玉原(たんばら)ラベンダーパークと玉原湿原 ・ 龍華院弥勒護国禅寺

  • 2009/07/14(火) 16:00:06

20090714153618

7月11日(土)沼田市玉原(たんばら)高原にある玉原ラベンダーパークへ行きました。

 関越自動車道を沼田インターで降り、約30分(沼田インターより19km)。インターからラベンダーパークまでの沿道には、桃・ネクタリン・さくらんぼなどの果物のお店が並び、
また、なめこの販売をしているなめこセンターなどがあり、お店にぶらっと立ち寄りながらののんびりドライブでした。

 玉原ラベンダーパークは、冬はスキー場になるところで、その斜面にラベンダーの花が植えられています。

 標高1300mの土地に、約5万株のラベンダーが植えられており、一面を紫に染め上げています。

 ここは、夏だけの天然リラックススペース。

 ラベンダーの「こいむらさき」「おかむらさき」「スーパーセビリアンブルー」の三種類のラベンダーが、早咲き、中咲き、遅咲きと順番に色づき、7月中旬から8月中旬がいちばんの見ごろとなります。

 行ったときは、「こいむらさき」が咲いていましたが、まだ見ごろはこれからのようです。

 また、ヤナギランやニッコウキスゲなど100種類の山野の花々が出迎え、時期ごとに違う表情が楽しめます。

 登りは、リフト(別途料金)で行き、帰りはぶらぶら散歩しながらおりてきました。
 
 営業期間は6月27日(土)から8月30日(日)。
 入園料は1000円(小学生以下無料。障害者無料、付き添いは有料)。
 駐車(1500台収容可能)料金無料。



20090714160006


 ラベンダーパークで下山中、玉原湿原への分かれ道がありました。

 湿原へ行くことにし、樹林の間を抜けると、湿原がひろがっていました。

 尾瀬ほど人が多くはなく、人知れずある湿原という感じでした。

 いくつかの湿原散策コースがありましたが、とりあえずぐるっとまわってまたもとのラベンダーパークへ行き、ラベンダーの苗などを買いました。




龍華院弥勒護国禅寺

ラベンダーパークの帰り、北関東の霊峰「天狗のお山」の「迦葉山(かしょうざん)龍華院弥勒護国禅寺に寄りました。

 このお寺は、神通力を持っていた中峯尊者が、衆生済度のためこの世へ現れたが、なすべきことが終わったので、末世衆生のため苦しみを取り除き、楽しみを与えるといって昇天し、その後に天狗の面が残されていたことから、天狗のお山として崇められ、天狗のお面が祭られています。

 行ったのが夕方だったので、お寺の住職さんに、「お寺には暗くなってきちゃだめだ。早くおうちに帰りなさい」と言われ、何かこの年になって久しぶりに諭されたような気がしました。

 

手打ちうどん「奥利根うどん本舗」

 沼田インター近くの手打ちうどんのお店「奥利根うどん本舗」で、うどんを食べて帰りました。

 このお店、うどんとカレーのお店で、「あれ?」と思ったのですが、意外とカレーと手打ちのこしのある太麺が合っていて、うどんをカレー汁につけて食べるのが美味しかったです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む