房総へ

  • 2009/03/23(月) 22:21:02

20090323222102


アクアラインが1000円になったので、房総へ行ってきました。つくしが顔をのぞかせていて、思わずパチリ!拡大するとよく見えます。

それにしても、ETCをつけるのって政府の補助が出るって言うけど、なぜ、ローンを組まないと補助を出さないって言うの?つけさせるのが目的なら、現金だっていいでしょうにねー。

 それに、1000円は、たった2年間。しかも、休日だけで、乗用車だけって何かおかしくない?新鮮な食材などを地方から運ぶトラックなどにも適用すれば、」物価も安くなるのに。

 これって、ETCを付させるためだけで、ETCの会社からのキックバックでもどこかにあるのかなって思わずにはいられない。主婦の素朴な疑問。

 乗った所から降りるところまでみーんな1000円にする(だって実際に1000円だけで行くのは無理だった)か、高速は、無料にして、私達に還元して欲しいと思います。つくし





庭にもすみれが咲きはじめましたが、これは房総のすみれです。


房総のいすみ鉄道の線路の土手沿いに咲いてる菜の花です。いすみ鉄道の終点?の大原まで鉄道沿いに行ってみました。菜の花がきれいでした。(3月21日土曜日)

みすみ鉄道と菜の花


 養老渓谷の滝めぐりもよかったです。養老の滝と和枝


20090330182112


房総へ行った時、養老渓谷の滝めぐりから大原までたどりついたときには、もうすでに日が暮れていて、それでもどうしても花摘みがしたくて(房総へ来た時はいつも花摘みをするので)、御宿・勝浦・鴨川と海岸沿いを走り、花摘みの出来るところを探して、やっと花つみをしました。

 帰っていけたキンセンカの花です。

 キンセンカは、石灰質の多い地方を原産地とするので、酸性土壌で育てられると生育が悪く、せっかく発芽してもいつの間にか枯れて消えてしまうことが多いものです。

 キンセンカには、一つの花が咲き終わる頃、花芯のあたりから5〜6本の小さな花が咲き出すものがあります。

 これは、「貫生花」と呼ばれ、菊にも見られる現象です。


20090330182402


 温室内のキンギョソウと外のキンセンカ・ストック・ポピーを両手に抱えきれないくらい摘んで、それでも随分おまけしてもらって、千いくらかでした。私としては、日が暮れていたけれども、大満足です。

 これは、種を随分つけて、たくましく地面を這っていたストックで、きっと普通だったら、こんなになっているのは摘まないなと思いながらも、それがまた魅力で、花瓶に生けたら、とっても素敵でした。


20090330182407


 摘んだポピーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る