はプールに限ると、近所にできた区のスポーツセンターにいくことにしました。


中村南スポーツ交流センター のプール は、できたばかりで施設も充実し、とてもきれいです。箱物にばかり税金をかけるのには反対ですが、区民の健康・体力増進のため利用価値のあるものについては、認めるところです。区が東京ドームに指定管理を委託し、運営しています。一時間200円(障害者100円)です。

 水中歩行コースとフリーコースと完泳コース、こども優先コース、幼児プール、ジャグジーがあります。泳ぐだけ泳いで、センター内を見学し、武道場・体育館・キッズルームなど利用できることを知りました。

 今年はじめてのプールにほどよい疲れ、ぶらぶら散歩しながら帰っていると、イタリアレストランと花屋を兼ね備えてる喫茶フルーチェにでたので、テラスでお茶して帰ることにしました。

 プールに行くので、小銭しか持たずに出たので1300円しかなく、カフェラテとカプチーノと予算内で食べられるものをお店の人に相談し、パンの盛り合わせを頼むことにしました(これで1250円)。

 このお店は、造園業を営んでいるので、お店の周りには、木々がうっそうと生い茂っており、蝉の声をききながら、夏の雲を眺め、「あー夏だ!」と、暑い夏を満喫した気分になりました。とてもリラックスできました。




イタリア料理 BOCCA(ボッカ)7/26

20090726210613


阿波踊りが済んで、西武新宿線都立家政駅の北口から新青梅街道へ抜ける商店街の中ほどにオープンしたばかりのイタリア料理「ボッカ」で食事をしました。サラダにキャベツとアンチョビのパスタ、本日の鮮魚料理をオーダーしました。

 魚はいさきでしたが、ほどよくこげた魚の香りと野菜をからめてあるソースが今までにたべたことのない美味しさで、どの素材の味や香り、鮮度を生かして調理されており、こんなおいしい魚料理は清里のレストラン「オールドエイジ」の魚料理以来でした。(私の口にはとてもあっていた)

 パスタも、ゆで具合が固めなのが麺のうまみを殺すことなく調理されており、これはまさにプロの料理だと思いました。料金もリーズナブル。近くにすばらしいお店を発見した思いでした。

 今日一日は、自宅を拠点としながら友達を案内し有意義にすごしました。思えば、生まれてから今までずーとこの地ですごしてきて、案外「灯台もとくらし」。地元のすばらしさを知らずにいたのかもしれません。

 

デニーズ  牛肉とキムチのビビンバ麺7/28
20090728225713

和順庭で久しぶりに鍬で耕して体中が痛く、帰りの車の運転もきつく、帰ってからぐったりしていたのですが、一人で食事をするという友達につきあい、デニーズに行きました。すでに軽く食事を済ませていた私は牛肉たっぷりのビビン麺を、友達は夏野菜のカレーを注文しました。

 ビビン麺は、牛肉とキムチとナムルをのせてごま油と豆板醤?のような調味料で和えてある冷やし中華のような麺です。他のお店ではあまり見かけず、ここだけのオリジナルのようなので頼んだのですが、暑い夏には、食欲をそそられ、冷やし中華とはまたひと味違った美味しさで、夏にはぴったりです。

 デニーズのホームページには、こんなふうに書かれています。
「暑い季節に、冷し麺はいかがでしょうか?牛焼肉とゼンマイナムル、人参、キュウリ、もやし、白髪ネギ、と野菜をたっぷり山のように盛り付けたデニーズならではの冷たい麺。甘味の中にほのかな辛味と酸味があり、箸が進んでしまう麺です。
※プラス100円でミニ梅しらすのごはん、プラス150円で小鉢がつきます。小鉢は「青菜のオリーブオイル蒸し」「国産大豆の豆腐サラダ」からお選びいただけます。
 喉ごしとしゃっきりした歯ごたえ、またスープとの絡みも良い特質をもった“麺”です。野菜は細切りにし、具材の大きさを揃えることで、スープと良く絡む仕立てになっています。オリジナルのスープは、コチュジャンと中華風スープを美味しい比率で合わせています。一皿で、お肉だけでなく、140gの野菜がしっかり取れる、ボリュームだけでなくバランスを考えて提案しました。」

 

池袋オープンレストラン 「DERI」7/30

20090730223002

名古屋から友達が出てきて、久しぶりに新宿で食事をしながら彼女の仕事のことや子供のこと、お互いの人生について語り合いました。

 娘を東京の大学に通わせているので、上京するたびに会っているのですが、住む場所は名古屋・東京と離れていても、こどもを育てながら、愚痴を言い合える友達がいるということは、それだけで支えになります。食べるだけ食べ、話すだけ話して、また明日ランチをする約束をし、別れました。

 それから、仕事帰りの友達と池袋でお茶することにし、池袋駅を副都心線の駅に向かっていくところにあるエチカに行きましたが、すでにほとんどのお店が閉まっており、地上に出ました。

その地上に出たところにあったのが、この「DERI」です。正式には、ニューズデリというカフェスタイルのお店で、「健康とスローフードを皆様に」をモットーに、食品にこだわり、健康にこだわり、安心・安全な健康食品をバイキング形式で手軽に食べることができます。
 
 ニューズデリ池袋店は、常時何十種類ものお惣菜やデザートが用意され」ており、食べたいものだけを自由に選択できるカフェで、健康を意識したスローフードで毎日のランチにもオススメだということです。

アルコールなども用意されており、みんなでわいわいがやがやにぎやかにお茶するのには、最適の店といえるでしょう。場所がら学生の通り道で、大学生などが気軽に寄れる店です。

 
こんなお店がありました。
20090730223311

DERIを出て歩いていると、こんなレトロなお店があり、思わず外からパチリ。池袋の西口は、新しい現代的な店とこのようにレトロな店とが混在している街です。



イタリア料理 カルミネ7/31 
20090731205102



 友達の娘さんがアルバイトをしているというので、友達につきあいイタリア料理「カルミネ」にランチに行くことにしました。といってもイタリア料理のお店というだけで、私はお店の名前もわからずに目白駅で待ち合わせ友達に連れられて行きました。

 目白駅の前の道を学習院とは反対の方向にひたすら歩き(10分ぐらいだったか)、目白病院の向かいにそのレストランはありました。お隣が、「つづらそば」というお蕎麦屋さんで、合掌づくりのような目立つ建物なので、もし道がわからなければ、この「つづらそば」か目白病院を訪ねて行くといいと思います。

 ランチのAコース(1500円ぐらい)は、前菜、パスタかピッツア、デザート、飲み物をそれぞれいくつかの中から選べるようになっています。前菜はトントロとマグロを選びましたが、それぞれイタリアンドレッシングで和えた生野菜が添えられているものでした。

 ピッツァはきのことひき肉のピザ(何か名前がついていた)を。パスタは、カッペリー二という冷製パスタ(麺は素麺のように細い麺だった)を。それぞれ選びました。

 デザートはサービスで、ワンプレートに何種類かのデザートがのっているものが出てきました(普通ランチは一種類を選ぶ)。苺とキーウィが添えられたパンナコッタ、ガトーショコラケーキ、マンゴーと桃のジェラート?など。

 イタリア料理のお店はかなり行きましたが、ここのお店は今まで行った中で、ピッツアがとにかく美味しく思えました。焦げ目がついて外側はカリッ、内側はモチモチしている。焼き加減が丁度いい。きのことひき肉(ミートソースのよう)が生地にとても合っています。(別に添えられたオリーブを好みでかけて食べるようになっている。)

 前菜も、トントロははじめて食べたがトロっとしていてそれが野菜とよく合っていて、オリーブの効いたドレッシングのようなもので和えられていて、本格的なイタリアンだなと思いました。パンも自家製で、これはシンプル。料理の味を引き立たせるためか、パンそのものはあまり味がなく淡白。

 カッペリー二は野菜を細かく刻んでオリーブ仕立てのドレッシングと和えてあったが、これは他のに比べるとまあまあ普通というところでした。特に前菜の味付けと何か同じような気がするのです。

 ここまででお腹がいっぱいになりましたが、サービスデザートがプレートに芸術作品のようにきれいに盛りつけられてソースで描かれて運ばれてきたので、目と舌で充分楽しみながらカプチーノといっしょに最後まで味わうことができました。(ガトーショコラは私にはちょっと甘かった)カプチーノには、ハートが描かれていて、これまた心なごみます。
 
 ランチだからこの値段でたべられるのでしょうけれども、コース料理としては、満足できるものでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る