5月に和順庭

  • 2009/04/28(火) 23:57:04

プラダーキャンピオン(グリーンベル)
20090428235704

 何が入っているかわからないミックスの種を昨年まいたら、種がこぼれて今年も咲いた花で、多分プラダーキャンピオンだと思います。別名でもある学名のシレネは、ギリシャ神話の酒神バッカスの父、シレネから取ったものだと言われています。花が咲き終わったあとが鈴の形に似ているため、グリーンベルとかフウリンカとも呼ばれます。


何の花?
20090429000006

 和順庭から摘んで帰って、何の花だろうと改めて思いました。と言うのもプラダーキャンピオンの白い花といっしょに摘んで、色違いのピンクとばっかり思っていたのです。

 ハート形のような(ハートははなびらの先が二つに分かれているがこれは三つに分かれている)ピンクの花びらの中心に白い小さな花(白い花びらが四つ合わさっている)がさいているようで、何とも愛らしいのです。フリルのように揺れます。何の花でしょうか?


シラー・ヌータンス
20090429000602

 毎年、咲く釣鐘をつけたような可愛い花です。ワートソープの花かと思ったのですがどうも違うようです。調べてみると、シラー・ヌータンスの花のようです。

シラー・ヌータンスは、耐寒性球根植物で、別名をイングリッシュ・ブルーベル(English Bluebell)と言い、イギリスではブナ樹林等の下に群生し青いカーペットを敷いたような光景を演出します。学名のScilla(シラー、スキラ)はギリシャ語で毒になるという意味であり、小芋のような形をしたりん茎(球根)部に有毒物質を含みます。苞葉と鱗茎の数からシラー属ではなく、ヒアキントイデス属(Hyachinthoides)とする説もあります。花壇や鉢植え、寄せ植え、香水や石鹸の芳香に使われます。


イソトマ
20090501200015

今年初めて植えてみました。汁でかぶれることもあるようです。挿し芽ができることも知りました。


キンギョソウ
20090501200309

和順庭の南東の塀沿いに植えてあります。場所が合っているのか、株が大きくなりました。



宿根リナリア
20090505020918

リナリアの白い花とハニーサックル、ポピーがきれいに咲いています。リナリアには一年草と宿根草タイプがありますが、宿根は、背丈が高くなりよく繁殖します。



ハニーサックル
20090505020909

ヨーロッパでは、ガーデニングというとまずハニーサックル。道沿いにハニーサックルやスイトピーを石垣に這わせて、花の香りで道行く人を魅了できればと思い、植えたものです。


スイトピー
20090505021505

ピンクのスイトピーの写真はのせましたが、この色のスイトピーもきれいdす。


花手鞠
20090505023303

冬には枯れてしまった花てまりが春になって咲きはじめました。


ジキタリス
20090514220314

 ジキタリスが冬に枯れたのにいつのまにかにょきにょきとあれよあれよというまに育っていました。手前はスイトピーです。ジキタリスは、丈夫で乾燥に強いのですが、多湿には弱い花です。ゴマノハグサ科の2年草、多年草。全体にジギトキシン、ジゴキシンなどの強心配糖体を含んでいます。別名をキツネノテブクロ。
20090519214802

 1776年、英国のウィリアム・ウィザリング(William Withering)が強心剤としての薬効を発表して以来、うっ血性心不全の特効薬として使われています。また花が美しいため欧米諸国では花もよく植えられています。

 日本薬局方ではジギタリスの一種 Digitalis purpurea が医薬品として収録されているのですが、これはハトを使って効力を定量した「ジギタリス単位」という単位(詳細な定量方法は、日本薬局方を参照)で効力を表示します。



ホワイトレース
20090514220903

レースフラワーは、花束にするときに、用いられる花ですが、この花もジキタリス同様いつのまにか背が伸びていました。日当たりのよい所を好むので、日当たりのよい所で育てます。夏の暑さを嫌い、暖地では夏には枯れてしまうので、一年草扱いになります。


ツンベルギア・アラータ
20090514221204

 今日は、あまりの強い風に、日よけのパラソルも飛んでしまうような日でした。種になったポピーを抜いて、他の花が成長できるようにしました。暑くてとっても疲れましたが、なぜかペソは、帰ってからべったり甘えてます。前に来た時は気づかなかったのですが、何日かしか経っていないのに、こんな花を発見しました。何の花か調べていましたが、やっとわかりました。 

ツンベルギア・アラータです。熱帯のアフリカ原産のツル性植物ですが、比較的最近出回るようになった植物です。なお、ツンベルギアという名前は、スウェーデンの植物学者ツンベルグの名にちなむようです。 ツル性で1〜2mくらいになるのでアンドン仕立てなどにして楽しみます。

花は花径3〜4僂曚匹硫色の花が咲きます。花の中心部の黒紫色がアクセントになって目立ちます。花色は黄色の他、白やクリーム色があります。 耐暑性はありますが、夏の直射を嫌います。宿根草ですが耐寒性はありませんので、種を採取しておくか9月末頃に新芽を挿し芽にし、フレーム内で越冬させるようにします。

上の写真の品種をよく見かけますが、他に次のような品種があります。
アラータ・カスタードイエロー   クリーム色の品種です。
アラータ・ホワイト  黄色と黒がアラータ種の特徴ですが、この品種は純白の花を咲かせます。

アラータは4月頃にタネを播いて育てるほか、5月頃にポット苗が園芸店に出回りますので、これを買って植えると簡単に楽しめ、春から秋まで咲き続けます。 移植を嫌いますので、タネから育てる場合はポットに播きます。発芽温度が高いので、早まきしすぎないようにします。
  
日当たりと水はけのよいところを好みます。ただし、夏場の強光線が苦手ですので、夏は半日陰に移します。肥沃な土や過湿は注意。 移植を嫌うので、定植は早めにします。また、根鉢を崩さないように植えつけます。ツル性でよく伸びますので、早めに支柱をします。 油カスの固形肥料を置き肥として与えます。


 カリブラコア
20090521120903

去年、ただ同然で安く売っていた苗を買って植えたら、どんどん増えて這うように拡がっていきます。4月〜10月ぐらいまで咲きます。多年草。



ミニ薔薇咲く
20090523220317

こんな可愛いバラが咲きました。


ポピー
20090523220604

野生のオレンジのポピーがそろそろ終わったと思ったら、赤い大きなポピーが咲き出しました。


虫捕りなでしこ
20090528141802

今年、和順庭に群生した花で、何という名なのかとずーと調べてましたが、やっと名前がわかりました。虫捕りなでしこと言います。

ヨーロッパから入ってきた鑑賞用の草花で庭などに植えられていますが、野生化したものが見られるようになりました。ムシトリナデシコの名前ではありますが、食虫植物ではありません。

茎の節の下に粘液を出す部分があってここに虫がくっついてしまうのでムシトリナデシコの名前になっています。花の色が濃いピンクで鮮やかです。 薄いピンクの花も咲いていて、濃淡の色彩がきれいです。


クリンソウ
20090521120604

群馬のロマンチック街道のお店で、お茶をご馳走になりながら、おじさん、おばさんと野草の栽培方法を聞いて買った花が,咲きました。色鮮やかで眼をひきます。


クリスマスコーナーの花
20090519215104

クリスマスらしい花や木を植えているコーナーです。ゴールドクエストやレースフラワー、ビオラ、マーガレット、プシラアルデシアなどなど。




野菜畑


のっぽアスパラガスを収穫
20090505020315

何日か前に来た時には、何もはえてなかったのにアスパラガスがこんなに成長していてびっくり!収穫してきました。


グリンピースを収穫
20090505020602

びっしり実がなっていて、さやごとゆでてみましたが、とても美味しかったです。


そら豆とグリーンピースの収穫
20090522113903

そら豆とグリーンピースを収穫しました。





ハーブ

ローズマリー
20090505022402
ローズマリーの花発見
 昨年植えたローズマリーが無事冬越しし、花をつけました。

20090426221205

 雑草を抜くと、あちらこちらにハーブが芽を出しています。冬の間は、すっかり枯れてしまうので、何が出てくるのか楽しみなのですが、オーデコロンミントやペパーミント、セージ類やラベンダーが出てきているのを発見し、うれしくなりました。特に、ペパーミントは、草取りをしているとミントの香りがして、疲れを忘れさせてくれます。

セージ類は、どんな肉とも合いますが、特に合性のいいのは豚肉です。ソーセージという名もソー(豚肉)とハーブのセージの組み合わせからできた言葉だそうです。

ローズマリーは、葉を肉・魚類の臭み消しとして利用します。また、ローズマリーティーには脂肪の消化を助ける働きがあります。豚肉・ジャガイモと相性がよく、甘い香りで風味が増します。



ラベンダー
20090429000302

和順庭に、多種多様のラベンダーを植えたラベンダー畑を作りつつあります。
ラベンダーは、特に花に香りがあります。エッセンシャルオイルには、殺菌・鎮痛などの薬効もありますが、何より高価な香水の原料として有名です。
ストエカス種・デンタータ種・イングリッシュ種・ラブァンディン種・プトロストエカス種などがあります。

 北海道・富良野のラベンダーなども植えてみました。ベランダで育てた苗も寒い時期に植えたものは枯れてしまい、春になって種をまいたり、苗を買ったりしました。それでも寒い冬を何とか越して、芽をだしたラベンダーもあり、どれだけ出てくるかが楽しみです。

 ストエスカ種の代表ラベンダーのフレンチラベンダー(ストエスカラベンダー)は、花の先端がウサギの耳のような形をしていて和順庭のラベンダー畑の中では目立ちます。イングリッシュ種のヒットコートラベンダーは、生育が遅くゆっくりと時間をかけて育つようです。

20090523130312

今、和順庭で草花の世話をし大人のカフェオレを飲んで一息入れてる所です。

 
 
ルッコラ
20090501200005

ベランダで育て料理につかっていたハーブのロケット(イタリア名ルッコラ)に種がついたので、和順庭に植えました。クリームがかった可愛い花です。古代ローマ時代から食用とされ、ビタミンCが豊富です。種はマスタードの代用にもなり、葉には利尿効果があります。イタリア料理によくつかわれ、ゴマに似た香りがします。



チェリーセージ
20090501200902

去年育ちすぎて、随分株分けしたのですが、冬にはすっかり枯れてしまい、春になって出てくるのか心配したのですが、いつのまにか出てきて紅白の可愛い花まで咲いていました。花期が長くいつまででも楽しめます。
20090522113902

挿し木さえしておけば、いくらでも増えていきます。


コモンセージ
20090522113602

コモンセージの花が咲き、随分大きくなりました。ハーブのいい香りがします。




日本庭園


20090505194202

 木々の若葉が芽吹き、菜の花やポピーやフリージャーなどの花が咲き乱れ、冬から春になった和順庭で記念撮影です。久しぶりの雨に、からからに乾いていた地面も潤って、私も一安心。


がまずみの木
20090519213302

園芸店で在庫セールのために、安くなっていたがまずみの木を買い、日本庭園に植えました。


日本庭園の花
20090519215102

源平桃の根元に咲くビオラ・ピンクのボロニア・チェリーセイジ。

ボロニア
20090514220909

冬の間和順庭の花は枯れてしまうのに、この花だけは枯れずにいつまでも花をつけています。ずーと咲きつづけている不思議な花です。

5〜6月に挿し木ができます.


ぐみの実
20090522114202

ぐみに実がつきました。


がくあじさい
20090521122404

これも処分品として安く売っていた苗を植えたものです。花が終わってしまい、この花だけがまだ咲いていました。枯れた花を剪定して、すっきりしました。

 

中之条の行者にんにく
20090505022709

中之条で買った行者にんにくを新緑の若葉がきれいなかえでの根元に植えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

トトロのネコバスっていうのは、どう?

  • 2009/04/27(月) 12:49:08

 自宅のマンション(東京都練馬区)から和順庭(埼玉県所沢市)まで行く途中、市のコミュニティバスをよく見かけます。市を巡回して、市民の足となるバスで、お年寄りも利用するバスです。

 「チョコバス」というのを見かけて、これが所沢のバスかと思ったのですが、これは、東京都の東大和や武蔵大和市辺りを通るバスのようで、「所バス」というのが、和順庭のある所沢市のバスのようです。

 所沢といえば、「トトロの森」があちこちにあり、それに代表されるように、自然豊かな場所です。西武遊園地や西武球場もあり、その所沢のイメージを代表するコミュニティーバスなら、もう少し可愛い名前を付ければいいのにと思うのです。
 例えば、あのトトロに出てくるネコバスのようなバスが通っていたら、何かお出かけするのも楽しくなるような気がするのです。
千葉県大貫保育園からバス

 まあ、ネコバスと同じような形のバスにするのは無理としても、ネコバスやトトロの絵が描かれていて、トトロの森や市内施設、観光地を通るバスだったら、市民だけでなく観光客も乗るのが楽しくなるような気がします。

 私の住む練馬区は、他のところに比べて、この市区民本位の交通網を充実させようという行政は、甚だ遅れているように思います。

 練馬区の将来について意見を言う懇談会に参加してみて、区民参加と言われる区主催の行政の実態をかいまみたような気がします。

 区長から委嘱されての行政参加でしたが、思っていたのとあまりに違っていたのです。

 コーディネーターの指示通り、5分や10分で思いついたことをメモし、それをグループでまとめて言う方法で、「何でそんな短い時間で思いついたことだけで決められていくんだろう」といつも思っていました。

 区の将来についての懇談会なのだから、自由に意見を充分言って会議が進行していくのかと思っていたので、この方法だと結局のところいつも不完全燃焼に終わってしまうのです。

 まあ、せめても全体会で、以下のような意見を言わせてもらいました。



(意見)

 
   1、 いつもの散歩道が避難拠点を結ぶ道に 

 
 練馬区には、石神井公園をはじめとし、光が丘公園など緑豊かな自然を有する公園があります。

 区の取り組みとして緑と自然に恵まれた区の特性を生かした「まち歩き観光」を進めているようですが、その区内の公園や区の施設などを結ぶ、歩行者・自転車・車椅子などが安心・安全に四季折々の自然を楽しみながら散歩できる車の通らないサイクリングロードの設置を、自動車道の整備と共に、お願いしたいと思います。(現在、上石神井あたりから玉川上水沿いに小金井公園の横を通って多摩湖まで続いているサイクリングロードがあります。)

 いつもの自然を楽しみながら散歩する道が、地震など災害時に避難拠点を結ぶ道となっていれば、いざという時に避難場所がわからず、とまどうこともなくなるはずです。

 また、拠点となる公園や寺社仏閣と、その道沿いの病院・学校・区の施設・商店などに、常時避難時に必要なトイレ・水・食料などを備えておくと同時に、協力を要請しておきます。

 また、その散歩道(避難道を兼ねる)に、休憩できる場を設け、区民のコミュニティの場となるようにします。



  2、 誰もが気軽に出掛けられるために

 
 練馬区内には東武東上線・西武池袋線・西武新宿線という三つの私鉄と、大江戸線という一つの地下鉄が通っていますが、練馬区内でそれぞれを結ぶ環状鉄道の誘致をお願いしたいということです。

 区内に行くのも池袋・新宿まで行って乗り換えねばならず、混雑している所を通らずにすむよう、お年寄りや子どもの通学が安心・安全に、また安い交通費ですむように。

 用地買収が難しければ、環七・環八下への環状地下鉄の誘致という方法もあると思います。

 あるいは、現在運行している区内循環コミュ二ティバス(といっても実際は目的を限定したシャトルバス)を、順天堂行きなどと目的を限定せず、さらに東上線・池袋線・新宿線を結ぶ私達区民の足として充実させていくという方法もあります。

 「練馬のまちを歩いてごらん」と言われましても、私達の生活の中に日常的に、運動を取り入れることは非常に難しいことですが、将来高齢者が多くなり、お年寄りが気軽に出掛けられることが、寝たきり老人を防ぎ、痴呆症などの予防になるとも言われています。

 病気にならないための健康づくりのために、今から日常生活に運動を取り入れられるよう、交通網の整理も含めて、お願いしたいと思います。



  3、 温暖化対策の先進区練馬区となるために

 温暖化対策として、公園などの緑を守ると共に、練馬区内の学校(公私立)や、区施設の屋上、区内10階以上の高層ビルの屋上について、屋上庭園を義務づけ、練馬区内の保護樹林のさらなる認定など、緑を増やすことにより、自然や環境に配慮された生活環境・学校で学ぶことができるようにします。


 
 以上が昨年1月の全体会で述べた意見ですが、道路や鉄道などの予算がかなりかかることについては無理としても、このように一般区民が日常の生活の中で、このようになればいいなーと思うことはかなりあるはずです。

 私が参加した教育の分野については、とてもこのような短期間にこのような方法で処理できるものではなく、区がすでに各課で別々に進めつつあるものを、もうすこし全体でまとめ(現状は各課バラバラ)、区としての素案をもとに、区民を参加させるべきだと思われます。

 時間をかけて議論をし、区として出来上がったはずなのに、区の別の課から同様の問題について一から問うようなアンケートが来たりで、区としてどうなっているのだろうかと思うと思うばかりでした。

 また、何の団体や組織に所属していない普通の区民の意見を行政に反映させることの難しさや行政参加のあり方についても問題点が浮き彫りにされたように思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

軽井沢アウトレット

  • 2009/04/26(日) 06:27:03

20090426062703


 4月25日(土)、どしゃぶりの雨の中、上信越道を軽井沢まで行きました。アウトレットで、ここにしかないワインのナイアガラブランやジャムなどを買い求め、食事をして帰りました。

 東京を出たのが2時過ぎ、それでも高速もアウトレットも空いていて、休日だったら混雑でこんなにのんびり買い物できないと思いながら、ショッピングしました。

 近所への買い物のつもりで軽装で出かけたのが軽井沢まで行くようになって着くと寒くて、このついでとばかり安くなっていたジャケットも買ってしまいました。
生ぶどうそのままの味で、つい飲み干してしまう(^_^;)

注文はこちらからできます。
初めて飲むと、ぶどうのジュースを飲んでるみたいで、本当に驚かれると思いますよ。

 ナイアガラブランというワインは、新鮮なブドウを、さわやかでほのかな甘みのワインに仕上げてあり、とてもフルーティーな香りです。

 以前飲んであまりの香りにうっとりし、また是非来た時には買おうとずっと思っていたワインです。

 アウトレットで何か買おうと迷うようなら、このワインはお奨めです。

 前に来た時にはなかったショピングモールが更に新しく出来ていて、随分規模が大きくなっていました。

 あつあつのコロッケも買って、軽井沢を出たのは9時を過ぎていました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る